石井一雄容疑者の顔画像を特定か?成田市の現場判明で、飲酒運転をした動機が酷すぎる

事件

出典:ANN

11日、千葉県成田市で乗用車が家族2組が乗ったワゴン車と衝突して7人が死傷した事故で、成田市の自称・建設業、石井一雄(いしい・かずお)容疑者が逮捕されました。

今回は、石井一雄容疑者の顔画像や、インスタグラムやFacebook、TwitterなどのSNSアカウント、飲酒運転の動機、事故現場などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

FNN他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

千葉・成田市で11日、飲酒運転の64歳の男が運転する車と、6人が乗ったワゴン車が衝突して、40代の女性が死亡し、男は逮捕された。

車の運転手は当時、酒を飲んでいたといい、目撃者によると、車はふらついていたという。

11日午後5時ごろ、成田市青山の県道で、64歳の男が運転する車が、対向車線のワゴン車と衝突した。

ワゴン車には、子ども4人を含む6人が乗っていたが、40代の女性が死亡し、5人が軽傷を負った。

近所の男性「ブレーキ音。大きめのブレーキ音のあとに『ドーン』と大きい音がした」

警察は、石井一雄容疑者(64)を危険運転致死の疑いで逮捕し、呼気からはアルコールが検出されたという。

石井容疑者の車は、対向車線にはみ出したとみられ、「自宅で酒を飲み、買い物に出かけた」と話している。

出典:FNN

スポンサーリンク

石井一雄容疑者について

こちらが、逮捕された石井一雄容疑者のプロフィールです。

名前:石井 一雄(いしい・かずお)

年齢:64歳

職業:建設業

在住:千葉県成田市

石井一雄容疑者は酒を飲んで車を運転し、対向車線にはみ出してワゴン車と衝突し、橋本真衣子さんを死亡させた疑いで逮捕された人物です。

石井一雄容疑者に対しては「「酒を飲んでつまみを買いに」車を運転してしまうのか。まだそんな輩がいるの?そんな理由で死んでしまった人が浮かばれない…」などの意見が寄せられております。

スポンサーリンク

石井一雄容疑者の顔画像がSNSから判明か?

では、石井一雄容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、石井一雄容疑者の顔画像に関しては公開されておりませんでした。

そこで、インスタグラムやFacebook、TwitterなどのSNS、匿名の掲示板などについて調べを進めてみることにしました。

しかしながら、石井一雄容疑者に関してはSNSアカウントや匿名の掲示板などにも石井一雄容疑者の情報は公開されておらず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入りましたら、ここに追記いたします。

スポンサーリンク

石井一雄容疑者が事故を起こした現場がこちら

では、石井一雄容疑者が事故を引き起こした現場は一体どこだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であったということです。

出典:FNN

こちらを調査してみた結果、以下のような場所であったということです。

現場は、千葉県道63号成田下総線(大室街道)の交差点で、圏央道「下総 I.C」のすぐそばにある交差点です。

片側1車線の道路でありますが、信号機などもありますので、普通に交通ルールを守って運転さえしていれば、事故は起きないのではないかと考えられます。

スポンサーリンク

石井一雄容疑者が飲酒運転をした動機が酷すぎる

そんな、石井一雄容疑者でありますが、飲酒運転をした動機があまりにも酷すぎるのです。

石井一雄容疑者は、自宅で飲酒をしていたそうですが、つまみが欲しくなったために車を走らせており、それが原因で事故に至っております。

このことから、石井容疑者は「家で酒を飲み、車でつまみを買い行く途中だった」と供述をしております。

では、一体なぜ飲酒運転などをしようと思ったのでしょうか?

