笹本真弓(三浦春馬 母親)と父親の顔画像!現在の生活や家庭環境、卒アル写真や生い立ちについても

芸能NEWS

出典:東スポウェブ

18日に自殺を図った、三浦春馬さんですが、母親の影響が強いという風に言われております。

今回は、三浦春馬さんの母親である笹本真弓さんや父親、自殺の原因、生い立ちなどについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

三浦春馬さんは母親が切り離せない?

スポニチアネックス他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

18日に都内自宅マンションで亡くなった三浦春馬さん(享年30)は、10年ほど前に芸能界から退くことを一度決意した。その時、一体何が起きていたのか。なぜ俳優業を離れようと考えて、それでも続けた理由は何だったのか。そこから浮かび上がる事実から、今回の悲劇が起きた原因を探った。

三浦さんが役者をやめようとしたのは19歳の時だ。2009年の日本テレビ「サムライ・ハイスクール」と10年のTBS「ブラッディ・マンデイ シーズン2」で若手俳優としては異例の2クール連続で主演を務め、多忙を極めた。  関係者によると「当時はセリフを覚えることもままならず、精神的にも追い詰められていた」という。地元の茨城に戻り、農業の道に進むことを模索。親しい仕事仲間によると「俳優をやめたいという思いを真っ先にぶつけたのが母親だった」という。生前三浦さんは当時のことについて「とにかく逃げ出したかった」と振り返っており「母親に説得されて思いとどまった」と明かしている。親しい友人も「当時お母さんは、役者をやめるべきではない理由を具体的に挙げながら強く引き留めたと聞いています」と話しており、三浦さんにとって母親の存在がいかに大きかったかを物語っている。  三浦さんが俳優の道に進むきっかけをつくったのも母親だった。幼少期は茨城で母親と継父と祖母の4人暮らし。近隣住民は「お母さんの勧めがあって春馬さんは地元の児童劇団に通いました。デビュー後にはお母さんもしょっちゅう上京し、春馬さんの面倒を見ていた」と語る。  仕事は順調に増え、金銭面では三浦さんが母親を支えた。家族を知る人によると「お母さんはお金に無頓着で春馬さんを頼りにしているところはあった」という。  いつも明るく仕事に取り組んでいる三浦さんだったが、ごく親しい友人だけに見せていた異変が起きたのは3年ほど前。「自暴自棄になって劇的に酒量が増え、大丈夫かとみんなが心配していた」と友人。これはかつて交際していたダンサーの菅原小春(28)と破局したタイミングではあるが茨城の実家を取材したところ、近所の住民は「ちょうどそのころお母さんが、継父と暮らしていた実家を祖母と一緒に出て、地元からいなくなった時期です」と話した。  三浦さんと親しい友人は「それ以降、お母さんと会ったみたいで、本人がそれで何か悩んでいる様子だった。それで心配していたんです」と語った。そんな中で突然起こったあまりにも痛ましい死。警視庁でも、母親が何らかの事情を知っているのではないかと話を聞いている。

出典:スポニチアネックス

自殺をした三浦春馬さんについて

こちらが、亡くなった三浦春馬さんのプロフィールです。

出典:毎日新聞

名前:三浦春馬

生年月日:1990年4月5日

年齢:30歳(享年)

出身:茨城県土浦市

身長:178cm

血液型:AB型

職業:歌手・俳優

所属事務所:アミューズ

三浦春馬さんは、1997年、NHKの連続テレビ小説『あぐり』で子役としてデビューしたことをきっかけに芸能界で活動をします。

2006年にドラマ『14才の母』でヒロインの恋人役を演じ、注目を集めると、2007年、映画『恋空』で第31回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞し、一躍トップ俳優の仲間入りを果たします。

2008年、『ブラッディ・マンデイ』で連続ドラマ初主演を務めるなど、人気はうなぎ上りに上昇していき、2014年には日本アカデミー助演男優賞を受賞するなど、演技には定評のあった人物です。

