日大ラグビー部ヘッドコーチの名前は伊藤武か?顔画像も判明し、実名がHPから流出!

事件

出典:JNN

日大ラグビー部でヘッドコーチを務めていた40代の男性が、在任中に部員の頭につまようじを刺すなどの暴行を加えていたことが明らかになりました。

今回は、日大ラグビー部ヘッドコーチに名前や顔画像、伊藤武さんという情報や、暴行・体罰の詳細などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

朝日新聞デジタル他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

日本大学ラグビー部のヘッドコーチ(HC)だった40代男性が2019年、未成年の部員に対する飲酒の強要や、頭につまようじを刺す暴行などを繰り返していたことがわかった。こうした問題行為は部内調査で認定されたが、処分や明確な謝罪がないまま「父親の体調悪化」を理由に今年3月中旬にHCを辞任したため、部員側から「隠蔽(いんぺい)された」と不満の声があがっている。

日大は18年に起きたアメリカンフットボール部の悪質タックル問題を受け、「学生ファースト」に立ち返った競技部改革を提唱したばかりだった。

この問題について部員らがまとめた報告書や、部関係者らの証言によると、東京都稲城市の学生寮で複数の部員らと同じ部屋に住んでいた男性はHCだった19年4~5月、未成年の部員に寮内で頻繁に飲酒を強要。

アルコール度数の高い酒をストレートで一気飲みさせ、酔いつぶした。

同年8月に長野県・菅平高原で行われた合宿では、酒に酔った状態で恋愛について部員に指摘した際、耳や肩にかみ付いたり、顔を蹴ったりした。

別の部員にはバーベキューの時に熱くなったヘラを左上腕に押しつけてやけどを負わせたという。

複数の部員と焼き肉店に行った同年11月には、1人の部員の頭につまようじを7本刺した。

店を出ても抜くことを許さず、部員はコンビニに立ち寄って寮に帰るまでそのままの状態だった。

同様の行為は過去に複数回あり、部員は「HCの普段の行動から、やらなければ終わらないと感じ、痛かったが耐えた」という。

さらに寮内で、ささいなことから部員の尻を布団たたきで殴ることもあったという。

また、飲酒強要が5月に部外に明るみに出ると、飲ませた部員に「チクったやつ殺してー」「友達のヤクザに犯人探させようかな」「家族全員にシャブ打って人生狂わせたいわ」などというLINEを送った。

このLINEは部内で幅広く共有され、部員らは「底知れぬ恐怖」や「背筋が凍る思い」を感じてさらに前HCにおびえるようになったという。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

日大ラグビー部ヘッドコーチは誰?名前が経歴から判明か?

では、暴行をしたという日大ラグビー部のヘッドコーチは一体誰だったのでしょうか?

ここで、日大ラグビー部のヘッドコーチの就任歴をみてみましょう。

2009年:加藤尋久さんがヘッドコーチに就任。

2015年:川松真一朗さんがヘッドコーチを代行。(一時的ではある)

2016年:中野克己ヘッドコーチ、伊藤武チーフコーチに就任。

問題となった、日大ラグビー部では、現在中野監督の元ヘッドコーチを務めていた人物であるということです。

現在のところ、暴行をしたという日大ラグビー部のヘッドコーチに関しては、詳しい情報は公開されておらず、特定するにも至っておりません。

なぜなら、日大側が隠蔽を働いていたからであります。

スポンサーリンク

日大ラグビー部ヘッドコーチの名前は、流経大出身の伊藤武か?顔画像も判明

Twitter上に非常に興味深いツイートがありましたので、ご紹介します。

それがこちらです。

つまり、この暴行した日大のヘッドコーチの名前は伊藤武さんであるというのです。

また、2019年2月という直近の記事にも、伊藤武という名前が日大ラグビー部として紹介されております。

出典:Rugby Republic

問題となった暴行を加えた時期というのは、報道機関によれば2019年の出来事。

その時期に、ヘッドコーチを務めていたとなれば、伊藤武コーチでまず間違い無いでしょう。

伊藤武コーチは流通経済大学出身であるとのことです。

ちなみに、日大ラグビー部のホームページのキャッシュには、以下のように伊藤武コーチの顔画像が公開されておりました。

出典:日大ラグビー部

スポンサーリンク

日大ラグビー部の不祥事!今年1月には大麻所持で逮捕されていた

今年1月、日本大ラグビー部員の樋口弘晃(ひぐち・ひろあき)容疑者が、路上で大麻を所持していたとして、逮捕されるという事件が発生しました。

詳しくはこちらの記事からご覧ください。

日大ラグビー部はこれを受け、無期限で活動を停止し、内部調査に乗り出す方針を固めました。

日本大学ラグビー部は、1928年(昭和3年)に創部された、歴史があり由緒が正しい部活で、「ハリケーンズ」の愛称で親しまれております。

ちなみに、日本最古のラグビー部は1899年に創立された、慶應義塾大学ラグビー部であります。

日本大学ラグビー部「ハリケーンズ」は、関東大学リーグ戦の古豪として知られており、2度の学生王者の栄冠に輝いた経験があるなど、華々しい成績を収めていることでも有名です。

「個の育成」を基本的な理念として掲げており、選手たちの想像力豊かでスピーディーな攻撃持ち味であり、伝統として根付いているそうです。

「STRONG AGAIN.」チームスローガンとして掲げており、創部90周年を節目に、かつてヘラクレス集団と呼ばれた名門復活に向け日々のトレーニングに励んでいるのだそうです。

