えっ!?日本だけじゃないの!?アメリカにあるパチンコ店の様子がすごすぎる・・・

この記事は2分で読めます

Share on Facebook401Tweet about this on Twitter

 

パチンコは日本独特のギャンブルであり、海外ではスロットが主流なため、

面白さや遊戯の仕方などは、到底理解できないでしょう。

しかし、アメリカに全米唯一のパチンコ店があるのでご紹介します。

 


スポンサーリンク



 

 

全米唯一のパチンコ店 Pachinko World

 

アメリカはノースカロライナ州にある、全米唯一のパチンコ店その名も「Pachinko World」。

その驚くべき様子をご覧ください。

 

ホールの様子

 

 

日本のパチンコホールと違い、台の感覚が広く、通路も広々としています。

椅子にはキャスターまでついています。

体格が大きいアメリカの方向けなのでしょうか?

 

 

アメリカはやはりスターウォーズ?

 

 

こちらは、スターウォーズの台です。

やはり、アメリカは本場ですから、このような機種が人気なのでしょうか?

 

パチンコを楽しむ人たち

 

 

 

 

 

 

アメリカはカジノが主流なだけに、人はいないのかなとも思いましたが、意外と賑わっている様子です。

 

 

日本との決定的な違い

 

パチンコを打ったことがない人には、全くわからないと思いますが、

パチンコをよく打つ人ならこのアメリカのパチンコ店の写真に違和感を覚えたのではないでしょうか?

日本の店との決定的な違いがあるのです。

 

それが、データカウンターです。

 

 

 

データカウンターとはパチンコ台の上に設置してあり、その日の出玉の数や、前日何回転回っていたかなど、

パチンコを打つ際には欠かせない情報を一目で見ることできる装置です。

 

しかし、アメリカにはこのデータカウンターがありません。

パチンコで当たるかどうかは”確率”ですが、データカウンターがあるのとないのでは収支に大きな差が出るでしょう。

ある程度、このデータから当たる確率を算出して打ち始める方も多いと思いますので、アメリカのものはあまりにもギャンブル性が高すぎます。

単純にゲームを楽しむという観点から見ると、いいのかもしれませんが。

 

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

・アメリカまで行って打ちたいと思わん

・これがパチンコのあるべき姿なんやがなあ

・スッゲー楽しそうに打ってるな。

日本の奴らは必死になってるか、死んでるかキレてるかだから全く楽しそうじゃないよな。

・このイスの高さクソ打ちづらそう

 

など、様々な意見が寄せられました。

 

 

アメリカにもあるのは大変驚きです。

日本の皆さんも、もし機会があったらアメリカのパチンコ店も経験してみたらいかがでしょうか?

 

 


スポンサーリンク



 

 

 

関連記事

 

受給者「生活保護費でパチンコして何が悪いの?」この意見に対し批判の嵐!!税金の許されざる使い道とは

 

 


Share on Facebook401Tweet about this on Twitter