中川真理紗容疑者の顔画像とベンツをインスタから特定!逃走の理由は薬物中毒だった?

ひき逃げ

出典:Instagram

20日午後0時50分ごろ、東京都品川区西大井で職務質問された女が車で逃走し、歩行中の30代とみられる女性をはね、死亡させた事件で、警察は中川真理紗(なかがわ・まりさ)容疑者を逮捕しました。

今回は、中川真理紗容疑者の顔画像やインスタアカウント、乗っていたベンツの詳細や、職務質問から逃走の理由などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

共同通信他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

20日午後0時50分ごろ、東京都大田区南馬込1の国道1号で、乗用車が暴走し歩道に乗り上げた。歩いていた30代ぐらいの女性が巻き込まれ搬送先の病院で死亡した。警視庁荏原署は道交法違反(信号無視)の疑いで運転していた自称、川崎市川崎区藤崎、飲食店店員、中川真理紗容疑者(31)を現行犯逮捕した。

荏原署によると、事故の数十分前、現場から約850メートル離れた品川区西大井6の路上で「不審な女がうろうろしている」と通報があった。午後0時半ごろに署員が到着すると中川容疑者は車に乗り込み、職務質問を受けている途中に車を発進させ逃走。署員はパトカーで追跡していた。事故後には現場付近のマンションに逃げ込んだが、10階で逮捕された。

現場は都営地下鉄馬込駅近くで、見通しの良い緩やかな左カーブの片側3車線。歩道に乗り上げた際には別の車にも衝突した。

近くのマンションに住む60代の女性は「どしん、というものすごい大きな音が聞こえ驚いて外に出ると、倒れている女性が見えた。近くでこんな事故があるなんて怖い」と声を震わせた。事故を起こしたのは白い高級外車で、前部がひしゃげたように大破してエンジンルームが一部むき出しになり、部品の破片が散乱していた。

出典:共同通信

 

中川真理紗容疑者について

こちらが、逮捕された中川真理紗容疑者のプロフィールです。

名前:中川 真理紗(なかがわ・まりさ)

年齢:31歳

職業:飲食店従業員(※自称)

在住:川崎市川崎区藤崎(※自称)

中川真理紗容疑者は、20日午後0時50分ごろ、東京都大田区南馬込1丁目の国道1号で、乗っていた車を暴走させ、歩道にいた30代の女性をひき殺した疑いで逮捕された人物です。

中川容疑者に対しては、「職質されて逃げるということは、職質自体は間違っていなかったんだろう。しかし、どこにどんな理由があろうとも、まったく関係のない女性が亡くなって終わったというのはどういうことだ?やり場の怒りに震える」などの意見が寄せられました。

スポンサーリンク

中川真理紗容疑者の顔画像が公開される!インスタアカウントも特定!

では、中川真理紗容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、中川真理紗容疑者の顔画像が以下のように公開されておりました。

出典:FNN

また、中川容疑者は「矢崎マリサ」という名前でインスタグラムをやっているそうで、こちらがそのアカウントです。

出典:Instagram

アカウント名は「@marisa120513」であり、ゴリゴリに加工された顔写真が複数投稿されているのが見受けられます。

出典:Instagram

こちらのアカウントでありますが、以前に投稿された以下の写真に同容疑者の名前である「真理紗」と記された手紙もアップされていたことから、信憑性は非常に高いものと思われます。

出典:Instagram

スポンサーリンク

中川真理紗容疑者の乗っていたベンツがインスタに投稿されていた

中川真理紗容疑者は、高級外車・ベンツの白い車に乗って逃走をしていたようですが、どのような車だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のようなベンツであったということです。

出典:NHK

こちらのベンツの画像が、インスタにも掲載されておりました。

出典:Instagram

こちらのベンツは、SL63という車種で、元々はレーシング・マシンとして開発されたために、V8エンジンを搭載しており、価格は2000万円前後。

「車いぢりたいよ〜」と、改装をしたい事を報告しておりましたが、その夢はかなう事なく、無情にも儚く散ってしまいました。

スポンサーリンク

中川真理紗容疑者はキャバクラ嬢?

自称飲食店従業員という中川真理紗容疑者でありますが、どのような職業についているのでしょうか?

Instagramでは、派手な暮らしぶりや、派手なメイクなどの写真をあげたり、ネイルや髪を巻いているをしている様子も公開していることから、これらが全てかなう職業といえば、キャバクラ嬢なのではないかと考えられます。

具体的なお店などについては触れられておりませんが、川崎市に在住だったということで、そのエリアにあるお店で働いていたのでしょう。

こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

中川真理紗容疑者が逃走した理由は何?事故現場も判明

では、中川真理紗容疑者が逃走をした理由は一体何だったのでしょうか?

