土屋聡美・武藤一貴の顔画像とインスタ!暴行の動機は育児放棄が原因で、日常的な虐待も

殺人

出典:NNN

群馬県警は23日、当時3歳の土屋翔雅ちゃんを殴り、死亡させたとして母親の土屋聡美容疑者と、元交際相手の武藤一貴容疑者の2人を逮捕しました。

今回は、土屋聡美容疑者と、元交際相手の武藤一貴容疑者の顔画像とインスタFacebook、TwitterなどのSNSアカウント、犯行動機などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

共同通信他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

群馬県警は23日、今年2月と4月に当時3歳だった男児を殴ったとして、暴行の疑いで母親の土屋聡美容疑者(25)=同県高崎市筑縄町=と、母親の知人で自称販売業の武藤一貴容疑者(27)=高崎市矢中町=を逮捕した。男児は4月22日、意識不明の重体で病院に搬送され、23日に死亡が確認された。脳に出血と全身にあざがあり、県警は関連を調べる。

死亡したのは、土屋翔雅ちゃん(4)。県警によると、武藤容疑者は母親の元交際相手という。

母親の聡美容疑者の逮捕容疑は2月下旬ごろ、自宅で翔雅ちゃんの頭を殴った疑い。武藤容疑者の逮捕容疑は、4月上旬ごろ、自宅で翔雅ちゃんの腹を殴った疑い。

出典:共同通信

 

土屋聡美容疑者について

こちらが、逮捕された土屋聡美容疑者のプロフィールです。

名前:土屋 聡美(つちや・さとみ)

年齢:25歳

職業:接客業

在住:高崎県高崎市筑縄町

土屋聡美容疑者は、2月下旬ごろ、自宅で土屋翔雅君の頭を殴った疑いで逮捕された人物です。

土屋容疑者に対しては「3歳の子を死亡する程に暴力をふるえる人格ってどんなだろ…。」などの意見が寄せられておりました。

スポンサーリンク

武藤一貴容疑者について

こちらが、逮捕された武藤一貴容疑者のプロフィールです。

名前:武藤 一貴(むとう・かずき)

年齢:27歳

職業:販売業

在住:群馬県高崎市矢中町

武藤一貴容疑者は、4月上旬ごろ、自宅で亡くなった土屋翔雅ちゃんの腹を殴った疑いで逮捕された人物です。

武藤一貴容疑者に対しては、「子どもにイラつくことは確かにある。でも感情的に怒った後の罪悪感は半端ない。それがこういう人には無いんだろうな。虐待死させた親は死刑でも軽いと思うくらい腹立たしい。」などの意見が寄せられておりました。

スポンサーリンク

土屋聡美容疑者の顔画像!インスタやFacebook、Twitterアカウントも

では、土屋聡美容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、土屋聡美容疑者の顔画像は公開されておりませんでした。

そこで、土屋聡美容疑者の顔画像に関し、InstagramやFacebook、TwitterなどのSNSを中心に調べを進めてみることにしました。

しかしながら、土屋聡美容疑者ものと思われるアカウントは公開されておらず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては、詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

武藤一貴容疑者の顔画像を特定か?

では、武藤一貴容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

こちらも、土屋聡美容疑者の顔画像同様に、武藤一貴容疑者の顔画像は公開されておりませんでした。

そこで、土屋聡美容疑者同様に、SNSを中心に調べを進めてみたのですが、こちらに有力な情報は発見されませんでした。

今後、分かり次第、随時追記していこうと思います。

スポンサーリンク

土屋聡美容疑者と武藤一貴容疑者の暴行の動機は何?育児放棄(ネグレクト)が原因か?

