紙谷惣容疑者の国籍は韓国?生い立ちや経歴についても!南アで結婚した家族いた?

殺人

出典:JNN

東京都奥多摩町で2003年、拉致された男性の切断遺体が見つかった事件で、南アフリカに潜伏していた紙谷惣(かみや・そう)容疑者が逮捕されました。

今回は、紙谷惣容疑者の顔画像や17年前の事件の真相、国籍が韓国という情報、生い立ちや経歴、家族構成などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

JNN他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

17年前、東京・奥多摩町などで高級クラブ元店長の男性の遺体がバラバラに切断された状態で見つかった事件で、事件を首謀したとして国際手配され、南アフリカに逃亡していた男が警視庁に逮捕されました。

「国際手配されていた紙谷容疑者が今、17年ぶりに日本に到着しました」(記者)

逮捕監禁の疑いで逮捕されたのは、国際手配されていた紙谷惣容疑者(46)です。この事件は2003年10月以降、東京・奥多摩町の山中などで高級クラブ元店長の古川信也さん(当時26)の遺体がバラバラの状態で見つかったもので、紙谷容疑者は古川さんを監禁し、その後、山梨県内のキャンプ場で殺害して、遺体をノコギリなどで切断して遺棄したとして国際手配されていました。

紙谷容疑者は事件直後に、死刑廃止国の南アフリカに逃亡し、潜伏していましたが、先月下旬、南アフリカの日本大使館に出頭。3日、日本に帰国し、成田空港でPCR検査を受け、陰性と判明した後、逮捕されました。

紙谷容疑者は出頭した際、「日本に帰りたい。金がなくなり逃げられなくなった。奥多摩の事件は自分がやった」などと話したということです。紙谷容疑者は、新宿区で別の男性も殺害し、連続殺人の疑いがあるとして国際手配されている知人の松井知行容疑者と一緒に南アフリカに逃亡していました。

殺害された古川さんは、高級クラブを辞めた際に店側とトラブルとなり、その後、そのトラブルを収めた松井容疑者とその知人の紙谷容疑者らから金銭の支払いなどをめぐって因縁をつけられていたということです。

これで、2つの事件で逮捕されたのは14人となりましたが、警視庁は今後、事件を首謀した紙谷容疑者を取り調べ、実態解明を進める方針です。

出典:JNN

スポンサーリンク

紙谷惣容疑者について

こちらが、逮捕された紙谷惣容疑者のプロフィールです。

名前:紙谷 惣(かみや・そう)

年齢:46歳

職業:不明

在住:不祥

紙谷惣容疑者は、2003年9月17日、仲間と共謀し、千葉県市川市の駐車場で元飲食店員の古川信也さん(当時26歳)と別の男性を車で拉致して、埼玉県戸田市のマンションなどに監禁した疑いで逮捕された人物です。

紙谷惣容疑者に対しては、「お金なくて自首。。。なんだかな。。。捕まるときちんと朝昼晩ご飯食べれるし、人として最低限の生活を送ることができるからかな。。命あるものとして最低なことをしている。反省して自首ではない。。」などの意見が寄せられております。

スポンサーリンク

紙谷惣容疑者の顔画像が公開される

では、紙谷惣容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、紙谷惣容疑者の顔画像が以下のように公開されておりました。

出典:JNN

こちらの画像は、現在の紙谷惣容疑者の顔画像であるということです。

ちなみに、1999年に撮影された紙谷惣容疑者の顔画像がこちらです。

出典:読売オンライン

スポンサーリンク

紙谷惣容疑者のバラバラ殺人の動機は何?

では、紙谷惣容疑者のバラバラ殺人の動機は何だったのでしょうか?