また、2020年7月23日公開のコンフィデンスマンJP-プリンセス編-にも出演しており、現在進行形でドラマの撮影にも臨んでいたとのことです。

さらに、甘いマスクと端正な容姿から女性ファンも多く、人気実力ともに日本を代表する若手俳優の1人でした。

ドラマ、映画舞台のみならず、好感度の高さから数多くのCMのイメージキャラクターに任命されており、多くの企業のCMにも出演していることでも知られております。

スポンサーリンク

三浦春馬さんの母親は笹本真弓!父親や生い立ち、家庭環境などについて

そんな三浦春馬さんの母親でありますが、Googleで検索すると笹本真弓さんという名前がヒットします。

出典:Google

実は三浦春馬さんのご両親でありますが、春馬さんの幼少期に離婚を経験しており、三浦春馬さんは母親の真弓さんに引き取られたとのこと。

中学生の頃に母親が再婚た三浦さんでありますが、この時に再婚した継父が笹本賢一さんという方で、この姓を名乗っているため、三浦さんの母親は笹本真弓さんというそうです。

複雑な家庭環境なのかもしれませんが、母親の再婚相手である笹本賢一さんとは関係は良好だったようです。

三浦さん一家は、およそ20年前に茨城県土浦市に引っ越しており、三浦さんと母親、継父、祖母の4人暮らしだったとのことですが、現在は誰も住んでいないそう。

継父が月1回ほど定期的に掃除に訪れているのだそうですが、母親の笹本真弓さんとお婆さんははどこへ行ったのかは分からないとのことです。

スポンサーリンク

三浦春馬の本名が卒業アルバムから判明!笹本春馬だった

そんな、三浦春馬さんでありますが、中学の卒業アルバムから笹本春馬という名前である事が判明します。

出典:Twitter

しかしながら、三浦性を名乗っているのは、4歳のデビュー当時は三浦という苗字だったからです。

中高を知る近隣住民の話によれば、「会えばいつもあいさつしてくれる本当にいい子でした」という三浦春馬さん。

笹本春馬が本名だったそうですが、途中で苗字が変わるなどの行為は基本的に芸能界では起こり得ませんので、そのまま三浦性を名乗っていたのでしょう。

三浦春馬の母親と父親は、キッチンバー「SaSa」を経営か

そんな三浦春馬さんの母親・笹本真弓さんと、父親・笹本賢一でありますが、地元の情報誌によれば、キッチンバー「SaSa」を経営しているとのことです。

出典:Twitter

母親の真弓さんは美人であることが伺えますよね?

こちらは、2007年の情報であるということで、現在は閉店をされているそうですが、以下のような場所にあったのだと推測されます。

スポンサーリンク

三浦春馬、自殺の理由は母親による洗脳が原因か?母親・笹本真弓の現在とは?

そんな、三浦春馬さんの母親ででありますが、現在は都内の高級マンションで生活をしているということです。

「三浦さんのお母さんは彼が高校にあがる前に再婚したので、彼も姓が変わっています。この頃、既に『三浦春馬』として芸能界デビューしていたので、芸名までは変えませんでした。しかし、今から数年前に離婚されているようで、同時に三浦さんも姓を戻しています。

三浦さんは養父と不仲ということは全くなく“母親が一人になるのは可愛そうだから”と気遣って三浦姓に戻したとのことです。その頃までにお母さんに都内の高級マンションを買ってあげたという話も聞いています。自分の役者人生を切り拓いてくれたお母さんのことをずっと気にかけていた印象です」(三浦の知人)

出典:NEWS ポストセブン

また、三浦春馬さんの母親・笹本真弓さんはによって洗脳されていたという噂もあります。

過去に出演したTV番組において、悪いものを除去してくれるバケツを母親からもらったということを口にしております。

出典:Twitter

こうしたスピリチュアルやカルト教のようなアイテムを用いていることから、それが原因で三浦さんが自殺をしてしまったのではないかという見方もされているのです。

また、「直縛霊気」という怪しげなサイトに名前が記載されており、新興宗教との関連性もあったとされる三浦さんの母親・笹本真弓さん。

出典:直縛霊気

直縛霊気についての詳しい説明がこちら↓

正式名称は、心身改善臼井靈氣療法です。1922(大正11)年肇祖臼井甕男によって開発された、手当てによる癒しの技術です。心身改善を目的とした手技です。肉体、精神の改善はもとより、悪癖の修正、遠隔による活用も可能です。戦前には100万人以上の実践者がいました(宗教ではありません)。  宇宙(太陽)からの靈氣(エネルギー)を取り次ぐ宇宙(太陽)からの靈氣療法(ヒーリング)を簡単に言いますと、宇宙(太陽)からの靈氣(エネルギー)を受け取り、施術者(ヒーラー)が自分の身体を通して増幅し患者に与える作業です。

