上野宝博(長尾中柔道部顧問)の顔画像を特定!出身大学や経歴、アイスでキレた理由が酷すぎる

いじめ

出典:Twitter

宝塚市内の中学校で、柔道部の顧問を務める男の教諭が道場の冷蔵庫にあったアイスクリームを無断で食べた部員の生徒2人に柔道の技をかけて重軽傷を負わせたとして、上野宝博(うえの・たかひろ)容疑者が逮捕されました。

今回は、上野宝博容疑者の顔画像やインスタグラムやFacebook、TwitterなどのSNSアカウント、犯行動機、勤務先の中学校である宝塚市立長尾中学校の情報、大学や経歴などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

関西テレビほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

兵庫・宝塚市の中学校の教師が、男子生徒2人を投げ飛ばし、背骨を折るなどのけがをさせた疑いで逮捕された。

逮捕されたのは、宝塚市立長尾中学校の教師・上野宝博容疑者(50)。

上野容疑者は9月25日、顧問を務める柔道部の男子生徒2人に対し、投げ飛ばして両頬を数回殴ったり、寝技をかけたりして、けがをさせた疑いが持たれている。

投げ飛ばされた男子生徒(12)は背骨を折る大けがで、もう1人(13)は首に軽いけがをした。

警察によると、上野容疑者は校内の冷蔵庫で保管していた差し入れのアイスクリームを、2人が無断で食べたことに腹を立てて暴行したという。

上野容疑者は、容疑をおおむね認めているという。

出典:関西テレビ

スポンサーリンク

上野宝博容疑者について

こちらが、逮捕された上野宝博容疑者のプロフィールです。

名前:上野 宝博(うえの・たかひろ)

年齢:50歳

職業:教諭

所属:宝塚市立長尾中学校

在住:兵庫県西宮市柏堂西町

上野宝博容疑者は、9月25日午後4時半~午後5時ごろ、冷蔵庫にあったアイスクリームを無断で食べた部員の生徒2人に対して、に投げ技や寝技をかけ、けがをさせた疑いで逮捕された人物です。

上野宝博容疑者に対しては、「これはひどい。 逮捕されて当然です。 しかし、なぜこうも柔道部顧問の体罰が多いのだろう」などの意見が寄せられております。

スポンサーリンク

上野宝博容疑者の顔画像を特定!

では、上野宝博容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、上野宝博容疑者の顔画像などは公開されておりませんでした。

そこで、インスタグラムやFacebook、TwitterなどのSNSを中心に調べを進めてみることにしました。

するとTwitter上には、以下のように顔画像が公開されておりました。

出典:Twitter

この顔画像は、学校のアルバムの顔画像であるようですが、ワイドショーなどによっても顔画像が以下のように公開をされておりました。

出典:Twitter

スポンサーリンク

上野宝博容疑者の出身大学や経歴は?

では、上野宝博容疑者の出身大学や経歴などについてはどのようになっているのでしょうか?

中学校の教師であると言うことで、そこそこのいい大学を出ている可能性は十分に考えられます。

また、上野宝博容疑者の経歴についても、柔道部の顧問であることから、柔道界で結構な権威があると言う見方も考えられるでしょう。

出身大学や経歴について詳しくは判明しておりませんが、もしわかる方がいらっしゃいましたら、下記のフォームよりお問い合わせをお願いいたします。

お問い合わせ

 

スポンサーリンク

上野宝博容疑者の犯行動機は何?イライラしていた可能性が

では、上野宝博容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、上野容疑者は校内の冷蔵庫で保管していた差し入れのアイスクリームを、生徒2人が無断で食べたことに腹を立てて暴行したそう。

上野宝博容疑者は学校で柔道部で顧問を務めており、投げ飛ばして両頬を数回殴ったり、寝技をかけたりするなどしていることから、相当なイライラが溜まっていたのだと思います。

アイスクリームを食べられたことによってイライラしていたのであれば、よほど短気だった可能性が浮上します。

また、上野宝博容疑者は途中で失神した生徒に対しビンタで目覚めさせてから投げ技を繰り返すなどといった暴挙にも出ております。

つまり、相当怒っていたとこになるでしょう。

アイスクリームを食べられたことで、なりふり構ってられずに我慢の限界を迎えた結果、罰則として暴力を振るったのだと考えられます。

スポンサーリンク

上野宝博容疑者が勤務する宝塚市立長尾中学校について

上野宝博容疑者は宝塚市立長尾中学校という中学校に勤務をしております。

宝塚市立長尾中学校は、兵庫県宝塚市長尾町7−1にある中学校です。

ちなみに、上野宝博容疑者が所属をしている柔道部については、宝塚新人記念大会で善戦をしているようです。

出典:長中通信

スポンサーリンク

ネット上の反応

この事件に対して、ネット上では様々な事件が飛び交っておりますので、ご紹介します。

例えば俺が隣の子供に背骨を折る全治3ヵ月の怪我を負わせたら普通に実刑になるだろう。
教育現場だけ治外法権にするのではなく、ちゃんと罰則を与えてほしい。間違えても執行猶予をつけてはいけない。

背骨は一歩間違えば、下半身付随になっていたかもしれないと思うとゾッとする。
本来柔道は投げる相手を配慮しつつ行うスポーツ。床に叩きつけたりしない。

そういったことを理解していない人物を就任させてしまう学校や、教育委員会の無知に、子を持つ親として非常に腹立たしくさえ感じる。

叱るのと怒るのとはまったく別物

叱るには理性的でないとできないが、怒るのは単に感情をコントロールできていない未熟さ

人として私的なことであれば怒っても良いとは思うが、教師としてはダメ

教師も人だからなんてのは言い訳でしかない

だいたい、柔「道」を教える能力ないんじゃないか?

