浅野正容疑者の顔画像を特定!文教大学の准教授で犯罪心理学を専攻し、妻殺害の動機は?

浅野正容疑者殺人

出典:FNN

16日夕方頃、埼玉県さいたま市浦和区にあるさいたま県庁前で、浅野法代(あさの・のりよ)さんが殺害されるという殺人事件が発生しました。

今回は、この事件で逮捕された浅野正容疑者の顔画像や勤務先の文教大学での准教授についてや、動機、現場などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

共同通信他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

16日午後6時ごろ、さいたま市浦和区高砂3の埼玉県庁前路上で、「40代ぐらいの女性が刺された」と通行人の男性から119番があった。女性はさいたま少年鑑別所の職員、浅野法代さん(53)で病院に運ばれたが間もなく死亡が確認された。県警は現場にいた住居、職業いずれも不詳の浅野正容疑者(51)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕。容疑を殺人に切り替えて調べる。

県警によると、家族は2人が別居中の夫婦で、正容疑者の職業は、同県越谷市にキャンパスがある文教大の准教授だと説明。同大学は取材に対し「確認中」としている。

逮捕容疑は、法代さんの胸を刃物で刺して殺害しようとした疑い。県警によると「刺したことは間違いない」と容疑を認めている。調べに越谷市に引っ越して来たばかりだと話しているという。

現場はJR浦和駅の西約800メートルの官庁街で、県庁とさいたま地裁の間にある歩道。事件後、県警の捜査員が投光器で照らしながら路上や遺留物を調べ、一時騒然となった。

出典:共同通信

 

浅野正容疑者について

こちらが、逮捕された浅野正容疑者のプロフィールです。

名前:浅野 正(あさの・ただし)

年齢:51歳

職業:准教授

所属:文教大学

在住:埼玉県

浅野正容疑者は、16日午後6時頃、さいたま市浦和区高砂の埼玉県庁前の路上で妻で、少年鑑別所職員である浅野法代さんを殺害した疑いで逮捕された人物です。

浅野正容疑者に対しては「50も過ぎて、互いにエリートなのに、そこまでやらんでも、違う解決があったんちゃうの?はよ離婚したら、よかったと思うわ。別居する時点で、もとのサヤに戻るのは至難の技やしな。」などの意見が寄せられておりました。

 

浅野正容疑者の顔画像が文教大学のHPより判明

では、浅野正容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のように浅野正容疑者の顔画像が公開されておりました。

浅野正容疑者の顔画像

出典:ANN

やはり、感染拡大を気にしてかマスクをつけている様子が伺えますので、素顔の画像については公開されておりません。

そこで、文教大学のホームページを確認したところ、以下のように浅野正容疑者の顔画像が公開されておりました。

浅野正容疑者の顔画像

出典:文教大学

スポンサーリンク

浅野正容疑者と妻・浅野法代さんは、別居中だった

浅野正容疑者によって殺害されてしまったのは、妻の浅野法代さんであるとのことです。

名前:浅野 法代(あさの・のりよ)

年齢:53歳

職業:さいたま少年鑑別所の職員

在住:さいたま市浦和区

浅野法代さんは、浅野正容疑者の妻として知られる人物で、さいたま少年鑑別所に勤務する法務省の職員でありました。

夫である浅野正容疑者とは別居中だったのだそうで、家族がいるとの情報もあります。

スポンサーリンク

浅野正容疑者の犯行動機は何?離婚の話が上手くまとまらなかった?

では、浅野正容疑者の犯行動機は何だったのでしょうか?

別居中だったということを前述しましたが、もしかすれば、離婚などの話が上手くまとまらなかったということも十分に考えられるでしょう。

その結果、離婚したい側と離婚したくない側の意見が割れてしまし、結果的に刺して殺害してしまったのかもしれません。

浅野正容疑者は、非行や犯罪の発生のメカニズムを心理学的に探求している大学の准教授であるということですが、自分の行動心理についてはどのように分析をするのでしょうか?

