笹谷正夫容疑者の顔画像は?インスタアカを特定!長女を丸刈りにした動機と家族構成についても

事件

出典:FNN

自宅で長女の髪の毛をバリカンで丸刈りにしたり、顔を蹴ったりしたとして、笹谷正夫(ささや・まさお)「容疑者が逮捕されました。

今回は、笹谷正夫容疑者の顔画像やインスタグラム、Facebook、TwitterなどのSNSアカウント、犯行動機、家族構成などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

東京新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

自宅で長女(11)の髪の毛をバリカンで丸刈りにしたり、顔を蹴ったりしたとして、兵庫県警垂水署は16日、暴行と傷害の疑いで神戸市垂水区、塗装業笹谷正夫容疑者(34)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。
署によると、長女は「約束を破ったから丸刈りにされた。これまでに何度も暴力を受けていて、逆らうと殴られた」と説明している。長女は児童相談所に保護された。
逮捕容疑は8月4日午後から5日午前までの間、市立小6年の長女の髪の毛をバリカンで刈ったほか、8月上旬に顔を蹴ったり殴ったりして約1カ月の眼底骨折のけがをさせた疑い。

出典:東京新聞

スポンサーリンク

笹谷正夫容疑者について

こちらが、逮捕された笹谷正夫容疑者のプロフィールです。

名前:笹谷 正夫(ささや・まさお)

年齢:34歳

職業:塗装業

在住:神戸市垂水区

笹谷正夫容疑者は、先月4日、神戸市の自宅で、小学6年生の長女の髪の毛をバリカンで丸刈りにしたほか、先月上旬ごろに顔を蹴って目の下の骨を折る全治およそ1か月の大けがを負わせたとして傷害と暴行の疑いで逮捕された人物です。

笹谷容疑者に対しては「思春期になろうという女の子を丸刈りにするのも信じられないけど、顔面を蹴るのも信じられない。 人は怒りが爆発すれば手が出ることもあるけど蹴るって…しかも顔面て」などの意見が寄せられておりました。

スポンサーリンク

笹谷正夫容疑者の顔画像は?インスタやFacebook、TwitterなどのSNSについても

では、笹谷正夫容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、笹谷正夫容疑者の顔画像は現在のところ公開されておりませんでした。

そこで、インスタグラムやFacebook、Twitterなどを中心に調べを進めてみることにしました。

すると、本人のものと思われるアカウントを発見することができました。

しかしながら、そこには笹谷正夫容疑者の顔画像などは公開されておりませんでしたし、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

笹谷正夫容疑者の犯行動機は何?行き過ぎたしつけが原因か?

では、笹谷正夫容疑者の犯行動機は一体なんだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、笹谷正夫容疑者は警察の調べに対して「間違いありません」と容疑を認める供述をしております。

坊主にされた長女の証言によれば、「約束を破ったから丸刈りにされた。これまでに何度も暴力を受けていて、逆らうと殴られた」とのことでありましたので、しつけの代わりに犯行に及んだ可能性は非常に高いでしょう。

つまり、行き過ぎたしつけによってこのような被害にあってしまったのです。

しつけというのは子育てにおいては重要でありますが、丸坊主にするや暴力といったしつけはそれには該当しません。

言葉でもってしっかりと教育をしていくことが、重要となってくるでしょう。

スポンサーリンク

笹谷正夫容疑者の家族構成が判明

そんな笹谷正夫容疑者でありますが、以下のような家族構成をしているとのことです。

笹谷正夫容疑者(父親)

笹谷正夫容疑者の母親(4年前い再婚)

長女(被害者)

3歳の子供

1歳の子供

笹谷正夫容疑者は5人暮らしで、この3人の子供を育てているということです。

殴られた長女は笹谷正夫容疑者の前妻との間に生まれた子供だったのでしょう。

そうはいうものの、自分にとっては愛する子供であるがゆえ、虐待をすることは決して許されるべき行為ではありません。

スポンサーリンク

ネット上の反応

この事件に関して、ネット上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

それにしても、この親父がやったことは『鬼畜以外の何者でもない!』と思えて仕方ない。
自分の子どもが自分の所有物…だと考えたら大間違い!だと言えるはず。
この親父には、死刑や無期懲役は無理…にしても、最大限の実刑判決にして、上訴も全て棄却した上で、実刑確定後に押送される先の刑務所では、地獄の仕置きをたっぷりと味わせてほしい!と願ってやまない。
もちろん、今後は娘さんとの接触は一切禁止!も必要不可欠だとも言える。

こんなん母親も同罪だよ。
父親も母親も子供を育てる義務も義理も権利もない。
この父親は家庭を持ったらアカンタイプやわ。
子供はのびのび自由に育てるモノで父親はサポートするだけでいいんだよ。
子供の人生は子供が決める。

