八王子で拳銃自殺をした高1男子は誰?名前や顔画像!高校名や拳銃の入手ルートも判明か?

自殺

出典:FNN

8日午前8時10分ごろ、東京都八王子市元八王子町の民家で、この家に住む私立高校1年の男子生徒が、拳銃で自殺を図ったことが明らかとなりました。

今回は、拳銃自殺をした高1男子が誰なのか、名前や顔画像、八王子の現場や、拳銃の入手ルートなどについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

8日午前8時10分ごろ、東京都八王子市の住宅で、この住宅に住む私立高校1年の男子生徒(15)が頭から血を流して倒れているのを同居の母親が見つけ、119番通報した。

生徒は病院に搬送され、死亡が確認された。

現場には回転式拳銃のようなものが落ちていたといい、警視庁は、生徒が自殺を図ったとみて詳しい経緯を調べるとともに、拳銃の入手経路を捜査している。

少年事件課によると、現場は2階の一室で、生徒の自室とみられる。

1階にいた母親が発砲音のような音を聞き、様子を確認しに行ったという。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

拳銃自殺をした高1男子は誰?名前や顔画像についても

では、拳銃自殺をしたという高1男子は一体誰だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、15歳の少年であるということで、高校1年生という情報以外は何も判明しておりません。

そこで、インスタグラムやFacebook、TwitterなどのSNSを中心に調べを進めてみることにしました。

しかしながら、15歳という未成年であることに加え、自殺をしたというセンセーショナルな事件であることから、名前や顔画像などの情報は公開されておらず、特定するにも至っておりませんので、分かり次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

拳銃自殺をした高1男子の自殺の理由は何?いじめを苦に自殺か?

では、そもそそも拳銃自殺をした高1男子の自殺の理由は何だったのでしょうか?

NHKなどの情報によれば、少年は中学校の頃より不登校気味だったということです。

もしかすれば、その不登校はいじめられていたことが苦で、それが原因で不登校となってしまったのかもしれません。

また、不登校がいじめによるものであれば、そのいじめに耐えかねなくなった高1男子が、そのまま自殺をしてしまったという事も十分に考えられるでしょう。

いじめを苦に自殺というのは、学生の間ではよしばし起こりうる事でありますので、今回の事件にも当てはまるのかもしれません。

スポンサーリンク

拳銃自殺をした高1男子が通っていた高校はどこ?

では、拳銃自殺をした高1男子が通っていた高校は一体どこだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、都内の通信制の高校であったという事です。

今年4月に、都内の通信制の高校に通い始めたという高1男子は、週3日の登校という決まりを守っていなかったそう。

東京都が休校を要請して以来、休校を余儀なくされていたこの学校ですが、今月1日から学校を再開。

しかし、1日に学校に来て以来は、不登校となっていたようです。

現在のところ、拳銃自殺をした高1男子が通っていた高校については公開されておらず、特定するにも至っておりませんので、分かり次第、追記していこうと思います。

スポンサーリンク

自殺した高1男子の拳銃の入手ルートは?

最も気になるのが、拳銃自殺をした高1男子の拳銃の入手ルートだと思います。

亡くなった男子の周りには、回転式拳銃1丁落ちていたという事で、いわゆるリボルバータイプの拳銃を使用したことが分かります。

出典:ホビージャパン

実弾入りのリボルバーは、比較的扱いやすいとされており、玉の装填の仕方も極めてシンプルです。

日本の警察組織なども使用しており、リボルバーは馴染みのある拳銃としても有名です。

その入手ルートについてですが、現在調査中であり、銃が本物かどうかについても調査を進めているとのことです。

もしこれが、警察組織から盗まれた銃だった場合大変です。

しかし、警察の拳銃というのは非常に頑丈なセキュリティのもと管理されておりますし、識別番号が割り振られておりますから、現場を見た段階で、盗まれたかどうか分かります。

ましてや、盗まれた段階で気がつき、一般市民へマスコミを通じて告知されますから、警察組織の拳銃ということではないでしょう。

モデルガンを改造すれば、実弾入りの威力に勝るとも劣らない能力になりかねないそうで、引きこもってこうした拳銃の開発に携わっていたのかもしれません。

スポンサーリンク

ネット上の反応

この事件に対して、ネット上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

日本でこんな事件が起きるなんて…
15歳の子どもが望めば拳銃を手に入れることができるとは恐ろしい。
今回は自分に向けた銃を、例えば憎い相手や無差別に人を打つことができる可能性があることも恐ろしい。

拳銃のようなもの…。入手できるはずもないが、どこから。家族に免許取得者がいて家にあった猟銃とか。あとはエアガンなどは18歳未満は購入できないが、モデルガンの一部は自由に買うことができる。まさか調べて改造したとか…。

突っ込みどころが多すぎると思う。
とても痛ましい事件だ、
高校生で拳銃をどうやって入手したんだ??
ルートが気になりますね。
親御さんも気の毒だが
殺傷能力のあるものだけに
人様を傷つけなかったのがせめてもの救いかもしれない。
連日おかしな凶器の事件が多すぎると思う。
俺なんかはそう思てる。

改造したモデルガンとか自作の拳銃みたいなヤツか…
火薬すらネットで調合方法とかアップされてるみたいだし
でもそこまでの覚悟なりあれば何でもできるかと…
自殺するほど思い悩んでたのか… その人でしかわからない悩みってあるだろうね

先日のボーガン殺人事件と言い、銃器や刃物等、殺傷能力のあるものは、持たない、持たせない、持ち込ませないを強化しないと

事件は後を絶たないかと。

海外で発生した事件が、5年後に日本で発生する確率が高くなると、誰かが言ってました。
少年が拳銃をどうやって入手したのかが不思議でなりません。あえて言えば、裏のネットで購入したのではないかと推測します。
裏社会との繋がりは一概に言えませんが、確実に未成年者にも近づきつつあることは明白。
これから先、同じような事件が起こらないことを願うばかりです。

ネットで手配したのかな。さすがに本物は簡単には手に入らないだろうからモデルガンを改造して強力にしたのをネットで買ったか、自作したか。今はあらゆる知識も製品も誰でもどこからでも知って手に入れることができるから歪曲した考えの人が簡単に行動起こせてしまう。そして簡単には入手を止めることすらできないのが悲しいところ。もしネットを内容で検索できなくしようとすればそれこそ中国のように情報統制ひかれて何も知れない事になる。難しいよね。

スポンサーリンク

まとめ

拳銃自殺をした高校生についてまとめてきました。

実際のところ、こうした日本では馴染みのない凶器によって、人の命が奪われる事件というのは多発しております。

また、過去には警察官の拳銃が奪われ、発砲事件にも発展しております。

詳しくはこちら↓

島津慧大(しまづけいた)容疑者の顔画像がこちら!元自衛官で生い立ちがヤバい!犯行動機や現場などについても

こうした事件があるからこそ、「拳銃」というワードに敏感になりますし、ましては高校生が自殺に使用したとなると、その衝撃は計り知れません。

いずれにしても、亡くなった高校1年生には、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

コメント