牧野和男容疑者の顔画像!「コロナで収入が減る」と話した妻・牧野美紀さんへの暴行の動機が酷い

国内NEWS

出典:NHK NEWS WEB

自宅で口論になった妻を平手打ちし、床に転倒させて頭にけがを負わせたとして、牧野和男(まきの・かずお)容疑者が逮捕されました。

今回は、牧野和男容疑者の顔画像や犯行動機、新型コロナウイルスの影響、亡くなった妻・牧野美紀さんなどについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

NHK NEWS WEB他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

東京・江戸川区で59歳の夫が57歳の妻を殴ったとして警視庁に逮捕され、妻はその後、搬送先の病院で死亡しました。
夫は「妻から稼ぎが少ないと言われ頭にきた」と供述していて、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

逮捕されたのは、東京・江戸川区の会社員、牧野和男容疑者(59)です。
警視庁によりますと、5日夜11時すぎ、自宅マンションで妻の美紀さん(57)を殴って床に倒し大けがをさせたとして、傷害の疑いがもたれています。
妻はおよそ2時間後、搬送先の病院で死亡しました。
当時、2人は一緒に夕食を食べていて酒も飲んでいたということです。
調べに対し、牧野容疑者は容疑を認めた上で「妻から稼ぎが少ないと言われ頭にきた」などと供述しているということです。
会話の中では、妻が「新型コロナウイルスの影響で仕事の出勤が減って給料も減った」などとも話していたということで、警視庁は詳しいいきさつを調べています。

出典:NHK NEWS WEB

スポンサーリンク

牧野和男容疑者について

こちらが、逮捕された牧野和男容疑者のプロフィールです。

名前:牧野 和男(まきの・かずお)

年齢:59歳

職業:会社員

在住:東京都江戸川区上篠崎

牧野和男容疑者は、5日午後11時15分ごろ、自宅で妻の会社員、美紀さんと口論となり、暴行を加えるなどしたとして逮捕された人物です。

その後、妻の牧野美紀さんは死亡が確認されております。

牧野和男容疑者に対しては「外出自粛で、家飲み者が増えたし、ストレス溜まっているし、こういう事増えて来そうだね。」などの意見が寄せられておりました。

スポンサーリンク

牧野和男容疑者の顔画像を特定か?

では、牧野和男容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、牧野和男容疑者の顔画像は公開されておりませんでした。

そこで、牧野和男容疑者の顔画像に関し、ネット掲示板などを中心に調べを進めてみることにしました。

しかしながら、牧野和男容疑者の顔画像に関しては公開されておらず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

牧野和男容疑者の犯行動機は何?コロナの影響で収入が下がることが口論の引き金に?

では、牧野和男容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、牧野和男容疑者は警察の調べに対して「給料をめぐって、口論となった。カッとなって暴行した」と容疑を認める供述をしているということです。

牧野和男容疑者は事件前、妻の牧野美紀さんを一緒に飲酒をしており、その際に美紀さんより「新型コロナウイルス感染症のせいで私の出勤回数が減り、給料が下がる」という報告を受けていたそうです。

新型コロナウイルスによって、東京都では不要不急の外出を自粛するように、小池百合子東京都知事が要請したり、緊急事態宣言の発令などによって、その影響は多岐に渡ります。

世界各国でも、感染拡大の防止や、医療従事者への負担を軽減しようと「Stay Home(家にいよう)」を呼びかけており、東京都民は必然的に家で過ごす時間が増えてしまうのも事実です。

これにより、ワイドショーなどが問題視していたのが、「コロナ離婚」と呼ばれるもので、普段、家にいない夫が在宅することによって、夫婦間に亀裂が生じ、多大なるストレスがかかるというものです。

こうした在宅時にかかるストレスが溜まってしまい、牧野和男容疑者は、妻の牧野美紀さんを暴行してしまったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