東京都稲城市坂浜1382-1に「スポーツ日大 アスレティックヴィレッジⅡ」というラグビー部専用の寮があり、そこで共同生活をしながら、練習に励んでいるそうです。

▼2019年の大学選手権での様子

スポンサーリンク

日大他のスポーツ部の不祥事について

日大といえば、ラグビー部の不祥事よりも、世間を揺るがせた大きな問題があります。

それが、アメフト部の悪質タックル問題であります。

この問題では、日大は悪質なタックル問題を否定し続けたり、学生を守らない態度を取るなど、世間から大きなバッシングを受けました。

日大のツイッターが炎上し、悪質タックル問題を否定し続ける理由がヤバい!学生を守らない大学側に在校生らが不満の声

また、前代未聞となる、加害者の学生が記者会見をするという異例の事態に追い込まれる結果に。

宮川泰介選手の記者会見内容の全ての動画がこちら!タックルは監督の指示で、日大アメフト部首脳陣は責任重大

こうした、日大のアメフト部の首脳陣、ひいては大学側の管理体制のずさんさが指摘され、社会問題へと発展しました。

さらに、2018年9月には、日本大学水泳部で、3年生部員による悪質リンチが起きていたことも明らかとなっております。

この水泳部のリンチ事件においても、ラグビー部同様に事実を隠蔽しようとしており、バッシングがされたのです。

スポンサーリンク

ネット上の反応

このラグビー部の事件を受け、ネット上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

 

 

だって理事長自体が暴力団みたいな体質のオッサンだろう?
大学全体が「俺のいう事聞かん奴は、わかっとるな!!」
という暴力体質にあふれてて、普通の大学人が話すような事は全く通用しないんではないかな??
体育系クラブ全体にこういう暴力体質が充満していて、外部からの情報は届いていない、全く村組織みたいな密室になってるんではないか??
文科省はこういう大学への税金配分当分体質変わるまで、支給すべきではないな!!!

日大のラグビー部なんて強い訳でない。
この懸案まで相撲とパチンコしか趣味がない日大総長は指示してないんじゃないかな。

大学スポーツ部特有の殴る、蹴るだけが
形を変えて伝統的に残ったんじゃないか。

こんなコーチがいるんだからラグビー部は弱い。あいまいにしてないでコーチを暴力事件として刑事罰を与えろ。

学生には申し訳ないが、後世のためにも一度潰して改革したほうがいい。
そしてトップやアメフト部に関わる幹部の重い処分を。
教育者としてあるまじき行為。
解任などに値するようなことは十分やっている。

この大学に受験する人いなくなるね。まあいるだろうけど、日大の運動系部活(もしかしたら文化系も?)に入る学生はいなくなるでしょう。子供の過保護が問題になってたりしますが、親御さんもこんなニュース見たら過保護にしたくなるのは当然。自分の20年近く育てた子供が大学で暴力を振るわれる、殺されるなんて信じられないよね。もう個人個人が録音できるものを持参して自衛しなければいけない時代ですね。

また日大?
された方も、それを側から見ていた方も、
心に深い傷を負ったでしょうね…
あと数年で社会人となる学生にとっては、
大人の世界に絶望感を抱いたでしょうね。

希望に満ちた未来ある学生が、
たった1人の日大の指導者のおかげに
恐怖で体が震えて、それに意見することさえ許されずに貴重な学生生活を送った時間があることは、決して許されることではありません。

度重なる事態に、日大は何の手立ても講じないのでしょうか?
1人の指導者と、それを任命したトップの責任は重いと思います。

被虐待経験者による虐待の連鎖を、日大の運動部は悪しき伝統として継承してきているようだ。
その連鎖を日本社会全体に拡散させているとすれば最悪だ。
全国の日大運動部出身のパワハラ上司は自省すべき。

日大は日大。変わらない、変えられない、変えようとしない。だから日大は永久に日大。危機管理学部があっても機能しない。変わらない組織に危機管理は機能しないことが証明されたと言っても良いのでは?

日本の学生スポーツのカースト制度は異常です。絶対的服従の監督やコーチと選手との師弟関係はまさにイジメの温床です。学生スポーツは監督、コーチがやりたい放題、言いたい放題の無法地帯で気に入らない選手を徹底的にイジメても取り締まりのしようがないのも大きな問題です。

またこういう事件が発生してしまいました。
以前の不祥事のあと、結局何も改善されていなかったと見られても仕方ない。
暴行を受けた生徒や部員が一番可哀想だが、この学校に通う生徒達も風評被害を受けると思うと辛い状況です。
高い学費を払って、自分で選んで入った学校が負のイメージに晒されるのは、精神的に悲しいだろう。

スポンサーリンク

まとめ

日大ラグビーによる、暴行事件についてまとめてきました。

スポーツ界のパワハラや体罰というのは後をたたず、このように次から次へと出てくるのも事実です。

いわゆる氷山の一角なのでしょう。

これをなくすためには、学校側も真摯に改革に取り組む必要がありますし、古い伝統的な体質を改善しなければならないでしょう。

根本的な治療こそが、必要であります。

いずれにしても、スポーツにおいて不祥事だらけの日大であるだけに、一層の波紋は広がりそうな一見です。

コメント

  1. princess2 より:

    日大のホームページには、一言も触れていない。
    ラグビー部のページも試合関係の情報ばかり。
    反省なんかツユとも思ってない。
    理事長からして、反社と「盃交わしている」仲ですから。