南水元交番の殺傷事件、犯人の名前や顔画像が公表されない理由がこちら!精神疾患があった?

殺人

出典: NHK NEWS WEB

30日午前9時半ごろ、東京 葛飾区にある亀有警察署の「南水元交番」で、男性が刃物で刺されるという事件が発生しました。

今回は、南水元交番で発生した殺傷事件の犯人や名前・顔画像の情報、意味不明の供述について迫ってみたいと思います。

事件概要

朝日新聞デジタル他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

30日午前9時半ごろ、東京都葛飾区の警視庁南水元(みなみみずもと)交番で、交番相談員の男性職員(61)が刃物で襲われた。

同庁によると、襲った男はそのまま逃走して近くのマンションの一室に立てこもり、110番通報を受けて駆けつけた警察官にまもなく殺人未遂などの疑いで現行犯逮捕された。

職員は背中や尻を負傷したが、意識はあり、命に別条はないという。  亀有署によると、現行犯逮捕されたのは同区の無職の男(57)。

調べに「催眠術にかけられている」と供述しているという。逃走する男を職員が追いかけ、マンションに入るのを確認したという。

交番をめぐっては、2018年に富山県警と宮城県警で警察官らが殺害される事件が相次いだ。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

殺傷事件の現場となった南水元交番について

では、殺傷事件の現場となった南水元交番とは一体どのような場所だったのでしょうか?

こちらが、その南水元交番の詳細な地図です。

南水元交番は、

アパートや団地などが立ち並ぶ、住宅街にある交番であるとして知られ、地域に密着している交番としても有名です。

スポンサーリンク

南水元交番の殺傷事件の犯人は誰?

では、南水元交番殺傷事件の犯人は一体誰だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、現行犯逮捕されたのは57歳の無職の男であるとのことで、それ以上の情報は公開されておりません。

事件当時、男は刺した後に現場から逃走をしているとのことですが、すぐに身柄を確保され逮捕されました。

しかしながら、現在のところ、この犯人については名前や顔画像などは公開されておらず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。


スポンサーリンク

南水元交番の殺傷事件、犯人の名前や顔画像が公表されない理由は?

現行犯逮捕されているのも関わらず、、犯人の名前や顔画像が公表されない理由は一体何なのでしょうか?

まず、確保された際に犯人は「催眠術にかけられた」と話していることから、おそらく精神疾患が疑われるとして、公表には慎重なのでしょう。

報道機関が実名を報道せずに、匿名で行う場合には以下のような理由が考えられるとしています。

  1. 未成年者である
  2. 刑事責任能力がない
  3. 捜査段階である
  4. 在日外国人である
  5. 社会的に影響のある事件でない

まず、逮捕された犯人は57歳という年齢れが出ているため、1番は考えられません。

報道機関は、刑法第39条に心神喪失者の行為は罰しないという条文があるため、容疑者に精神疾患等が疑われた場合には匿名報道に切り替えることがあるのだそうです。

また、逮捕前や、犯人ゆえの確固たる証拠がない場合や発言の信ぴょう性が低い場合にも匿名での報道となります。

そして、実名報道することで民族的差別を助長する危険性があると判断された場合には、匿名や通名での報道を行うケース考えらるのだそうで、今回逮捕された男はこうしたケースに当てはまっている可能性お考えられます。

基本的には、実名報道はプライバシーの権利や名誉権毀損などの可能性は秘めているものの、それ自体に違法性はないので、報道機関は自分たちの判断で実名を公開するかどうかを決定しています。

過去には、滋賀県彦根市南川瀬町の河瀬駅前交番内で、男性巡査(41)が射殺されるという凶悪な事件が起こった際にも、犯人が未成年の巡査であったにも関わらず、拳銃を持って逃走をしたために警察が実名と顔写真を公開し、NHKがそれを報じるという事件も発生しました。

また、容疑者の名前を公開することによって今後の捜査に支障をきたすと判断された場合にも、匿名での報道となります。

「催眠術にかけられた」と意味不明な供述をしているあたり、刑事責任能力がない(精神疾患のため)と判断されていたのかもしれません。

スポンサーリンク

南水元交番殺傷事件の犯人の動機は何?

では、そもそもこの犯人の動機は一体何だったのでしょうか。

過去に発生した同様の交番襲撃事件をみてみましょう。

吹田署千里山交番で巡査が刺され拳銃が奪われた事件では、犯人は精神疾患だったと言われております。

東仙台交番で、勤務中の巡査長が刃物で刺されて死亡した事件では、犯人の動機は生い立ちなどに起因していると言われております。

何かしらの異常がなければこのような事件を引き起こしません。

また、富山市の奥田交番に入ってきた男が突然、交番の警察官を刃物で刺し、拳銃を奪い発砲した事件では、こちらも生い立ちに何かしらの問題があると言われておりました。

つまり、南水元交番殺傷事件の犯人も、精神的に不安定だった可能性が十分に考えられるのです。

スポンサーリンク

Twitter上の反応

19歳元巡査の大西智博被告は全く反省してない?心神耗弱は演技で情状酌量を狙っている?
...
19歳元巡査の大西智博被告は全く反省してない?心神耗弱は演技で情状酌量を狙っている?
...
19歳元巡査の大西智博被告は全く反省してない?心神耗弱は演技で情状酌量を狙っている?
...
19歳元巡査の大西智博被告は全く反省してない?心神耗弱は演技で情状酌量を狙っている?
...
19歳元巡査の大西智博被告は全く反省してない?心神耗弱は演技で情状酌量を狙っている?
...
19歳元巡査の大西智博被告は全く反省してない?心神耗弱は演技で情状酌量を狙っている?
...
19歳元巡査の大西智博被告は全く反省してない?心神耗弱は演技で情状酌量を狙っている?
...
19歳元巡査の大西智博被告は全く反省してない?心神耗弱は演技で情状酌量を狙っている?
...
19歳元巡査の大西智博被告は全く反省してない?心神耗弱は演技で情状酌量を狙っている?
...
19歳元巡査の大西智博被告は全く反省してない?心神耗弱は演技で情状酌量を狙っている?
...

まとめ

19歳元巡査の大西智博被告は全く反省してない?心神耗弱は演技で情状酌量を狙っている?
...
19歳元巡査の大西智博被告は全く反省してない?心神耗弱は演技で情状酌量を狙っている?
...
19歳元巡査の大西智博被告は全く反省してない?心神耗弱は演技で情状酌量を狙っている?
...
19歳元巡査の大西智博被告は全く反省してない?心神耗弱は演技で情状酌量を狙っている?
...
19歳元巡査の大西智博被告は全く反省してない?心神耗弱は演技で情状酌量を狙っている?
...

コメント