別の記事で義父とありました。
母親の連れ子だったようですね。
このパターンの事件、何件目?
継子を実子を同じように愛せる人間なんて稀なんだよ。(実子すら愛せない人間もいるのに)
何かしら虐待の兆候はあったと思うよ。
母親は気付けなかったの?見て見ぬ振り?
親の離婚(未婚だったかもしれないが)、再婚に振り回され、挙句に虐待された女の子が気の毒過ぎる。
髪の毛を剃られるなんて、学校にも行けないじゃないか…

私の期待を裏切ったからって、、、
突然出てきたあなたが何様気分で何を期待していたのですか。勘違いしないで下さい子供はあなたの部下でも舎弟でもありません、まだ失敗も過ちも繰り返してしまう年頃です。どう罰を与えるかではなくどう向き合うかが大事ではないでしょうか。

女の子なのに丸刈り(自分の意思とは関係なく)。
そして他の記事で眼底骨折とかいてありました。もしかしたら後遺症が残るかもしれない…
再婚だったらしいというのも聞きましたが、かわいそうです。自分で通報したのかな、お母さんがしたのかな。虐待が至るところで行われていて許せないです

私も中学の時、父から殴る蹴るの暴行を受けてましたが、こういうタイプは自分を正当化している為、悪いと思わないし、誰に何を言われてもこれからも思わないし、変わらない。
70近くになった今でも私の父は悪かったなんて1mm思っていない。
「おまえがいうことを聞かないからだ。」
しか言わない。

親元に戻らない方がいい。
母親ともきった方がいい。
守ってあげて欲しい。

再婚する前には子供を交えて遊園地とかでデートしたりするのだと思う。実際に一緒に住む前は子供との良好な関係構築ができると踏んで結婚に至るケースが多いと思う。しかし、いざ結婚したら、義父もいつまでも良い人振る必要もないし、子供は子供で反発的だったり、自分たちの領域に他人が入り込むことに抵抗が有ったりするもんだと思う。他人の子どもを色々な壁を乗り越えて、良好な関係を構築して実の子供のように大切に育てている人は本当に立派だと思う。そんなに容易なことではないはず。では、離婚した母は再婚すべきでないのかと言えば、そんなことはない。母子家庭の貧困率の高さも問題であるし、幸せを求めるのは当然。ただ、再婚した際の子供と義父との関係が良好でないと判断したら、自分の幸せよりも子供のことを第一に考えて欲しいと願うばかり。

父が所謂DV夫で私も幼稚園の時に左目を思いっきり殴られたことがあります。

母が殴られそうになってる時に止めに入って母の代わりに殴られたような感じでしたが、そこから一気に左目の視力が低下し右目の視力も左目に合わせて低下、大学病院まで行き精密検査をしましたが将来失明するかもしれないと言われました。

幸い、両目共に0.03で止まったので失明は免れましたが…。

目に負った大怪我により失明することは珍しくないし、仮に怪我が治っても傷ついた心は元に戻らない…。

被害に遭った女の子が心配です。

目の怪我だけでなく心のケアもしっかりしてあげて欲しいです。

今はもう大丈夫ですが、私は父に殴られた時のことが原因で30年以上フラッシュバックと過呼吸に苦しめられたので…。

この子は母親に差し出された生け贄状態。母は再婚相手の子ども二人の世話にかまけて、この子をされるがままに。そうしたら母親も殴られなくて済むし、新しい家族は再婚相手夫、母親、再婚相手の子ども二人で完結できる。
「ゆるしてください」のゆあちゃんとこもそう、母親の自己保身のため虐待を見て見ぬふり。
この両親のもとへ返したらダメ。

最低…。
言われるまでもなくやるだろうけど、こんな人に塗装して欲しくないから会社は退職金無しで解雇して欲しい。
それとこれからの人生、上から塗装で誤魔化せない位の処分を望みます。

スポンサーリンク

まとめ

丸刈りにした父親についての事件についてまとめてきました。

事件当時には、家族全員が一緒に家にいたということで、長女は母親に助けてももらえなくて、地獄だったと思います。

しかし、血がつながっていないということで、当然なのかもしれません。

自分の娘がバリカンで刈られてたのに、刈られてる時とか刈られた姿見て平気だったのか疑問ではありますが他人ですから、冷たく当たってしまうということも考えられるでしょう。

丸刈りをめぐっては、2020年5月には、弁当に髪の毛が入っていると客から苦情を受けたアルバイトの女性に腹を立て、店内でこの女性を丸刈りにしたとして、女性2人が逮捕されるという事件も発生しております。

いずれにしても、稀に見る胸糞悪い虐待事件であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

コメント