牧野美紀さんのように、コロナの影響で収入が減る世帯が続出

新型コロナウイルスの感染拡大が、世間に大きな影響を及ぼしておりますが、最もダメージを食らうと言われているのが、経済です。

外出自粛などに伴い、多くの施設が営業停止や休業に追い込まれており、それに伴い休職をする人が多くなっているのも現状です。

不測の事態とはいえ、働けなくなるわけですから、当然収入は減ることは容易に想像されます。

新型コロナウイルスの影響により、今回の牧野美紀さんのように収入が減る世帯が続出するでしょう。

政府は、一世帯あたり、30万円の給付金を支給するという施策を打ち出しましたが、給付対象となる条件が非常に厳しく、世帯主の2月以降の月間収入が1月以前と比べて減少し、年収換算で個人住民税非課税の水準まで落ち込む場合のみであるとのこと。

単身世帯は年収100万円以下、専業主婦と子ども2人の4人世帯では、年収約255万円以下と、非常に厳しい条件です。

単身世帯だけで考えれば、月収に換算するとおよそ8万円であり、仮に月収17万円の人が、9万円に落ち込んだとしても、給付金を受けらないことになります。

スポンサーリンク

ネット上の反応

この事件に対して、ネット上からは様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

コロナ関係ないよ。普段から仲の悪い夫婦の喧嘩がこのタイミングでこうなっただけで。

数年前離婚していなければ私もこうなってたかも。すぐイラついてキレるし、不安が怒りになるタイプの夫だった。休みの日はずーっと飲んでるし。それなのにテレワークとか外出自粛とか考えただけで気が重くなる。
それにもしコロナになったら責められるのが目に見えてる。
それを思うと今はなんて平和︎

今後も、殺人事件 増えるのと違う? 政府が一律給付にすればいいのに… 内も収入減ってるのに貰えないし… 絶対に一律給付にしないと… 安部総理には、期待してないけど…

ただでさえ、テレワークで邪魔な旦那が家にずっとおるわけだし。
床に就くまでずーっと旦那がテレビの前から離れず、偉そうにして、周りを用務員のようにこき使って。ほんとうに迷惑です。

普段、平安に、平穏に、雨露凌げる家があり、贅沢でなくても食べる物がある事に感謝している人は、こんな事でおかしくはなりません。
恵まれてる事を当たり前だと過ごしていた人は、いざこうして少しばかり不自由になると四の五の大騒ぎしますね。

どの程度、言い争いが起きてるんでしょう?あさチャンで、アナウンサーが自分もとか言っていたけど。
こんな人たちのことまで、政府も知事も考えている様子はありませんね。一言も触れていませんから。
DVが行われていても、誰とも顔を合わさないようにしなければならないから、誰も気付いてくれないでしょうね。一度、DVをするようになると、酷くなるそうだから怖いね。

コロナの感染拡大のなかで、子供の虐待を含む、家庭内暴力は今後、更にあぶりだされるでしょう。飲酒・ギャンブル等で何とか、ストレスを発散していたような人は、気持ちが鬱積
してくるだろうしね。生活困窮者は追い詰められている

こんな時だからこそ、日常生活のありがたみに気が付く。
生きている限りまた楽しく出来るし。
この状況が一時的であることは、明らかだし、一時的な感情やお酒に呑まれるのはあまりに愚かだと思う。

スポンサーリンク

まとめ

新型コロナウイルスの影響で収入が減ると話した妻を暴行した、事件について迫ってみました。

世間では、各方面に多くの影響が出ておりますが、今後はこうした家庭内のトラブルにも発展することが容易に考えられます。

在宅勤務や、出勤停止などにより、普段は家にいないはずの夫が家にいることで、ストレスを抱える家庭も多いと聞きます。

先が見えない不安と、終息がいつのなるのか分からない恐怖、自分も感染するかもしれないという恐怖を常に戦っており、疲弊しているも十分にわかります。

普段の日常生活がどれほどありがたいものなのかが、分かるでしょう。

新型コロナウイルスでは、普段起こり得ない犯罪も発生しており、以下のような犯罪も発生しております↓

岸野尚史容疑者の顔画像を特定か?万引き常習犯で「俺はコロナだ」の発言理由が酷すぎる

いずれにしても、コロナとの戦いは長期戦とるだけに、こうした事件が増えないのを祈るばかりです。

コメント