フルカワ・ルディーポン容疑者の顔画像!夫は誰?古川絢一&紗妃さん殺害の動機が酷い!

殺人

出典:NHK NEWS WEB

東京都武蔵野市のマンションで中学生の長男(13)と小学生の長女(10)を殺害したとして、母親フルカワ・ルディーポン容疑者が逮捕されました。

今回は、フルカワ・ルディーポン容疑者の顔画像や犯行動機、日本人の夫や吉祥寺の現場などについて迫ってみたいと思います。

続報:犯行後の異常行動や、義母の衝撃の言動が明らかに↓

フルカワ・ルディーポンの顔画像が判明?殺害後の異常行動や、義母の衝撃の言動についても

スポンサーリンク

事件概要

日本経済新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

23日午前11時20分ごろ、東京都武蔵野市吉祥寺本町のマンションの一室で男子中学生と女子小学生が死亡しているのが見つかった。警視庁組織犯罪対策2課は同日、近くの交番に自首したタイ国籍の会社員で母親のフルカワ・ルディーポン容疑者(41)を殺人の疑いで逮捕した。

同課によると、ルディーポン容疑者は任意の調べに対し、単身赴任中の夫と離婚に関するトラブルがあり、「子どもを取られるくらいなら殺そうと思った」という趣旨の話をしたという。

逮捕容疑は23日午前7時30分ごろ、武蔵野市吉祥寺本町のマンションの一室で長男で中学1年の古川絢一君(13)と長女で小学4年の紗妃さん(10)の首や肩を包丁や果物ナイフで傷つけて殺害した疑い。

同課によると、同日午前11時すぎ、ルディーポン容疑者が吉祥寺駅近くの交番に「子どもを殺した」と自首してきたという。駆けつけた警察官が寝室でうつぶせに倒れている絢一君とリビングであおむけに倒れている紗妃さんを発見した。いずれも刃物傷があり、失血死したとみられる。絢一君の近くには血の付いた包丁が落ちていた。

現場はJR吉祥寺駅から北東に200メートルの繁華街。

出典:日本経済新聞

続報:犯行後の異常行動や、義母の衝撃の言動が明らかに↓

フルカワ・ルディーポンの顔画像が判明?殺害後の異常行動や、義母の衝撃の言動についても

スポンサーリンク

フルカワ・ルディーポン容疑者について

名前:フルカワ・ルディーポン

年齢:41歳

職業:会社員

在住:東京都武蔵野市吉祥寺本町

フルカワ・ルディーポン容疑者は、23日午前7時半ごろ、武蔵野市の自宅のマンションで、長男の絢一さんと長女の紗妃さんを刃物で刺し、殺害した疑いで逮捕された人物です。

フルカワ容疑者に対しては「何があったのだろうか。周りに相談できる人はいなかったのだろうか。
国籍や言語が違うからなどの理由も影響してそうな気がする。」などの意見が寄せられております。

続報:犯行後の異常行動や、義母の衝撃の言動が明らかに↓

フルカワ・ルディーポンの顔画像が判明?殺害後の異常行動や、義母の衝撃の言動についても

スポンサーリンク

フルカワ・ルディーポン容疑者の顔画像は?インスタやTwitterは?

フルカワ・ルディーポン容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、フルカワ・ルディーポン容疑者の顔画像は公開されておりませんでした。

そこで、フルカワ・ルディーポン容疑者の顔画像に関し、インスタグラムやTwitterなどのSNSを中心に調べを進めてみました。

しかしながら、フルカワ・ルディーポン容疑者のアカウントに関する情報は発見できず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

続報:犯行後の異常行動や、義母の衝撃の言動が明らかに↓

フルカワ・ルディーポンの顔画像が判明?殺害後の異常行動や、義母の衝撃の言動についても

スポンサーリンク

フルカワ・ルディーポン容疑者の犯行動機は何?親権を争っていた?