紙谷容疑者は高級クラブを辞めた際に店側とトラブルとなっており、当時店長を務めている古川信也さんを埼玉県戸田市のマンションなどに監禁。

その2日後には、山梨県丹波山村のキャンプ場で古川さんの首を絞めて殺害し、遺体を切断して山梨県や奥多摩町の山中に捨ております。

つまり、紙谷惣容疑者の犯行動機はトラブルによるものだったのです。

そして、遺体をバラバラに切断するという猟奇的な犯行に及んでおり、死刑廃止国として知られる南アフリカに逃亡したということなのです。

スポンサーリンク

紙谷惣容疑者の出頭理由は、お金がなくなったから

そんな紙谷惣容疑者は17年もの間逃亡生活を続けていました。

しかし、その生活に突如としてピリオドを打った背景には、お金(逃走資金)がなくなったということがあげられるのです。

紙谷惣容疑者は南アフリカで仕事をしながら、生活をしていたようですが、世界的なウイルスの流行によって仕事を失ってしまい、日本に帰りたくなったそです。

人をバラバラにして遺棄した上、海外逃亡をしていたにも関わらず、自分の都合が悪くなったら日本に帰りたというのは、あまりにも虫が良すぎるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

紙谷惣容疑者の国籍は韓国?生い立ちや経歴についても

では、紙谷惣容疑者の国籍は一体何だったのでしょうか?

紙谷惣容疑者をGoogleで検索をすると、「国籍」というサジェストワードがあるのが確認できると思います。

サジェストワードとは検索エンジンで検索をしやすくするようにユーザーが最も検索をかけているワードを推奨し表示してくれるするサービスのことで、ユーザーさんにとって有益である情報と検索エンジン側が判断した際に、勝手に表示されたり、検索ボリュームが多い時に表示されるものです。

つまり、紙谷惣容疑者の容疑者の国籍が気になって検索をかけている人が一定数いるということになります。

実際のところ、紙谷惣容疑者の国籍についてはわかっておりませんが、おそらくのところ日本なのではないかと推測されます。

また、生い立ちや経歴についてでありますが、こちらもサジェストワードが出しているように、気になる方が多いのでしょう。

警視庁の指名手配のホームページを見てみましょう。

ここに、当時の紙谷容疑者の様子が記されております。

出典:警視庁

しかし、生い立ちや経歴につながるような情報は公開されておらず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

紙谷惣容疑者の家族構成は?南アで結婚していた?

では、紙谷惣容疑者の家族構成はどのようになっているのでしょうか?

現在のところ、紙谷惣容疑者の家族に関する情報は公開されておりません。

国際指名手配犯でありますから、そんなに簡単に結婚などをできるはずもありません。

しかしながら、南アフリカの現地ではそうした情報が遮断されており、結婚できる可能性は十分に考えられます。

もしかすれば、第二の人生を南アフリカで歩んでいたのかもしれません。

そうはいうものの、仕事がなくなったからすぐに日本に帰国したいという考えに至るということで、独り身だったという説が濃厚ではあります。

スポンサーリンク

ネット上の反応

この事件に関して、ネット上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

よく17年も逃げられたね。南アフリカでの生活も過酷だったろうにね。これも逃げ得を赦さない、時効撤廃の効果があったね。

罪を犯して好きな事をやって、刑務所では真面目に納めた税金で飯を食い、出所したとしても働けなく生活保護で飯を食って寝て介護も受けるのか・・・。日本は犯罪者に優しい国だなぁ〜。

気に入らん人殺して好きなとこに逃亡して行き詰まったから出頭して、希望通り素早く帰国。
検査を受けて健康であることが証明され、直ちにまともな食事にありつく。

引き換えになったのは僅かな自由のみ。

ほんとに犯罪者に手厚いね。
自首扱いになるの?

情状酌量の余地は無い。
殺人、死体損壊、海外逃亡。
17年経とうがやった事に変わりは無い。
むしろ海外逃亡している間に殺人等凶悪犯罪の時効が無くなったから。
極刑は有るか否かは分からないが、キッチリ罪を償ってもらおう。
逃げ得は許されない。

事件の概要を知ったら人を人とも思っていない連中のやること信じられん。
逃走中どれだけ思い起こしたのだろうか?
年間通じて一切思い出さない事はあったかな?
何時も気分の優れない良心の呵責があって欲しいもんだ。

日本の凶悪犯に対する処罰は甘すぎる。
悪質な犯罪を犯しても刑務所でご飯を食べられて、
寝る場所、さらには仕事まで与えられる。

自分勝手な都合で他人の命を奪っているのにも関わらず。

世間で仕事に就きたくても就けず、
お金に困って食べるのもままならない人はたくさんいるのに、
それでもまっとうに生きようとする人の方が生きていくのが辛いなんて、
おかしな世の中ではないですか。

