不可解

事件

【広島県警8000万盗難事件】犯人の名前は脇本譲警部補!死因や借金、不可解な点が多すぎる

広島県警広島中央署で2017年、特殊詐欺事件の証拠品8572万円が何者かに盗まれた事件で、事件後に死亡した男性警察官である脇本譲警部補(当時)が容疑者死亡のまま、書類送検されていたことが明らかとなりました。 今回は、脇本譲警部補の顔画像や窃盗の理由、死因や借金問題などについて迫ってみたいと思います。
テキストのコピーはできません。