悲惨な事故が発生する数十分前には、「不審な女がうろうろしている」との通報があり、これを受けて捜査員が現場に到着すると、中川容疑者は車に乗り込み、職務質問を受けている途中に車を発進させ逃走したと言います。

つまり、職質されたら何か気まずいことがあったのではないかと推測されるのです。

現場は、報道機関の画像より、第二京浜である事が判明しております。

出典:NHK NEWS WEB

事故の直前を捉えた映像では、ほかの車と比べて速い猛スピードで走り抜けていく中川容疑者のベンツが確認されています。

それほどまでに逃げる理由とは、よっぽど何か知られたくない情報があったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

中川真理紗容疑者は薬物中毒だった?

そんな中川真理紗容疑者でありますが、事故後の供述では以下のように述べております。

「職務質問中に車を発進させたことは覚えているが、その後のことは覚えていない」と話しているという。

出典:時事通信

このことと、職質から逃げたという事を加味すると、中川真理紗容疑者は薬物中毒だった可能性が浮上します。

薬によって挙動不審となり、服用の事実を逃れるために職質を振り切り、暴走した際の記憶が飛んで、気がついたら人をひいていたという事も十分に考えられると思います。

逃げる理由の一つに、薬物中毒や、薬物の服用というのはありえるでしょう。

もしもこれが事実であれば、刑事責任能力に問われず、裁判で無罪になる可能性すら浮上します。

スポンサーリンク

ネット上の反応

この事件に対して、ネット上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

薬か酒か?
はねた後逃走しているし、責任能力はある。
精神鑑定はなしで裁いて下さい。

亡くなられた方の御冥福をお祈りします。
気の毒すぎる。

ちゃんと薬物検査をしたほうがいいと思います。
本当に許せない犯罪です。

職質というのは誰彼構わず当てずっぽうでかけているわけではなく、状況に応じてターゲットを見定めているようです。現に逃走しているわけだし、何かあったんでしょう、この女は。

他の人も書いているがきちんと事実関係を調べて詳細を報道して欲しい。
ひと1人亡くならないといけない逃走などあってはならない。
逃げた理由は何にせよ逃走したら人が死ぬ可能性もわかるはず。
未必の故意だ。殺人罪で起訴して欲しい。

犯罪の質が年々悪くなる。日本の甘ったれた教育の成果。警察官の拳銃携帯と、使用の権限を、対応する現場に任せて欲しい。

何の罪もない女性が巻き添えを食ってなくなった。こんな理不尽なことが事件が多すぎる。日本の法律は加害者に対して甘すぎるから、この種の事件が絶えないんだ。職務質問して車で逃走、そして事故を起こして逃走。とんでもないことだ。危険運転致死傷罪で厳罰の処すべきだ。、

よほど、警察に知られると悪いことをしていたのでしょう。
自分の都合で人の命を奪っておいて覚えていません・・。
見た目は普通なじみ目な人なのに.何をしていたのか調べてください。
何の落ち度もなく暮らしていた方が、こんな最後を迎えるなんて許せません。
裁判の時には、公務執行妨害+不法侵入++道交法違反+というように犯した罪全部を足して出てこられないようにしてほしいです。
私の家に不法侵入しようとした嫌がらせ屋の人が職質されてやはり逃げました。夏の河原です。草が邪魔で逃げられました。
まるで、何もなければ職質なんてされませんから車を見ると置き配の持ち逃げとかではなく、違法なものを販売していたのかもしれません。

 

薬物が体から出てくると、責任能力がなかったと言うことで、無罪になってしまうから、薬物が出ても出なかったことにした方が罪が重くなるなら、体内から薬物が出なかったことにして、刑務所にできるだけ長く拘留した方がいい。

スポンサーリンク

まとめ

東京大田区で車が暴走して歩道に乗り上げ、歩いていた女性が巻き込まれて死亡した事件についてまとめてきました。

暴走事故といえば、昨年4月に発生した池袋での事故が記憶に新しいかと思います。

今回の事件では、たとえやましい事があったとしても、素直にその場で警察の職務質問に応じていれば、何も罪のない人の命を奪う事はなかったと思います。

非常に胸糞悪い事件でありますし、暴走・逃走の理由をしっかりと究明し、再発防止に努めなければいけないでしょう。

そもそも、職質から逃げなければいけないほど、やましい事をしている中川容疑者が悪いのですが、職質自体も暴走に追い込むようなやり方だったのかもしれません。

いずれにしても、亡くなった30代の女性には心よりご冥福をお祈り申し上げます。

コメント

  1. 岸和田市民 より:

    薬物中毒でも危険運転致死傷の対象ですよ。
    ソース
    「弁護士 薬物中毒 危険運転致死傷」で検索