新潟市西蒲区旗屋地区の通り魔殺人未遂事件の犯人は誰?名前や顔画像も!精神疾患で無敵の人?

通り魔

出典: NHK NEWS WEB

9日午後4時半すぎ、新潟市西蒲区旗屋で通り魔事件が発生しました。

今回は、新潟市西蒲区旗屋で発生した通り魔事件の犯人の名前や顔画像、現場や動機などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

FNNプライム他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

9日午後4時半すぎ、新潟市西蒲区旗屋地区で60代女性から「家に入ってきた男性に腹部を刺された」と消防に通報がありました。

男はこの女性を刺したあと、逃走していて、女性は新潟市内の病院に運ばれましたが、現在の容体はわかっていません。

警察によりますと、男は50代で身長170cmくらい、上下黒色の服で黒色のスニーカーを履いていたということです。

逃走方向や手段はわかっていませんが、警察は傷害事件として逃げた男の行方を追っています。

出典:FNNプライムニュース

スポンサーリンク

新潟市西蒲区旗屋地区で発生した通り魔事件の犯人は誰?名前や顔画像も

では、新潟市西蒲区旗屋地区で発生した通り魔事件の犯人は一体誰だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような特徴があったとのことです。

名前:不明

年齢:50代

身長:170cm

服装:上下黒色の服

現在のところ、新潟市西蒲区旗屋地区で発生した通り魔事件については名前や顔画像などは公開されておらず、特定するにも至っておりません。

こちらに関しては特定され次第、随時お伝えしていこうと思います。

しかしながら、付近の防犯カメラやドラレコ動画の映像などを中心に調べを進めていくと、犯人にたどり着くことはあると思いますので、懸命な捜査が求められます。

スポンサーリンク

新潟市西蒲区旗屋地区の通り魔犯人の動機は何?

では、新潟市西蒲区旗屋地区で発生した通り魔犯人の動機は何だったのでしょうか?

通り魔事件の犯人の心理として、以下のようなものが考えられます。

  1. ストレスの発散
  2. 猟奇的な殺人鬼
  3. 特定の人物への怨恨

通り魔犯の心理として「むしゃくしゃしてやった」「ストレス発散のためにやった」「人を傷つけてみたかった」などの心理が隠されているといい、大方はストレス発散によるものであると言われております。

多くは1である場合がほとんどなのですが、まれに2や3といった物騒な理由の可能性も考えられるのです。

今回の事件に関してで言えば、住宅内で刺されているということでありますから、金品目当ての強盗犯だったということも考えられるでしょう。

スポンサーリンク

新潟市西蒲区旗屋地区の通り魔犯人は無差別テロを計画していた?精神疾患で無敵の人か?

京アニの事件では、犯人の青葉真司容疑者は無敵の人だった可能性が高いと言われております。

無敵の人とはネットスラングの一種で、欲望のままに野蛮な行動を起こす社会的信用の無い人、人間関係も社会的地位もなく、失うものが何もないから罪を犯すことに心理的抵抗のない人を指す言葉で、簡単に言えば、「失うものが何も無い人間」のことを意味します。

元々はインターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」の創設者であるひろゆき氏が自身のブログで「黒子のバスケ脅迫事件」の犯人に対して使用した言葉がきっかけでこのように「無敵の人」と呼ばれる所以となったそうです。

青葉真司容疑者がいわゆる無敵の人だったかどうかは明らかとなっておりませんが、人々が口を揃えて「無敵の人」と話すのはこのような理不尽で痛ましい悲惨な事件に対して、せめて納得出来る理由が欲しいというやりきれない感情の現れであると思われます。

そして、今回の通り魔の犯人についてでありますが、もし仮に無敵の人だった場合には失うものがありませんから、それが引き金となって通り魔を試みたのかもしれませんし、精神的な疾患があったのかもしれません。

精神疾患に関しては京アニの青葉真司容疑者がそうだったようで、疾患があったから犯行に及んだとまで言われております。

スポンサーリンク

新潟市西蒲区旗屋地区の通り魔犯人に関するネット上の反応

この事件に関して、ネット上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

防犯カメラ有るし特徴なんかも報道されてるからすぐ見つかるんじゃないか。近所の人は恐ろしいだろうな早く捕まってほしい

腹に刃物が刺さったまま意識がある状態で病院へ搬送って、スゴい人だ。
助かって欲しいし、犯人早く捕まって欲しい。

コロナ、大雨。暗いニュースばかり続いるのに。
それで刃物沙汰、世も末だよ。どんな事情があったかは
知りませんが、無差別なら怖くて仕方ないです。
刺されたかた、本当に怖かったと思います。
早く捕まえてください。

刺された痛みに耐えながら、自ら通報してるのは凄い!

刺さったままでさぞ痛かっただろうし、怖かったと思う。
しかし下手に抜いて出血多量になるよりかは、刺さったままで搬送してもらう方が生存率も上がったと思う。

無事に回復して欲しい。

西蒲区は岩室温泉とか角田山の方ですね。
三条、長岡、新潟市の何れの方向ににげたのか、
犯人がどのような逃走手段を取っているか分からないので、もう戸締まりをしています。
こんな田舎で事件と思いましたが、どこで起こるか分からないものですね。

毎日のように日本のどこかでこんな事件が起きてる気がする。普通の人は包丁で人を刺すことなんてできないよね?怖いし、相手も痛いだろうし、返り血あびるし、刑務所入るし、家族や親戚の人生すら破壊するし。そこまで想像できないってことは、やっぱり精神疾患者ということになるのか?

今の法制度では、その罪状によって、それに相当する刑罰に処せられてますが、例えば光親子殺人事件みたいに、容疑者が暫くおとなしくしていれば5年くらいで出所出来るとか、舐めた発言をしていました。今の法制度では犯罪は減らないです!今後は加害者は被害者が受けた痛み、受けた事象と、同じ体験をさせて処すれば、少しは減るのでは?甘しに、犯した罪に対する刑罰が軽すぎます!!

見知らぬ人がいきなり刺してくるなんて、恐怖以外の何ものでもないですね…。普段そんな危険があるとは夢にも思わず生きていますが、もう日本も平和とは言い切れず、何があるかわからなくなってきていますね。
おそらく無差別ですから、早く捕まえてもらわないと第二、第三の事件が起こるかもしれず、恐ろしいです。

スポンサーリンク

まとめ

新潟市西蒲区旗屋地区で発生した通り魔事件についてまとめてきました。

今回の事件については、目撃情報や防犯カメラなどの情報からすぐに犯人が割り出されるのではないかと考えられます。

しかし、現在のところ被害者の容態は分かっていないとのことですので、一刻も早い快復を望むばかりです。

いずれにしても、閑静な街、新潟市西蒲区旗屋地区で発生した通り魔事件であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

コメント