萩原辰也容疑者の顔画像がこちら!施錠された被害女性のアパートに侵入した方法が衝撃的

萩原辰也の顔画像性犯罪

出典:NNN

アパートの一室に侵入し、寝ていた女性にわいせつな行為をしたとして、萩原辰也(はぎわら・たつや)容疑者が逮捕されました。

今回は、萩原辰也容疑者の顔画像や犯行動機、犯行の手口や、余罪などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

日テレニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを封じ、話題となっています。

東京・江戸川区でアパートの一室に侵入し、寝ていた女性にわいせつな行為をしようとしたとして、会社員の男が逮捕された。男は「通勤途中に見かけてタイプだった」などと話しているという。

警視庁によると、会社員の萩原辰也容疑者は去年10月、江戸川区のアパートの一室に侵入し、寝ていた20代の飲食店従業員の女性にわいせつな行為をしようとした疑いが持たれている。

2人に面識はなく、萩原容疑者は玄関の鍵をこじ開けて部屋に侵入していて、調べに対し「通勤する途中に見かけてタイプだったので狙った」などと話し、容疑を認めているという。

また、「周辺で同様の犯行を複数した」という趣旨の供述もしているということで、警視庁が裏付けを進めている。

出典:NNN

スポンサーリンク

萩原辰也容疑者について

こちらが、逮捕された萩原辰也容疑者のプロフィールです。

名前:萩原 辰也(はぎわら・たつや)

年齢:43歳

職業:会社員

在住:東京都江戸川区

萩原辰也容疑者は、2019年10月、東京都江戸川区のアパートの一室に侵入し、寝ている女性に対してわいせつな行為をしたとして逮捕された人物です。

萩原辰也容疑者に対しては「ドアをこじ開けて侵入して、同様の手口複数?鍵技師かなんか?」などの意見が寄せられておりました。

スポンサーリンク

萩原辰也容疑者の顔画像が公開される

では、萩原辰也容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、萩原辰也容疑者の顔画像が以下のように公開されておりました。

出典:NNN

新型コロナの感染拡大を受けて、被疑者であったとしてもマスクの着用を促しているため、萩原辰也容疑者もマスクを着用しております。

スポンサーリンク

萩原辰也容疑者の犯行動機は何?美人だけを狙った犯行の可能性

では、萩原辰也容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、萩原辰也容疑者は警察の調べに対して「通勤する途中に見かけてタイプだったので狙った」と容疑を認める供述をしております。

つまり、通勤途中からすでに目星をつけていたということになるのです。

これを踏まえると、被害者の女性は美人だった可能性がありますが、その人に対してわいせつな行為をしようと考えるのは、よっぽどねじ曲がった性癖をしているのではないかと推測されます。

ムラムラしていたのか、もしくは単純に好意を抱いていただけなのか。

いずれにしても、わいせつな行為をする事は許されませんが。

スポンサーリンク

萩原辰也容疑者はどうやって侵入した?被害女性は施錠をしていたにも関わらず…

萩原辰也容疑者は、鍵のかかったアパートのドアから侵入を試みているという事ですが、どのような手口で侵入をしたのでしょうか?

無理やりこじ開けたという表現が報道機関からされておりましたが、その方法とは以下のようなことが考えられます。

  • バンプキーの使用
  • はりがね、ハンガーの使用
  • ピッキング
  • クレジットカードなどの、カード類の使用

バンピングと呼ばれる手法は、バンプキー特殊なキーをシリンダーに差し込み、ある一定の衝撃を加えることで開錠する手法のことで、これらは簡単に出来るのだそう。

また、はりがねやハンガーなどを使用してこじ開ける方法や、鍵穴にピッキング道具を入れるなどの手法もあるそうです。

さらに、クレジットカードなどを差し込むという方法もあるそうですが、これアパートの外部鍵を開錠する手法としては用いられません。

無理やりこじ開けるということに、相当な執念を感じますが、最終的には気合で行ったのかもしれません。

スポンサーリンク

ネット上の反応

この事件に対して、ネット上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

まあ、気持ちはわかる。
ただ現実に実行してはダメです。
空想の中で楽しみましょう。
なんでもできちゃいます。

施錠してても侵入されるなんて…
これ以上の自衛なんてできないよ。
どうすればいいんだよ。

美人は大変だね
やっぱ生きていくのに不美人の方が幸せだよね

こういう認知の歪んだ加害者を安易にまた出さないで欲しい。次の被害者が出るだけ。

熊やライオンなら一目見れば逃げられるが、性犯罪加害者は一目では判断できない。
しかも鍵をこじ開けるのであれば被害者に逃げ場所すら無い。

女性を守る法や、仕組みが増えるにつれて、ワイセツな犯罪も増えている。
あと独身の割合が増えてるのも原因の1つだと思う。

「通勤する途中に見かけてタイプだったので狙った」
にしても、家まで特定しちゃうんだから、恐ろしい奴

と言うより気持ち悪い奴

スポンサーリンク

 

まとめ

江戸川区で発生したわいせつ事件についてまとめてみました。

タイプだったから犯行に及んだということですが、決して許される行為ではありません。

性犯罪についてはGPS機能をつける、もしくは去勢をさせるなどの再犯防止策を講じなければいけないなどの議論が毎回されております。

倫理、人権などの面から、これらの再発防止策の実現は厳しい一方で、被害者に対するケアや配慮がないのも現状です。

性犯罪に限らず、犯罪者に対して優しいと言われる日本の司法でありますが、その根本から見直す時期が来ているのかもしれません。

スポンサーリンク

同時期に発生している性犯罪についてのニュースがこちら

 

尾崎健二容疑者の顔画像がこちら!「池袋25」のマスクの意味や、レイプの余罪についても

コメント