それは、付近にコンビニやスーパーなどがないということです。

現場から1番近い場所にあるのは、「セブンイレブン下総成井店」であります。

最低でも車で3分も走らなければなりません。

つまり、何かを買い忘れたりおつまみがなかった場合には、車で行く必要があるということです。

めんどくさくなってしまった場合、飲酒をしてでも行くのではないかと推測されます。

スポンサーリンク

ネット上の反応

この事件に関して、ネット上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

大体この運転者の考えはわかるよ。今64歳の男。この年齢あたりが運転免許を取得した昭和当時、酒気帯び運転の罰則は超軽かったからね。
点数は6点、行政処分は免許停止30日。講習を受ければ29日間短縮され講習の日のみが免許停止期間となり翌日からは運転できた。罰金も5万円以下となっていたはずだ。だからこの年齢あたりはまだ昔の感覚で乗る奴がたくさんいる。これは超甘い罰則に留めていた国の行政責任が大だと私は今でも思っている。悲惨な泥酔運転者によるあの大事故がなければ、今でも法律はどうなっていたかわからない。つまり人の死という犠牲の上に厳罰化は実現している。こんな事だから日本はいつまで経っても法律は厳罰化に向かわず甘い処罰だからダメなんだ。すべて国の責任だよ。

昭和の人間って「昔は酒のんで車運転してても警察にもなんも言われんかった」みたいなことをどこか得意気に話すよな。こういうおっさんたちの潜在的な意識を完全に打ち消すことは不可能だろうから、我々平成以降の世代は出来る限りの自己防衛をするしかない。

アルコールによる交通事故や傷害事件、または、騒ぐなどの迷惑行為…これはもはや覚醒剤と何が違いのかわからない。大麻より始末が悪いかもしれない。厳罰化することによって交通事故は減少しているが、アルコールが原因の事件、事故、迷惑行為は減っているようには思えない。
タバコのように重い税をかけ、飲酒する人間を減らすことができないものか?

酒は毒水。酒さえ飲んでなければ、酒に溺れてなければ、酒に依存していなければ、彼の人生は人もうらやむ人生だったろうに。それだけ酒の依存性は強く、止めたくても止められない。飲んではいけないと思っていても飲まずにはいられない。そんな毒を安いお金でどこでも売ってるのが異常なんだよ。もっと酒税を上げるべきだろう。.

飲んでる最中につまみが無くなったら、欲しいと思うけど、車に乗って迄買いに行かない。64歳にもなってバカだな。暫く入ってれ。つまみも酒もお預けだ。

つまみを買いに行くのは酒を飲む前でしょ。

悪質な危険運転飲酒運転で死者を出した場合
交通法ではなくちゃんとした刑事罰で対応して欲しい
最高刑は勿論死刑でおねがいします
これくらいのリスクを課さないとこの類いの事故はなくならない
人間というのはリスクと実益を天秤にかけるので
交通事故で死刑の可能性が有るとすれば
悪質な危険運転飲酒運転は相当減ると思います

亡くなられた方、ご遺族にお悔やみを申し上げます、可哀想に。建設業全ての人間が、とまでは言わんが常識はずれの人が多い。酒呑みながら運転、暴力暴言当たり前。会社も見て見ぬふり。大抵の建設業は大手の下請け孫請け玄孫請けがほとんどだから、大手からコンプライアンスの厳守を教育して貰いたい。出来ないなら切るくらいやって欲しい。

故意に運転しているわけだから、殺人事件として扱うようになればいい。多分ワゴン車の2家族は婚姻を前提とした家族付き合いだと思う。この人達の今後の人生を狂わせたのだから、殺人としての懲役刑でいいと思う。

つまみを買いに行くために被害者は殺されたのか・・・

つまみが欲しけりゃ自分で作るか、歩いて買いに行けば良いだけなのに何故運転したのか?

飲酒運転常習犯だったんでしょうね。

罰則を厳しくしても飲酒運転はなくならない現状を見ると、更に罰則を厳しくしてもなくならないんでしょうね。

楽しく飲めば良いもんですが、人間によっては薬物なみにタチが悪い。

スポンサーリンク

まとめ

千葉県で発生した飲酒運転の事故についてまとめてきました。

実際のところ、地方では車がないと生活はできないため、このような飲酒運転が横行しているの事実です。

自動運転の技術に関して発達がしていると思いますが、それ以前に、呼気のアルコールを検知して基準値以上であればエンジンがかからないといったシステムの車などを開発することが急務のように思えます。

飲酒運転撲滅のためにはこれくらいの費用やコストをかけてでも、やった方が良い技術ではあると思います。

過去には、東京・江東区で飲酒運転をして逆走し、車に衝突して4人に重軽傷を負わせたとして男が逮捕されるという事故も発生しております。

いずれにしても、亡くなった橋本真衣子さんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

コメント