スポンサーリンク

浅野正容疑者は文教大学越谷キャンパスの准教授で、犯罪心理学を研究していた

そんな、浅野正容疑者でありますが、文教大学の越谷キャンパスで准教授を務める人物であります。

浅野正准教授

出典:文教大学

また、文教大学越谷キャンパスの教員紹介ページには、以下のようにプロフィールも書かれてありました。

岐阜県で生まれ育ち、大学から東京に出てきました。大学時代は様々な分野の本を乱読しましたが、その中で「無意識の発見―力動精神医学発達史―」という本に出会い、心理学の面白さを知りました。大学院時代は、複数の臨床現場にかかわり関心領域を広げましたが、卒業後環境が変わるとそのほとんどが途絶えました。やはり研究テーマは、5年先10年先まで続けられるものを選ぶべきだと思いました。
大学院後、少年鑑別所と刑務所で12年間勤務しました。非行少年や犯罪者の心理アセスメントが主たる業務です。一時期ロールシャッハテストに没頭しました。当時ある臨床心理士の先生から、「ロールシャッハテストを勉強していることは分かるが、それ以外に何ができるのか」と聞かれ、答えに窮したことを覚えています。折しも、アメリカの大学院に留学する機会に恵まれ、自らの専門領域を広げられました。留学中は主に、被害者支援について研究しました。海外で異文化に適応しようとする努力を通じて、自らも成長できたと思います。他人と異なっていることに不自然さを感じないアメリカ人の気質にも共感を覚えました。
公務員を辞め、大学教員になりました。これまでの経歴を生かし、社会的な視点を大切にした研究を心がけています。被害者支援を中心とした、社会的な実践活動にも力を入れています。

出典:文教大学越谷キャンパス

浅野正容疑者は、犯罪者に関わる心理を勉強するために、刑務所などで12年の勤務をしていたということですが、まさか自分が犯罪者になるとは夢にも思わなかったでしょう。

灯台下暗しというか、心理学者であっても自分の心理をコントロールすることは難しいのではないかと思います。

被害者支援を中心として社会的活動にも注力しているそうですが、浅野正容疑者の妻・浅野法代さんのご遺族に対しては、どのような支援をしていくつもりなのでしょうか?

スポンサーリンク

浅野正容疑者の経歴がすごい!エリートで、教え子からの評判も良かった

そんな浅野正容疑者でありますが、凄まじい経歴を持っているということで、ご紹介します。

  • 一橋大学社会学部卒業
  • 横浜国立大学教育学研究科修士課程修了
  • 少年鑑別所や刑務所に勤務(1995年4月~2003年7月)
  • 南イリノイ大学大学院(刑事司法)修士課程修了(2003年8月~2005年5月)
  • 刑務所に勤務(2005年1月~2007年3月)
  • 文教大学の准教授として勤務(2007年~)

一橋大学とは、文系であれば旧帝大と肩を並べるほど難関であることで知られる大学で、国立大学の中でも非常に有名な大学です。

その後、横浜国立大学などを修了するなど、非常にすごい経歴を持っていることが伺えます。

エリートであるがゆえに、悩みなどがあったのでしょうか?

また、元教え子と思われる人のツイートによれば、良い教授であったとのことで、評判も良かったのだとか。

スポンサーリンク

Twitter上の反応

この事件に対して、Twitter上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

まとめ

犯罪心理のスペシャリストの殺人事件について、まとめてみました。

自分は、普段から犯罪の心理や犯罪者の行動心理を研究しているとのことですが、自分の犯罪についてはコントロールできなかったのでしょう。

教え子からの評判も悪くなったとのことで、その動機がますます気にあるところであります。

いずれにしても、亡くなった浅野法代さんには、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

大学教授による犯罪についてはこちらから

 

大野和男教授の顔画像がこちら!覚せい剤所持の理由や大学に隠し通せた原因も!

コメント