では、フルカワ・ルディーポン容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、フルカワ・ルディーポン容疑者は警察の調べに対して、「子どもを夫に取られるぐらいなら殺してしまおうと思った」と、容疑を認める供述をしていると言うことです。

親権を取られたくないが故に、子供を殺害するというのは全く意味がわかりません。

この動機なのであれば、夫の方を殺害してもおかしくありませんが、子供のことを嫌いだったのでしょうか?

ですが、親権を取られたくない一心で殺害しているあたりに、独占欲などを感じてしまいますから、子供のことを愛するが故の犯行だったとも言えます。

続報:犯行後の異常行動や、義母の衝撃の言動が明らかに↓

フルカワ・ルディーポンの顔画像が判明?殺害後の異常行動や、義母の衝撃の言動についても

スポンサーリンク

フルカワ・ルディーポン容疑者の自宅である現場マンションがこちら

では、現場となった自宅マンションは一体どこだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であったということです。

出典:NHK NEWS WEB

こちらを調査してみた結果、以下のような場所であることが判明しました。

現場は、東京都武蔵野市吉祥寺本町一丁目22-5にある「サンウッド吉祥寺フラッツ」というマンションの2階であります。

「ヨド吉」の愛称で親しまれる家電量販店・ヨドバシカメラマルチメディア吉祥寺店のすぐ裏手にあるマンションで、JRや京王井の頭線の吉祥寺駅から徒歩5分圏内にある、非常に人通りも多く、人気のエリアに建つマンションであります。

続報:犯行後の異常行動や、義母の衝撃の言動が明らかに↓

フルカワ・ルディーポンの顔画像が判明?殺害後の異常行動や、義母の衝撃の言動についても

スポンサーリンク

フルカワ・ルディーポン容疑者の夫は誰?離婚危機の原因とは

親権争いをしていたと言う、フルカワ・ルディーポン容疑者と夫の男性。

夫との間で離婚と子どもの親権をめぐり、トラブルがあったということですが、フルカワ・ルディーポン容疑者の夫は一体誰だったのでしょうか?

夫は、確実に古川という苗字を名乗っていることは確かでありますが、名前や顔画像などの詳しい情報は公開されておらず特定するにも至っておりませんので、こちらに関してはわかり次第、追記します。

殺害の動機にも繋がる、夫婦間の離婚の危機でありますが、その原因は何だったのでしょうか?

離れた場所で暮らす夫との間での、離婚話が持ち上がっていたそうで、そもそも別居中だったと言うことになります。

やはり、タイ国籍であるということで、日本の生活や文化、食生活、価値観などが合わなかったのか、夫の借金トラブルや浮気、不倫問題などの女性スキャンダルが絡んでいたのかもしれません。

続報:犯行後の異常行動や、義母の衝撃の言動が明らかに↓

フルカワ・ルディーポンの顔画像が判明?殺害後の異常行動や、義母の衝撃の言動についても

スポンサーリンク

フルカワ・ルディーポン容疑者に殺害された子供について

フルカワ・ルディーポン容疑者によって殺害されてしまったのは、中学1年生の古川絢一さん(13歳)と、小学校4年生の古川紗妃さん(10歳)であります。

吉祥寺のマンションに在住していたということで、フルカワ・ルディーポン容疑者や夫らはそこそこお金を持っていたのかもしれません。

その恩恵を受けて、亡くなった古川絢一さんと古川紗妃さんは、もしかすれば裕福な暮らしをしていたという可能性も

これからの将来、たくさん楽しいことが待っていたという矢先に、その楽しみを自らの母親によって奪われてしまうのは、どのような心境なのでしょうか?

時期的に、大規模な休校の措置が取られているため、自宅待機をせざるを得ない訳でありますが、古川絢一さんと古川紗妃さんとのお別れが、このような形となってしまうのは、同級生からすれば非常に悲しく、ショックを隠せない出来事でしょう。

何れにしても、亡くなった古川絢一さんと古川紗妃さんには心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

続報:犯行後の異常行動や、義母の衝撃の言動が明らかに↓

フルカワ・ルディーポンの顔画像が判明?殺害後の異常行動や、義母の衝撃の言動についても

コメント