豊田宏容疑者の顔画像が判明!新宿のひき逃げ現場判明で、動機は薬物中毒だった?

ひき逃げ

出典:ANN

駐車位置で口論となった男性が車にしがみついているのに発進し、電柱に衝突させたとして、殺人未遂の疑いで、豊田宏(とよだ・ひろし)容疑者が逮捕されました。

今回は、豊田宏容疑者の顔画像や犯行動機、現場などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

時事通信社他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

東京都新宿区西落合の路上で交通トラブルの末、男性が車から振り落とされ意識不明の重体となった事件で、警視庁捜査1課は23日、殺人未遂容疑で近くに住む自称自営業の豊田宏容疑者(62)を逮捕した。「けがをさせたり引きずったりした覚えはない」と容疑を否認しているという。男性は22日夜、搬送先の病院で死亡した。
逮捕容疑は同日午後3時25分ごろ、同区西落合の路上で車を発進させ、助手席のドア付近にしがみついていた会社員の重田東海さん(48)を電柱に衝突させて殺害しようとした疑い。

出典:時事通信社

スポンサーリンク

豊田宏容疑者について

こちらが、逮捕された豊田宏容疑者のプロフィールです。

名前:豊田 宏(とよだ・ひろし)

年齢:62歳

職業:自営業(※自称)

在住:東京都新宿区西落合

豊田宏容疑者は、22日午後3時25分頃、新宿区西落合の区道で乗用車を急発進させ、助手席付近にしがみついていた近くに住む会社員重田東海(あずみ)さん殺害しようとした疑いで逮捕された人物で、重田さんは電柱に頭を強打し、22日深夜に頭蓋骨骨折などで死亡しています。

豊田容疑者に対しては「将来的に社会に復帰させるべきではないと思う。被害者やご遺族はさぞ無念でしょうね」などの意見が寄せられています。

スポンサーリンク

豊田宏容疑者の顔画像が公開される

では、豊田宏容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のように豊田宏容疑者の顔画像が公開されておりました。

出典:ANN

マスク姿ではありますが、年相応の顔をしていることが分かるかと思います。

この人物によって殺害されたという遺族の方を気持ちを察すれば、憎しみや憎悪以外の言葉は出てこないでしょう。

スポンサーリンク

豊田宏容疑者がひき逃げをした現場がこちら

では、豊田宏容疑者がひき逃げをしたという現場は一体どこだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であったということです。

出典:ANN

こちらを調査してみた結果、以下の場所であることが判明しました。

ちなみに、まいばすけっと新井薬師前駅北店の目の前にある電柱です。

スポンサーリンク

豊田宏容疑者がひき逃げをした動機は何?交通トラブルが原因か?

では、豊田宏容疑者がひき逃げをしたという動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、豊田宏容疑者は警察の調べに対して「交通トラブルはあったが、けがをさせたり引きずったりした覚えはない」と、容疑を否認する供述をしております。

警視庁によりますと、豊田容疑者が近くのスーパーに寄った際、重田さんの自宅前に駐車したことから口論になったということですので、交通トラブルが原因だったのではないかと考えられます。

もし仮に、交通トラブルが原因だったとしても、豊田宏容疑者はまりにも短気すぎるのではないかと考えられます。

しがみつく、重田さんを電柱にぶつけてやろうという思いが見え隠れしていますし、強い殺意のようなものもの見受けられます。

スポンサーリンク

豊田宏容疑者は薬物依存者か?「身に覚えのない」という供述に不信感を抱く

豊田宏容疑者は「身に覚えがない」という供述をしております。

昨今では、防犯カメラやドラレコ動画の映像を解析するなどすれば、すぐに誰がしでかした犯罪なのかが分かるかと思います。

それであるにも関わらず、身に覚えがないという供述をしているということは、薬物依存の可能性も浮上するのです。

2020年5月20日午後0時50分ごろ、東京都品川区西大井で職務質問された女が車で逃走し、歩行中の30代とみられる女性をはね、死亡させるという事件が発生しました。

詳しくはこちら↓

中川真理紗容疑者の顔画像とベンツをインスタから特定!逃走の理由は薬物中毒だった?

この事件で逮捕された容疑者の女は、大量の覚醒剤を使用しており、犯行時に自分の記憶がないと言います。

こうしたことを踏まえると、豊田宏容疑者にも尿検査をする必要があるのではないかと考えられるのです。

スポンサーリンク

ネット上の反応

この事件に対して、ネット上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

自宅前に止めたってだけでギャーギャー騒いでる変なジジイたまに見かけるわ

覚えはなくても、あんたの運転で死んじゃったんだから、罪を認めて償わないと。 目撃者もいるのだから。

最近の車関係のトラブルで思うのは
自己中ドライバーが増加してることが怖い。

事の大小は有れ基本的には自己中ドライバーが
違法な行為をして問題を起こしている。

人、自転車も含め交通違反に関しては
もっと厳しく取り締まった方が良いんじゃないかな。

最近、事故を起こしても「覚えていない」とか「ぶつかったのは人ではないと思った」という詭弁をよく聞きます。ぶつかって覚えていないわけないし、もし何かにぶつかったら、クルマの損傷具合を調べると思うんですがね。
市場なく室なのは酔っ払い運転でひき逃げして、後日のこのこ自首して「何かにぶつかったような気がする」などとすっとぼけているヤツがいることです。酒気帯びで一発取り消し、ひき逃げで15年くらいは妥当だと思いますが・・。

いい加減にドライブレコーダーの標準装備を検討すべき。
それが有れば事件事故の解明がしやすくなる。
1万円くらいで売ってるから政府が補助金出せばいい話。
容疑者が何を言っても証拠があれば言い逃れできない。

故意だと対人賠償の任意保険は対象外となるはずです。この事件の場合はどうなるのでしょう?

と誰かが言っていました。

死んでしまった人がいるのに覚えがないって…色々とヤバイ人ですね。人に迷惑を掛けといて、その相手を殺すとか怖すぎる

スポンサーリンク

まとめ

新宿区で発生したひき逃げ事件についてまとめてきました。

意外とこのようなことでトラブルが起こるのはしょっちゅうなのかもしれませんが、死亡させるまで激昂するという点において情緒を疑ってしまいます。

人の命は失われてしまっては返ってきません。

だからこそ、冷静になって理性を持って接することが重要なのですが、理性の歯止めが効かなくなり、今回のような事件に発展してしまうケースもあるでしょう。

しかしながら、10秒間グッと堪えるだけで、人の怒りは鎮まるそうです。

お互いが我慢をしていれば、このような悲惨な結果にならなかったでしょう。

いずれにしても、亡くなった重田東海さんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

コメント