出典:直縛霊気

こうした事実があることから、新興宗教による洗脳なのではないかと言われているのです。

スポンサーリンク

ネット上の反応

この突然の訃報に関して、Twitter上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

子役出身で、心情を吐露できる親友も学校では出来ず、事務所では周りはライバル、子役特有のいい子であることを躾けられて、家庭でもくつろげるところがない、逃げる先がない…苦しいね。

仕事入れすぎだったように見えるけれど、減らして、って言えなかったのかな…。いい人だいい人だ、という報道見ると哀しくなってしまう。いい人でいなくてもいい場所がなかったんだと思って。

荷物をまとめて別々に実家を出ていくなんて家庭の人間関係が良くなかったのだろう。三浦さんの帰る場所が無くなり増々ストレスがたまっていったのではないか

人に甘えたり頼ったりする子供の時期に
それが出来ない環境で育つと

土台がグラグラにも関わらず
人を頼る術をしらず、ひずみが出る。

周りからはしっかり者と勘違いされる。
自分の弱味を見せることに慣れていない。

三浦さんの30歳になった時のインタビューをみて
その自覚はあってもなかなか出来なかったのかなと感じた。

几帳面で誠実…真面目な性格……万民への配慮が出来る人…… 勿論 唯一の家族である母親を思う気持ちはより一層だったでしょう…
そんな三浦春馬さん…何かを自分で消化できなくて 選んでしまった自死だったのでしょうね…
お母様の悲しみ…計り知れないと察します…
安らかに休んでください…ご冥福をお祈りいたします

お母さんから、子供の頃から経済的に頼られゆっくり自分の道を考える時間や自由が無かったですね。辞めたいと言ったら家のローンはどうするの?と言われたと笑って話してのが今となれば悲しい。
玉置浩二さんがウツになった時、お母さんが辞めて家に帰ってきたら農業やって一人くらい食べていける、幸せになる為に生まれて来たんだから好きなように生きなさい、と言われたそうですが、本当にそれです。
それにしても落ち着きがあり才能もあり
綺麗な人でした。

家族内の出来事に関してはこと慎重に記事にするべきだと思う。家庭内のことは当事者しかわからないんですから。ただひとつ言えることは彼は最後までお母さんのことを大事にし、親孝行していた。あとの余計な詮索はいらないと思う。

春馬くんが亡くなって強く思ったこと。
遠足も修学旅行も行ったことないって言ってた。
これダメだよね。小さいときはちゃんと学校行こうよ。親が行かせないと。
友達作って遊んで勉強して。
それからの子役じゃないとダメだよ。
息づく暇もないくらい働いてたなんて、可哀想です。

芸能界の汚さのない本当に綺麗な方だと見てました。演技は上手いし。

この方のご性格からみて実父のお父さんはステキな方だったのどはないかと。
繊細で優しい知的。

また見たかった。残念ですね。

それで最期はこれか

言われてる程に幸せで無かったのでは?

追い込まれ最期はクローゼットの中

手の届かない場所に逝かれてから労っても遅い

周囲は一体何をしているんだよ

多感な時に複雑な環境だったんですね
上京理由は家庭環境の影響もあったのかな
以前、自宅公開をテレビでやってて
整然とされた部屋と茶色いカバーでメイクされたベットには、お母さんからもらった小さなぬいぐるみをずっと大切に持ってる。。と見た記憶があります。
再婚した夫と数年前に離婚したとの事、
たった1人の息子に先立たれたお母様、お辛いな

スポンサーリンク

まとめ

三浦春馬さんの自殺についてまとめてきました。

ネット上での誹謗中傷などが原因であるということも言われておりますが、母親を大事に思うが故に、芸能界に縛られてしまい、窮屈に感じた結果、自殺という選択を取ったのかもしれません。

三浦春馬さんは一度、俳優を辞めて農業に専念したと思ったそうですが、それを止めたのも母親・笹本真弓さんだったといいます。

元々、地元の土浦アクターズスクールに入れたのも母親・笹本真弓さんで、4歳の時にデビューのきっかけを作り、芸能界に入れたのも母親・笹本真弓さんでありました。

自分のルーツを作ってくれたからこそ、その恩返しにと一生懸命仕事に没頭する中で、計り知れない苦労や悩みがあったのだと推測されます。

いずれにしても、亡くなった三浦春馬さんには、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

コメント