悪罪人には同等の罰を。

複数殺害しているもう一方の指名手配犯松井とは違ってこの男が一人しか殺していないなら、出頭しても死刑は脱がれるだろうし、南アフリカで職も金も無く暮らすよりは日本の刑務所で暮らす方がマシと考えたんだろうか。コロナ感染など病気になっても医療もうけられないしね。そう考えたならまだ保身のみのようだけど、人の命を奪ったことをこれから時間かけて反省してほしい。

17年間逃げたことで、今から刑を受ける事になる。
仮に15年食らったとして、今からだと60を超えて出所ということになる。
もう人生建て直しがきかんだろ。
素直に17年前に自首していれば、45くらいで社会復帰のチャンスもあった。

逃げた分だけ、出所後の残された人生が詰んでいく。

あと、正確には<自首>ではなく<自主>的な出頭なのではないかな。
首の漢字のほうの自首は、警察がまだ捜査していて犯人特定や手配をかける前に自分から名乗り出る事を言う。
犯人特定までされ、国際手配までされている場合などは、自分から観念して<出頭>するだけで、厳密には自首とは違うはず。

何をいまさら、勝手な…。

南アフリカに逃亡していた殺人犯がつかまったと読んで
最初に、日本の警察は優秀だなあと感じた。

そのあと「自分で出頭」から始まる文章を読んで、
冒頭の感想。

人を殺しておいて、逃げるカネがなくなったから、日本に帰りたい

だと?!

日本ではえん罪が多いから、死刑は廃止すべきだと思う。
みな、他人事だと思っているかもしれないけれど、
女子高生がお小遣い目的でつくりあげた痴漢事件を信じて
何もない人が仕事を失ったりしちゃう国だ。

死刑は廃止すべきだと思うけれど、
生涯の自由を奪う制度はつくるべきだと思う。

人権派の弁護士か何かができてき
「この17年間、身を潜め、逃げ続け、被告は心身が疲弊状態だ
すでに社会的制裁は受け酌量すべき点も多い」
とか主張して、10年くらいで出てこられたらたまらない。

酌量の余地のない殺人への関与を自ら認めたなら、檻にいるべきだ

凶悪犯罪なので時効はない。どのみち海外にいる間は時効は関係ないですけどね。この犯人は少しは人間の心が残っていたんでしょうね。46歳ですから刑が確定して刑務所に入ったらおそらく死ぬまで出てこれないでしょう(死刑なら別ですが)。死んで獄を出るなら極刑とあまり変わらない。ただ、死ぬまで国民の税金で飯を食わせるというのもなんだか考え物ですね。

スポンサーリンク

まとめ

17年前のバラバラ殺人事件の犯人についてまとめてきました。

17年というと、公訴時効がすぎているような気もします。

公訴時効とは、刑事上のいわゆる”時効”の概念で、犯罪が終わってから一定期間が過ぎると、公訴の提起(起訴)ができなくなることを意味しています。

時効には様々な種類があるのですが、借金の返済の時効や、損害賠償請求の時効、残業代が請求できる時効などもあり、公訴時効とは、その中でも犯罪(刑事事件)に対する時効のことを指すのです。

そして、時効がある意味としては以下の2点が挙げられます。

  1. 事件の風化などにより捜査できない
  2. 被害者感情が弱まる

しかしながら、2010年には公訴時効の内容が改定され、「人を死亡させて、死刑に当たる罪」を犯した犯罪に至っては公訴時効が亡くなるということになりました。

それ以前までは、殺人罪などは15年という公訴時効があり、これまでにも多くの殺人事件が公訴時効成立ということで捜査が打ち切られてきました。

「人を死亡させて、死刑に当たる罪」に公訴時効がなくなったバックボーンとしては、世間からそれを望む声が多く寄せられていた他、DNA型鑑定の発達や科学的捜査の手法が確立されてきたために、思わぬ証拠から犯人の手がかりが見つかることが多くなったためだとも言われております。

「殺人罪や強盗殺人罪」に該当するため、公訴時効がなく、国際指名手配犯が逮捕されたのです。

過去には、以下のように15年前のレイプ事件が逮捕されるというケースもあります。

三ツ木努容疑者の顔画像がFacebookから判明か?15年前のJKへのレイプ事件や、公訴時効についても

いずれにしても、この逮捕をきっかけに、続々と共犯者が逮捕されるのを祈るばかりです。

コメント