これって下手したら半身不随になってもおかしくないですよね?やった事はいけないことだったにせよ、暴力で解決しようとするのは教員でもないし、もはや人でもないと思う。成長期に背骨の骨折とか後遺症が残らないといいけど‥自分の学生の頃も、たった1度忘れ物したとか、前の先生の授業がずれ込んで次の授業に遅れていって叩かれたりしてました。ほんと今でも若干トラウマです。この子たちの身体のケアだけでなく心のケアもしてあげて欲しい。

教育に携わる場合、最近は「暴言禁止」「私的な連絡先交換禁止」など散々言われるはず。「暴力禁止」などもう数えきれないほど通達されているはず。
その上で今回のようにケガまでさせるのはよほど自制心が欠落しているか、自分は正しいとしか考えられない確信犯なんでしょう。
いずれにしても免許剥奪しか再発防止はできない。

柔道有段者です。

私が初めて柔道教室へ行った時先生は言いました。
「柔道を習えば君はケンカに強くなるかもしれない。だけど、だからこそ柔道をケンカに使ってはいけない。それが約束出来るなら君に柔道を教えてあげるよ。辛くて苦しいけど凄く楽しいよ」

このニュースを見て、昔の記憶を思い出しました。
凄く悲しいです。
「柔道とは、ただ強ければ良い訳じゃない。真の柔道家とは心が強い人のことを言うんだよ」

子供の頃の私に先生が言った言葉です。

もちろんこの人のやったことはただの犯罪で厳罰を受けて欲しいと思います。
ただ、この人にはこういう言葉をかけてくれた人はいなかったのでしょうか。

やっと、こういう事でも逮捕してくれるようになったんですね。学校は無法地帯ではない。最近は教師が生徒などから身を守るのには通報が早いが、子どもを守るのは怪我があってからではいけないので、おかしいと思った子が他の教師に通報願うことができるようになってほしい。

勿論黙ってアイス食べたのは悪いことですがならば冷静に「なぜ黙って食べたのか」練習で汗をかきどうしても我慢出来なかったのか或いは何か指導方法に反発したのか まずは事情を確認したうえで対処を考えるべきでしょう!ひとつの出来事この場合は無断でアイスを食べたこと に対して背景を探っていく何故何故分析といった手法もあります もしかしたら指導する側にも原因があるかもしれません 昔の軍隊じゃあるまいしいきなり骨折させる暴力で対処するなんて そんなことでこれから将来を担う若者を育成できるんですか!私も60歳になりますがあまりに情けないですね!

これってまさか、指導?注意?のつもりだったとでも言うのかな?
そうではなくて、完全な暴行傷害ですよね?

物ごとには限度、節度がある。絶対にやりすぎてはいけない。それを指導しなければいけなかったのが、この暴行教師の役割だったはずだ。

武の道どころか、人の道を踏み外してしまった以上、今後は職務復帰などあり得ない。

「大人になると、自分のやったことには自分で責任を取らなければならない」ということを、今回の教師への厳罰(実刑判決、懲戒解雇など)をもって、子供達に教えてあげてほしい。
まさしく反面教師として。

それと、いわゆる≪いじめ≫と言われている暴行傷害、人権侵害は、学校の中のことだろうが外だろうが、どんな理由があろうが、絶対に許されない行為だ。 それも、完全なる警察事案なので、今回の事件のように断固たる対応をしていき、そういうことが根絶されたら良いと願う。

前に体罰をして処分を受けた方のブログを見ました。その時にまず思ったのが自らの謝罪と自らの反省のみで生徒に対する謝罪の言葉がなかった。そして何よりこういう教師は指導力がほぼ皆無である又は考え方が未熟と言うこと。生徒に舐められるのが怖いと言うのが理由で体罰に至った人も少なくない。生徒に舐められるというのは単純にその教師は生徒を上下関係の中で見出してはいないか。よく学び、生徒に還元し、時には正しい方向へと意思疎通ながら向かわせる。そうすれば生徒と教師はお互い素晴らしい信頼関係を築けるでしょう。自分の利益ではなく生徒の利益をいつも考えることが大事だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

宝塚市立長尾中学校で発生した暴行についてまとめてきました。

この事件では、アイスクリームに関して腹を立てたことにより発生しておりますが、上野宝博容疑者はよっぽどアイスが好きだったということになるでしょう。

もっとも、暴力はよくありませんし、これほどちっぽけな理由で怒り狂うのも理解ができません。

こちらの記事でも記載をしているように、教師による暴力というは、たびたび発生しております。

パワハラや暴力というのは、権力や立場を横暴に扱う最悪の行為であることは言うまでもありません。

いずれにしても、怪我をした学生の一刻も早い回復を願っています。

コメント