浅野正容疑者の顔画像を特定か?犯行動機は猟奇的な通り魔ではなく、痴情によるもつれ?

殺人

出典:NHK NEWS WEB

16日午後6時ごろ、さいたま市浦和区高砂3丁目にある、さいたま地裁前で女性が刺される殺人未遂事件が発生し、浅野正(あさの・ただし)容疑者が逮捕されました。

今回は、浅野正容疑者の顔画像や犯行動機、さらには被害女性との関係性などについて迫ってみたいと思います。

続報:浅野正容疑者の顔画像が特定されました↓

浅野正容疑者の顔画像を特定!文教大学の准教授で犯罪心理学を専攻し、妻殺害の動機は?

スポンサーリンク

事件概要

NHK NEWS WEB他、メディア各局が以下のようなニュースを封じ、話題となっています。

16日夕方、さいたま市浦和区の路上で、女性が胸などを刃物で刺されて病院に運ばれましたが、死亡しました。
警察は、現場にいた51歳の男を殺人未遂の疑いでその場で逮捕し、詳しい状況を調べています。

16日午後6時ごろ、さいたま市浦和区の路上で、女性が男に刃物で刺されたと近くを通りかかった人から警察に通報がありました。
警察官が駆けつけたところ、女性が胸などを刺されて倒れていて、病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。
女性の身元は確認されていませんが、警察などによりますと40代くらいとみられるということです。
警察は、女性の近くにいた住所・職業いずれも不詳の浅野正容疑者(51)を殺人未遂の疑いでその場で逮捕しました。
調べに対し「刺したことは間違いない」と容疑を認めているということで、警察は今後、容疑を殺人に切り替えて2人の関係や当時の状況について詳しく調べることにしています。
現場は裁判所と埼玉県庁がある官庁街の一角の歩道です。

出典:NHK NEWS WEB

続報:浅野正容疑者の顔画像が特定されました↓

浅野正容疑者の顔画像を特定!文教大学の准教授で犯罪心理学を専攻し、妻殺害の動機は?

スポンサーリンク

浅野正容疑者について

こちらが、逮捕された浅野正容疑者のプロフィールです。

名前:浅野 正(あさの・ただし)

年齢:51歳

職業:不詳

在住:不明

浅野正容疑者は、16日午後6時頃、さいたま市浦和区高砂の埼玉県庁前の路上で、40代の女性を刃物で刺し、死なせたとした逮捕された人物です。

浅野正容疑者に対しては「県庁前の午後六時なんて帰宅する人とか人通りがあるんじゃないのかね。それを刺し殺すなんて恐ろしいの一言ですね。」などの意見が寄せられておりました。

続報:浅野正容疑者の顔画像が特定されました↓

浅野正容疑者の顔画像を特定!文教大学の准教授で犯罪心理学を専攻し、妻殺害の動機は?

スポンサーリンク

浅野正容疑者の顔画像を特定か?

では、浅野正容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、浅野正容疑者の顔画像は公開されておりませんでした。

現行犯逮捕の場合、メディアは裏付け証拠や確固たる証拠がないために、容疑者の顔画像を公表することは稀であります。(よっぽどの凶悪犯か、指名手配犯、もしくは警察から提供されている場合を除く)

そのため、浅野正容疑者の顔画像について、ネット上で調べてみることにしました。

しかしながら、浅野正容疑者の顔画像に関しては公開されておらず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

続報:浅野正容疑者の顔画像が特定されました↓

浅野正容疑者の顔画像を特定!文教大学の准教授で犯罪心理学を専攻し、妻殺害の動機は?

スポンサーリンク

浅野正容疑者の犯行動機は何?通り魔的な犯行か?

では、浅野正容疑者犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、浅野正容疑者は警察の調べに対して「刺したことは間違いない」と容疑を認める供述をしているということです。

通り魔事件の犯人の心理として、以下のようなものが考えられます。

  • ストレスの発散
  • 猟奇的な殺人鬼
  • 特定の人物への怨恨

通り魔犯の心理として「むしゃくしゃしてやった」「ストレス発散のためにやった」「人を傷つけてみたかった」などの心理が隠されているといい、大方はストレス発散によるものであると言われております。

今回の浅野正容疑者に関しても、上記のいずれかが当てはまるのではないでしょうか?

特定の人物への恨みであった場合、被害女性とは面識があった可能性が出てくるのですが、そこら辺に関しても詳しく調査が必要であります。

続報:浅野正容疑者の顔画像が特定されました↓

浅野正容疑者の顔画像を特定!文教大学の准教授で犯罪心理学を専攻し、妻殺害の動機は?

スポンサーリンク

浅野正容疑者が殺人を犯した現場はこちら

では、浅野正容疑者が殺人を犯した現場は一体どこだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であったということです。

出典:JNN

こちらを調査してみた結果、以下のような場所であることが判明しました。

現場は、埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目16-45にあるさいたま地方裁判所のすぐ前の道路で、「県庁前」というバス停の近くでもあります。

国道463号線沿にありますので、埼玉県の行政の中心地として知られる、場所であります。

続報:浅野正容疑者の顔画像が特定されました↓

浅野正容疑者の顔画像を特定!文教大学の准教授で犯罪心理学を専攻し、妻殺害の動機は?

スポンサーリンク

浅野正容疑者は猟奇的な殺人鬼?被害女性とは男女トラブルがあった可能性が

カッとなって刺したのか、それとも誰でもよかったのか分かりませんが、刺し後に興奮状態ではなく冷静に「刺したことに間違いない」という供述をしているあたりに、浅野正容疑者の猟奇性を感じざるを得ません。

人を殺めた直後であると、興奮状態で話すことができないという容疑しがいる一方で、自分のしたことと決別しようと、現実逃避をする人物も少なからずいるのだそうです。

しかしながら、冷静になって自分の犯行を分析しているあたり、猟奇的な殺人鬼であった可能性も十分に考えられます。

殺人を犯す人に、まともな人間がいるとは考えにくいですが、少なくともカッとなって衝動的に刺したわけではなさそうですので、浅野正容疑者の犯行動機には注目が集まるでしょう。

テレ朝などの報道を見ていると、男女トラブルいわゆる痴情のもつれだったという可能性も浮上しております。

16日午後6時すぎ、さいたま市浦和区の歩道で「刺された女性がいる」と通報がありました。女性は病院に救急搬送されましたが、詳しい容体は分かっていません。警察が現場に駆け付け、近くにいた男を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。男女トラブルとみられ、警察が事件の経緯を調べています。

出典:ANN

痴情のもつれであれば、刺されて亡くなった女性は浅野容疑者の交際相手か配偶者である可能性も考えられます。

続報:浅野正容疑者の顔画像が特定されました↓

浅野正容疑者の顔画像を特定!文教大学の准教授で犯罪心理学を専攻し、妻殺害の動機は?

スポンサーリンク

Twitter上の反応

この事件に対して、Twitter上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

いずれにしても、亡くなった40代の女性には、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

続報:浅野正容疑者の顔画像が特定されました↓

浅野正容疑者の顔画像を特定!文教大学の准教授で犯罪心理学を専攻し、妻殺害の動機は?

スポンサーリンク

現在でも未解決の殺人事件についてはこちらから

 

小森寛子さん殺人事件の犯人は、トートサイクル住吉店の客?口コミが悪評だらけで、恨みを買った?

コメント