京都府の中学の英語教師のTOEICの点数が、280点と酷すぎる結果に…

この記事は2分で読めます

教師という職業は、生徒にものを教えるという立場の職業です。

専門の教科はもちろん、人としての道徳心や、教義、哲学、倫理観なども教えなければならない、非常に重要な職業です。

そんな教師の方が、生徒同様にテストを受けた場合どうなるのでしょうか?

今回は「英語」の教科に焦点を当て、ご紹介します。


スポンサーリンク



 

テストを受けたら中学生並みの実力!?

みなさんは「TOEIC」というテストをご存知でしょうか?

TOEICとは、Test of English for International Communication の略で、「国際コミュニケーションのための英語力測定試験」を表します。

つまり、英語の教師なら、ある一定の水準をクリアして当たり前の試験なのです。

ちなみに満点は990点で、一般的な平均点は500〜600点と言われています。

しかしながら、産経ニュースに以下のような記事が掲載されていましたので、ご紹介します。

記事によりますと、京都府で中学校の英語担当の教師を対象に、「TOEIC」を実施したところ、悲惨な結果になったというのです。

以下、記事の抜粋です。

京都府教委が中学校の英語担当の先生を対象にした平成28年度から始めた英語検定試験「TOEIC」受検事業だ。

英語の先生74人が受検したものの目標ラインに達していた先生はわずか16人しかいなかったというのだ。

 

目標ラインは、英検準1級程度の730点以上。

京都府教委の担当者は「厳しい現状と認識している」と話しているという。

文部科学省の次期学習指導要領では、中学校の英語の授業は英語で実施することが基本とされ、

現場でも英検準1級以上の英語力が必要なのだという。

 

そもそも、英語の先生の英語力が水準に達していないのに、

生徒たちの英語力を伸ばそうというのは無理な話だろう。

ただ、英検準1級レベルといえば、なかなかの難関。

なかには、調子が悪くて合格ラインにすれすれで届かなかった先生もいたのかもしれない。

が、この問題がさらに深刻なのは、

受検者のなかには英検2級レベルの実力に達していない500点以下の点数だった教員も14人いたという点だ。

しかも、最低点はなんと280点だったという。中学生並みといってもよいかもしれない。

 

府教委によると、280点をとった先生は、体調が良くなかったということだが、

それを差し引いても、500点以下の先生がたくさんいた事実はゆるがない。

英語力不足の先生が中学の英語教師をしているということになると、

やはり、不信感が広がるのも仕方がないのかと思ってしまう。

 

出典:産経ニュース

英語を教えるはずの立場の人間が、このような結果では生徒に示しがつきません。

 

ネット上の反応

これに対し、ネット上では

●英語教師に求められている点数が730点以上って半端ないな。

●これはもっと勉強しましょう。

●ひでぇな。280って鉛筆転がしても取れそうだけどなww

など、ありえない点数に驚愕したという意見が多く寄せられました。

教師という立場である以上、勉強は怠ってはいけません。

教科を教える先生が、生徒と同じ学力なのはさすがに論外なのではないでしょうか?

何はともあれ生涯、学び続けることが大切です。


スポンサーリンク



 

関連記事

 

【無神経】生徒「いじめが原因で自殺を考えている」⇒この相談に対する先生のクズすぎる回答に批判の嵐!!!

 

 

error: You never click here!!