では、土屋聡美容疑者と武藤一貴容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、土屋容疑者は「育児ストレスがあった」との供述をしております。

つまり、育児に関して何らかのストレスやトラブルがあったということになるでしょう。

また、武藤一貴容疑者も容疑を認めているということから、ストレスによって子供を暴行したのだと思います。

さらに、育児放棄(ネグレクト)の可能性もあり、遊びに行くのに子供の存在が邪魔だったということも十分に考えられるでしょう。

こうした虐待事件の多くでは、子供がストレスのはけ口にされることが多く、自身の言うことを聞かなかったりして、イライラした結果、暴行に走るケースが多いのだそうです。

日常的な虐待の可能性についてですが、土屋翔雅にはあざなどがあったことから、日常的に虐待などをしていた可能性も捨てきれません。

スポンサーリンク

交際相手の連れ子に暴行する事件が多発する理由

今回の事件のように、交際相手の連れ子に対し、暴行や虐待をするケースが後を絶ちません。

単に、ストレスによるものから、以下のように母性本能がないことが原因となるケースも。

男性は女性のような母性本能を持ち合わせていないため、自分とは血が繋がっていない子どもに対して愛情を持てないというのも一つの理由と言えるかもしれません。

出典:みんなの夫婦生活

また、以下の記事のように、IHIという大手重工業メーカーの本社に勤務していた秀才ですら、交際相手の女性の連れ子を殺害しております。

渡辺雄二の父親が他人事なのは壮絶な生い立ちが原因か!出身大学と妻のマンションも判明

日本における虐待事件の多くは、連れ子が言うことを聞かないと言うストレスやさらには血が繋がっていないために心から愛せない、今後交際において邪魔になったなどの極めて胸糞悪い理由によって行われております。

妻の連れ子に対して、愛情が湧かないのも1つの理由でありますが、妻からの愛情を巡って連れ子と取り合うと言うことも虐待の理由になるそうで、過去にも義父と連れ子の関係によって、殺人事件が発生しております。

詳しくはこちらから↓

進藤悠介の顔画像を特定か?動機は日頃からの虐待で、義父と連れ子の関係に起因か?

また、今回の事件と非常に類似するような事件も報告されております。

東向貴志容疑者の顔画像とインスタ!動機は日常的な虐待で、交際相手の母親についても

スポンサーリンク

ネット上の反応

この事件に対して、ネット上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

みんなとは言わないけど今の若者には育児は向いてないイメージがあるな。子供が居るのにスマホばっかいじってるの見るし。

こういう奴等は親になる資格なんか全くないね
自称販売業?無職を隠してるのがバレバレ
一生刑務所で反省してなさい、みんな許さないだろうけど

この様な親は同じ行為をしてどれだけ苦しい思い知らせてやらないと人の気持ちなんて解らない。
本当に腹が立ちます。
死ぬほど虐待された時の娘さんはどれだけ苦しい思いをしたんだろう。
哀しい事件です。

うちにも4歳の娘がいます。
生まれてきてくれてから、一度も手をあげたことはありません。というか、あげたくなったことがありません。
どんなに言うことを聞かなくても、イライラしたとしても、手をあげる気は起きません。
親ってそんなもんだと勝手に思ってました。

親も最低だけど、その親もどうやって育てたのかと思う。3歳の子は生まれ変わるのは優しい普通の親に生まれてくれ。

子どもを2人産んで思ったことは、すごく可愛くて、愛おしい。でも、子育てはそれ以上に大変なことがたくさんあるが、それについて語っている人はあまりいない。どんなことが大変で、どんな気持ちになったりするのか、メンタル面についても教えていかないと、こういう事件はなくならないだろう。一度虐待してしまうと、それが当たり前のようになってしまう。

スポンサーリンク

まとめ

交際相手の子供に暴行した男と、自身の子供に暴行した母親についてまとめてみました。

日本においては、こうした事件は後を絶たず、無くなることはほぼありません。

あまりにも不愉快極まりない事件でありますし、決して許されるべき行為でもありません。

自分が同じことをやられたらどのように感じるのか?という、他者の気持ちを理解する能力が圧倒的に不足しており、共感力の欠如がこのような結果につながっていると言っても過言ではありません。

いずれにしても、亡くなった土屋翔雅君には、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

コメント

  1. さー より:

    こういう事件見るたび、元夫は何しているのか気になる。離婚しても自分の子供なんだから責任もってほしい。海外では元夫も協力して育児してくれてる印象だけど日本ではないよね。そこから変えていくべきでは??