芝良明容疑者の顔画像が判明か?吹田市南清和園町で、放火殺人をした動機が酷い

放火

出典:NNN

11日夜に大阪府吹田市で住宅が全焼して80代の夫婦とみられる遺体が見つかった事件で、同居する次男・芝良明(しば・よしあき)容疑者が逮捕されました。

今回は、芝良明容疑者の顔画像や犯行動機、現場の住宅などについて迫ってみたいと思います。

事件概要

毎日新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

大阪府吹田市南清和園町で11日夜、民家が全焼して2人が死亡した火災で、大阪府警は13日、住人の無職、芝良明容疑者(55)を殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕した。死亡したのは芝容疑者の父竹治さん(88)と母玉子さん(81)とみられ、「両親を殺すつもりで家に火を放った」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は11日午後9時20分ごろ、1階の自室にライターで火を付け、木造2階建て延べ約110平方メートルを全焼させ、2人を殺害したとしている。司法解剖して死因などを調べる。

 府警捜査1課によると、芝容疑者は竹治さんの次男で、火災後に行方が分からなくなっていたが、12日夕に自宅へ戻り、任意で事情を聴いていた。「子どもの頃から両親を恨んでいた」などと話しており、刑事責任を問えるか慎重に調べる。出火後には自転車に乗って走り去る芝容疑者とみられる人物が防犯カメラに映っていた。

 火事では両隣の民家も一部が焼け、住人の男性(41)も軽傷。近くの女性は「芝容疑者は玉子さんとよく買い物に行っていて、仲の良い親子だと思っていた。何があったのだろうか」と話した。

出典:毎日新聞

スポンサーリンク

芝良明容疑者について

こちらが、逮捕された芝良明容疑者のプロフィールです。

名前:芝 良明(しば・よしあき)

年齢:55歳

職業:無職

在住:大阪府吹田市南清和園町

芝良明容疑者は、午後9時20分ごろ、木造2階建ての自宅に放火して全焼させ、父親の竹治さん(88)と母親の玉子さん(81)を殺害した疑いで逮捕された人物です。

芝良明容疑者に対しては、「どうしてこんなことしているのか分からない。両親を放火殺人するなんて酷すぎる」などの意見が寄せられておりました。

スポンサーリンク

芝良明容疑者の顔画像が判明か?

では、芝良明容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか。

報道機関の発表によれば、芝良明容疑者の顔画像などは公開されておりませんでした。

そこで、ネット掲示板やSNSなどを通じて、芝良明容疑者の顔画像について調べを進めてみたのですが、こちらに関しては詳しい情報は分かっておりませんので、分かり次第追記していこうと思います。

逮捕されているということですから、本来であれば顔画像を公表するのが筋だとは思うのですが、刑事責任能力を問えるかということが争点となっているとのことで、それらが解消されれば公表されることでしょう。


スポンサーリンク

芝良明容疑者の犯行動機は何?両親への強い恨みか?

では、芝良明容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、「子どものころから両親を恨んでいた」、「両親を殺すつもりで1階の自分の部屋にライターで火をつけた」と容疑を認める供述をしております。

子供の頃から恨んでいたのだそうですが、それであってもなぜ55歳というタイミングで火を放つのかは謎です。

殺すつもりであれば、殺害だけすればいいのであって、放火をする意味もわかりません。

放火殺人の多くは、証拠を隠滅するために行われることが多く、逃亡のために火を放つ場合がほとんどです。

しかしながら、火を放った後に現場となる住宅に戻ってきていることから、本来の殺人犯の像とはかけ離れていることとなるでしょう。

スポンサーリンク

芝良明容疑者が殺人を犯した現場はどこ?

では、芝良明容疑者が殺人を犯した現場はどこだったのでしょうか。

報道機関の発表によれば、芝良明容疑者が殺人を犯した現場は、以下のような場所だったそうです。

出典:ANN

こちらを調査してみた結果、以下のような場所であることが判明しました。

現場は、大阪府吹田市南清和園町20−8にある住宅で、付近には、吹田市市立第六小学校などもある場所です。

スポンサーリンク

芝良明容疑者は刑事責任能力を問えるのか?

毎日新聞などが報じた情報によれば、芝良明容疑者は刑事責任能力を問えないのではないかとのことです。

そもそも、刑事責任能力とは、、刑法上の責任を負う能力のことであり、事物の是非・善悪を弁別し、かつそれに従って行動する能力のことを指します。

すなわち、刑事責任能力がなければ、罪に問われないということになってしまうのです。

では、芝良明容疑者がなぜこの刑事責任能力に問えるのかという疑問が抱かれているのでしょう。

それは、「幼い頃からずっと恨んでいた」という供述によるものです。

刑事責任能力に問えないとすれば、精神疾患が見受けられ、それが言動となって現れる場合です。

専門用語で心神喪失や、心身衰弱などと呼ばれる現象のことを指します。

病的な疾患に加え、麻薬や覚醒剤、飲酒による酩酊なども該当するとのこと。

幼き頃から両親を憎んでいたというのが、単なる被害妄想であったとするのであれば、病的な精神疾患の可能性も十分に考えられるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

大阪府吹田市で発生した放火殺人事件について、まとめてきました。

放火殺人といえば、単なる殺人よりも罪が重くなってしまいますし、放火殺人は犯罪の中でもトップクラスに重罪であるといえます。

刑事責任能力があるのか、しっかりと見極めなければなりませんが、いかなる理由があったとしても、殺人を犯してしまうのは、決して許される行為ではなく、看過されるものではありません。

いずれにしても、亡くなってしまった芝竹治さんと芝玉子さんには、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

コメント