震災で生き残った女性「祖母を見殺しにした私…どうすれば償えますか」

この記事は3分で読めます

Share on Facebook1.2kTweet about this on Twitter

 

東日本大震災では多くの方が被災しました。

迫り来る津波の恐怖と戦いながら、数多くの尊い命が奪われました。

今回は、震災時に祖母を見殺しにしてしまった女性の悲痛の叫びと、

それに対する素晴らしい回答をご紹介します。

 

 


スポンサーリンク



 

 

 

祖母を置き去りにした自分を呪う

 

読売新聞の投書欄に以下のような記事が掲載されていました。

投稿は、「祖母を置いて自分だけ逃げた」と、

後悔の念に押しつぶされているという女性からのものです。

 

 

 

 

祖母を置き逃げた自分呪う

 

何をしていてもあのことばかり思い出してしまいます。

 

あの日、私は祖母と一緒に逃げました。

でも祖母は坂道の途中で、「これ以上走れない」と言って座り込みました。

 

私は祖母を背負おうとしましたが、

祖母は頑として私の背中に乗ろうとせず、怒りながら私に「行け、行け」と言いました。

 

私は祖母に謝りながら一人で逃げました。

 

祖母は3日後、別れた場所からずっと離れたところで、遺体で発見されました。

気品があって優しい祖母は私の憧れでした。

でもその最期は、体育館で魚市場の魚のように転がされ、

人間としての尊厳などどこにもない姿だったのです。

 

助けられたはずの祖母を見殺しにし、自分だけ逃げてしまった

 

そんな自分を一生呪って生きていくしかないのでしょうか。

どうすれば償えますか。

毎日とても苦しくてが出ます

助けてください。

 

出典:読売新聞

 

とても身につまされる内容です。

自分のせいでおばあさまを亡くされたという記憶は、

非常に日常生活を苦しくしていることでしょう。

 

 

 

これに対する心理内科医からの返答

 

この投稿を受け、心理内科医である海原純子氏は次のように返答しています。

 

 

 

 

お手紙を読みながら涙が止まらなくなりました。

こんなに重い苦しみの中でどんなにつらい毎日かと思うとたまりません。

 

ただあなたは祖母を見殺しにしたと思ってらっしゃいますが、私にはそうとは思えません。

おばあさまはご自分の意志であなたを一人で行かせたのです。

一緒に逃げたら2人とも助からないかもしれない、

でもあなた一人なら絶対に助かる

そう判断したからこそ、あなたの背中に乗ることを頑として拒否したのでしょう。

 

おばあさまは瞬時の判断力をお持ちでした。

その判断力は正しくあなたは生き抜いた。

おばあさまの意志の反映です。

 

人はどんな姿になろうとも外見で尊厳が損なわれることは決してありません。

 

たとえ体育館で転がされているように横たわっていても、

おばあさまはとした誇りを持って生を全うされたと思います。

 

おばあさまの素晴らしさはあなたの中に受け継がれていることを忘れないで下さい。

 

おばあさまが生きていたらかけたい言葉、してあげたいことを、

周りに居る人たちにかけたり、してあげたりして下さい。

そのようにして生き抜くことが憧れだったおばあさまの心を生かす道に思えます。

 

出典:読売新聞

 

とても温かみがあり、心に響く内容です。

おばあさまはもうこの世にはいませんが、この女性がおばあさまのを受け継いでいくことで、

償いになるという素晴らしい意見です。

 

力強くも温かい海原さんの意見に、彼女もきっと救われたことしょう。

 

 

自らの手で切り開く

 

 

 

未だ癒えぬ大きな傷跡を残した東日本大震災。

被災した方含め、日本国民全員が乗り越えなければならない壁があると思います。

しかし、悲しみを嘆いているだけでは前には進めません。

泣く」という漢字は川の側で立っている人を見て作られた象形文字です。

」という漢字には「大きな戸」という文字が含まれています。

悲しみに涙し、泣いてしまったら、そこから立ち上がらなくてはなりません

そして、目の前にある大きな扉を自らの手で開けなくてはなりません。

 

明日の大きな希望に向かって、

自分たちの手で未来を切り開けるような力強さを持てるようにしたいですね。

 


スポンサーリンク



 

 

 

あなたにおすすめの記事

 

 

【※拡散希望】これは日本国民全員に読んでほしい!!!!「福島県民お断り」というタイトルの作文が、 SNSで大反響を呼ぶ・・・

 

 

東日本大震災からもうすぐ6年!!「震災に意味付けするのやめて!!」とある高校生の投書が胸に突き刺さる・・・。

 

 

【※必読】大震災や災害を絶対に風化させないために。今、我々に求められている考え方「2.5人称の視点」とは?

 

 


Share on Facebook1.2kTweet about this on Twitter