鰓呼吸の火事の原因は何?麻布十番商店街の火元となる現場判明で、火災発生当時の様子も

麻布十番火事火事

出典:NNN

12日昼前、東京・麻布十番商店街にある飲食店「鰓呼吸(えらこきゅう)」から火災が発生しました。

今回は、、東京・麻布十番商店街にある飲食店「鰓呼吸(えらこきゅう)」の火事・火災の原因や、出火時の現地の様子などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

麻布十番商店街の飲食店で火事

NHK NEWS WEB他、メディア各局が以下のようなニュースを封じ、話題となっています。

12日昼前、東京・麻布十番の飲食店で火事があり、周辺には煙りが立ちこめ、消防が現在も消火活動に当たっています。

12日午前11時前、港区・麻布十番の2階建ての飲食店から火が出ていると消防に通報がありました。
東京消防庁によりますと、消防車など32台が出て消火活動にあたっていますが、火元とみられる飲食店の2階部分およそ20平方メートルが焼けたほか、隣接する建物2棟にも延焼しているということです。
これまでのところ、けが人や逃げ遅れの情報は入っていないということですが、現場周辺には煙りが立ちこめ、騒然としています。
現場は地下鉄の麻布十番駅のすぐ近くにある商店街の一角で、周辺は飲食店などが密集しているほか、各国の大使館や寺院なども建ち並んでいる地域です。

現場を通りかかった47歳の男性がスマートフォンで撮影した映像では、商店街に隣接する建設中とみられるマンションの最上階まで炎があがり、黒い煙があがっています。

出典:NHK NEWS WEB

スポンサーリンク

麻布十番商店街の火事の火元となる火災現場は、居酒屋の「鰓呼吸」?

では、麻布十番商店街の火事の火元となる、火災現場は一体どこだったのでしょうか?

Twitterなどの情報によれば、飲食店の「鰓呼吸」というところからの出火であるそうです。

「鰓呼吸 麻布十番商店街店」は、東京都港区麻布十番2丁目3-2にある大衆居酒屋で、麻布十番の他に、埼玉県の大宮や、東京・中目黒、東京・品川、沖縄県那覇市、沖縄県石垣市など、全国各地にチェーン展開するお店として知られております。

「良い魚 良い肴 良い酒菜 良い酒場」をコンセプトに、「全国各地の産地とお客様を鰓呼吸という店で繋ぐ」と使命としながら、お客様にサービスと美味しいお魚を提供しているお店であります。

麻布十番火事

出典:NNN

また、Twitter上にはこのような意見も。

「鰓呼吸」のすぐ後ろには、ビスコビルと呼ばれるビルがあり、ここのテナントであるパブからの出火ではないかという意見なのです。

実際、2016年にはビスコビルに入っていた中華食堂「エリート食堂」から出火をしたことがあるそうです。

どちらが出火元だったのでしょうか?


スポンサーリンク

鰓呼吸の火事・火災の原因は何?

もし仮に、この麻布十番商店街の火事の火元が、「鰓呼吸」だった場合、その火災原因は一体何だったのでしょうか?

報道機関などは、2階部分が黒く焦げた店が出火元と見ていることから、「鰓呼吸」が出火元とみて、間違いないと思われますが、その原因についてははっきりと分かっておりません。

「鰓呼吸」では、鍋用のカセットコンロが置かれていたり、浜焼き用のミニコンロなどがありますので、そういったコンロや火の元の管理が十分でなかったために、出火した可能性は十分に考えられます。

鰓呼吸 内装

出典:食べログ

もしくは、ガス漏れなどによって引火した可能性もありますし、昼過ぎということで、従業員が仕込みの最中であり、休憩中にタバコを吸って、その処理が上手くいかずに出火した可能性も考えられるでしょう。

スポンサーリンク

鰓呼吸の火事!火災発生当時の麻布十番商店街の現地の様子は?

Twitter上には鰓呼吸の火事が発生した当時の様子や、現地の様子などが公開されておりますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

まとめ

麻布十番商店街での火事について、まとめてみました。

「鰓呼吸」という居酒屋からの出火だった場合、その原因は数多く考えられますが、厨房がないと考えられる2階部分からの出火であるということで、おそらく前述した原因なのではないかと推測されます。

現在では消火に向かっているとのことで、鎮火してから詳しい原因を調べるとは思うのですが、人が多く集まる昼間の麻布十番での家事であるだけに、一層の波紋が広がることでしょう。

スポンサーリンク

火災に関するニュースがこちら

 

首里城の火事が中学生の焚き火と放火はデマ!近藤チャンネルYouTuberが犯人で炎上

コメント