河野裕子と中條久美子(弁当屋)の顔画像がインスタから判明か?丸刈り坊主の動機が酷すぎる

事件

出典:RNC

先月、高松市内の弁当販売店で女性従業員の髪の毛を無理やり切って丸刈りにする暴行を加えたなどとして、河野裕子(こうの・ゆうこ)容疑者と中條久美子(ちゅうじょう・くみこ)容疑者が逮捕されました。

今回は、河野裕子容疑者と中條久美子容疑者の顔画像や、インスタグラム、フェイスブック、 TwitterなどのSNSアカウント、さらには、弁当店の詳細な場所や、丸刈りにした動機などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

NHK NEWS WEBほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

弁当に髪の毛が入っていると客から苦情を受けたアルバイトの女性に腹を立て、店内でこの女性を丸刈りにしたとして、高松市の弁当販売店に勤める女2人が暴行などの疑いで21日警察に逮捕されました。

逮捕されたのは、高松市の弁当販売店の店員、河野裕子容疑者(35)とこの店の店長を務める中條久美子容疑者(53)の2人です。

警察によりますと、2人は客から弁当の中に髪の毛が入っていたと苦情を受けた24歳のアルバイトの女性に腹を立て、4月、河野容疑者が無料通信アプリで女性の電話に「髪切れ言われたらはいだけいうとけ」「おどれいうこときかんのか」などと送信した上で店内で女性の頭を押さえつけてハサミで丸刈りにした暴行や脅迫の疑いが持たれています。

また、中條容疑者も河野容疑者と共謀して先月、店内で女性を「坊主にしな」などと脅したうえ丸刈りにした疑いが持たれています。

警察の調べに対して、河野容疑者は容疑を認め、中條容疑者は「脅迫の内容は知らず、暴行の現場は見ていない」と容疑を否認しているということです。

出典:NHK NEWS WEB

 

河野裕子容疑者について

こちらが、逮捕された河野裕子容疑者のプロフィールです。

名前:河野 裕子(こうの・ゆうこ)

年齢:35歳

職業:弁当販売店の店員

在住:香川県高松市林町

河野裕子容疑者は、先月20日、勤務する弁当屋において、アルバイト従業員の24歳の女性に対し、「坊主にしな」などと脅した上、ハサミで髪の毛を切って丸刈りにした疑いで逮捕された人物です。

河野裕子容疑者に対しては、「いやいや、弁当屋でこの丸刈りの制裁って流石にやりすぎでしょ。しかも、24歳の若い女性に対して。最低の行為です」などの意見が寄せられました。

 

中條久美子容疑者について

こちらが、逮捕された中條久美子容疑者のプロフィールです。

名前:中條 久美子(ちゅうじょう・くみこ)

年齢:53歳

職業:弁当販売店の店長

在住:香川県高松市太町

中條久美子容疑者は、河野裕子容疑者らが勤める弁当屋の店長で、「坊主にしな」と脅迫をした疑いで逮捕された人物です。

中條久美子容疑者に対しては、「店長がこういう犯罪に積極的に加担したらダメでしょ。絶対にやめさせなければならない立場なのに」という意見が寄せられました。

スポンサーリンク

河野裕子容疑者の顔画像がインスタなどのSNSから判明か?

では、河野裕子容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、河野裕子容疑者の顔画像は、公開されておりませんでした。

そこで、河野裕子容疑者の顔画像に関して、インスタグラムやフェイスブック、TwitterなどのSNSを中心に調べを進めてみることにしました。

しかしながら、河野裕子容疑者のものと思われるアカウントは発見することができず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

中條久美子容疑者の顔画像を特定か?

では、中條久美子容疑者の顔画像も公開されているのでしょうか?

こちらも、河野容疑者同様に、顔画像などは報道機関によって公開されておらず、特定するにも至っておりません。

そこで、インスタグラムなどのSNSやネット掲示板などを中心に調べを進めてみることにしましたが、こちらも発見や特定には至っておりません。

しかしながら、地元で愛される弁当屋だったのであれば、そこから情報がすぐにリークすると思いますので、こちらに関しては分かり次第、追記します。

スポンサーリンク

河野裕子と中條久美子容疑者の丸刈りの動機は何?

では、河野裕子と中條久美子容疑者の丸刈りの動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、河野容疑者は容疑を認めているものの、中條容疑者に関しては「坊主にしたところは見ていない」と容疑を一部否認しております。

何でも、被害にあった24歳の女性には八つ当たりだったという2人の容疑者。

河野裕子と中條久美子容疑者らが働きく弁当屋には、客から「髪の毛が入っていた」というクレームが入ったのだと言います。

その髪の毛のクレームの原因が24歳の被害女性にあると考えた、河野裕子と中條久美子容疑者は、今後、二度とこのようなことが発生しないように丸刈りにしたのでしょう。

髪の毛は女性にとって非常に重要なもので、丸刈りにされたらいてもたってもいられないでしょう。

もし仮に、本当に24歳の女性の髪の毛が混入してしまったとしても、強硬手段ではなく、もっと賢い方法で再発防止策を講じられたはずです。

怒りに身を任せてそのまま行動をしてしまうのは、理性のかけらもなく、野生動物と同じと言われても、仕方ありません。


スポンサーリンク

河野裕子と中條久美子容疑者が働く弁当屋はどこ?

では、2人の容疑者が働くという弁当屋は一体どこだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、2人が働いている弁当屋は、高松市内にある弁当屋だったということです。

しかしながら、こちらに関しては報道の映像などもなく、そこから調べて特定をするという作業ができませんので、結論から言えば、特定されておりません。

もしかすれば、今後、被害女性が自身の髪の毛を切られたことをツイッターなどに報告する可能性も十分に考えられますので、こちらに関しても分かり次第、追記します。

スポンサーリンク

河野裕子容疑者の口調が完全に反社会勢力

この事件でありますが、被害にあったという24歳の女性に対して河野裕子容疑者は、「髪切れ言われたらはいだけいうとけ」「おどれいうこときかんのか」とLINEで送信していたそうで。

「おどれ」とは山陽もしくは瀬戸内地方の方言で、「お前」「あなた」という意味がありますが、一般的な会話ではそれほど出てくるものではありません。

反社会勢力の模様を描いた映画「仁義なき戦い」などでは、広島を舞台にする映画ということもあって、「おどれ」などというセリフが存在しますが、これも映画の中のセリフであり、堅気の人が一般社会で使用することは滅多に考えられません。

よっぽど口が悪かったか、その筋の者だったという可能性も。

スポンサーリンク

Twitter上の反応

この事件に対して、 Twitter上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

まとめ

クレームに腹を立てて、女性従業員を丸刈りにした店員と店長についてまとめてみました。

上司が部下を怒るというのは、よくあることだと思うのですが、それでもやはりクレームに腹を立てたから八つ当たりをして、さらに丸刈りにするというのは、上司及び人間の風上にも置けません。

例え、被害女性の髪の毛であったとしても、その責任を全て負うのが上司としての仕事であり、しっかりと教育をして再発防止策につなげていくの、明朗な経営と言えます。

丸刈りにした弁当屋ということですが、この噂が広がってしまし、客や売り上げも”坊主”にならないことを祈るばかりです。

コメント

  1. あき より:

    香川県高松市太町ってどこですか?
    太田町ってのはあるけど…
    顔写真探して晒すより当事者と裁判官に任せたらいいのに