山口正文容疑者の顔画像が判明か?ブラジル人夫婦殺人の動機は、借金トラブルか?

殺人

出典:SBS

静岡県菊川市で2月、ブラジル人夫婦が刃物で殺傷された事件で、山口正文(やまぐち・まさふみ)容疑者が逮捕されました。

今回は、山口正文容疑者の顔画像や犯行動機、犯行現場と被害者との関係性について迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

時事通信社ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

静岡県菊川市でブラジル国籍の夫婦が刃物で襲われ、夫の派遣社員デ・ソウザ・マルコスさん(44)が死亡し、妻(43)が負傷した事件で、県警菊川署捜査本部は10日夜、殺人と殺人未遂容疑で、同県御前崎市佐倉の派遣社員山口正文容疑者(64)を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。
逮捕容疑は2月17日午後7時半ごろ、マルコスさん宅で、刃物で刺すなどしてマルコスさんを失血死させ、妻に全治2週間のけがをさせた疑い。
捜査本部によると、山口容疑者とマルコスさんは同じ工場に勤務していた。犯行に使われた刃物は見つかっていない。同本部が動機などを調べている。

出典:時事通信社

スポンサーリンク

山口正文容疑者について

こちらが、逮捕された山口正文容疑者のプロフィールです。

名前:山口 正文(やまぐち・まさふみ)

年齢:64

職業:派遣社員

在住:静岡県御前崎市佐倉

山口正文容疑者は、2月17日午後7時半頃、菊川市赤土のブラジル人派遣社員デ・ソウザ・マルコスさんを殺害し、その妻であるタカハシ・デ・ソウザ・クリスチャーニ・マリーさんを負傷させたしたとして逮捕された人物です。

スポンサーリンク

山口正文容疑者の顔画像が判明か?

では、山口正文容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、山口正文容疑者の顔画像などは公開されておりませんでした。

そこで、ネット上の掲示板(5ちゃんねる、爆サイ.com)などを中心に、調べを進めてみたのですが、こちらに関しては、詳しい情報は公開されておらず、特定するにも至っておりませんので、分かり次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

山口正文容疑者の犯行動機は何?怨恨や、職場での借金トラブルが原因か?

では、山口正文容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、山口正文容疑者は警察の調べに対する認否を明らかにしておりません。

亡くなった、ブラジル人派遣社員デ・ソウザ・マルコスさんと山口正文容疑者は、同じ工場に勤務していたということで、その工場は静岡県牧之原市にあったそうです。

職場の同僚による殺人事件であるということで、おそらく怨恨や職場でのトラブルが原因で殺害に至ったのではないかと考えられます。

職場でのトラブルというのは、例えば、金銭の貸し借りなどの借金トラブルでしょう。

貸した金が返ってこない、もしくはその逆で返して欲しいとせがまれるのが嫌で殺害をしてしまったということも考えられます。

スポンサーリンク

山口正文容疑者が殺害をした現場の住宅がこちら

では、山口正文容疑者が殺害をした現場の住宅で、被害者のマルコスさんが住んでいたという自宅は一体どこだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であるということです。

出典:FNN

出典:ANN

こちらを調査してみた結果、以下のような場所であることが判明しました。

現場は、静岡県菊川市赤土1311にある住宅で、工場や事業者などが点在する地域であります。

スポンサーリンク

山口正文容疑者の殺人には強い殺意が!計画的な犯行の可能性も

この事件が発生した際、静岡のSBSなどが報じたニュースによれば、以下のように報じられておりました。

近くの人によると住宅の南側にある会社の敷地内でも血痕らしきものが見つかったということです。

マルコスさんの傷が深かったことや仕事の帰りを待ち伏せしていたとみられることなどから、逃げた男は強い殺意を持って計画的に犯行に及んだ可能性もあり、警察は逃走経路についても慎重に調べを進めています。

出典:SBS

つまり、山口正文容疑者は計画性があったということになるのです。

仕事の帰り際を待ち伏せしているという時点で、計画的であるのは間違いありませんし、傷の深さからも殺意の強さが伺えるでしょう。

その他にも、逃走経路をしっかりと確保していたなども計画性の部分に大きく関わってくると思われます。

スポンサーリンク

まとめ

ブラジル人夫婦の殺人事件について、その犯人や現場などをまとめてみました。

殺害を計画的に実行していたとなれば、よほど何か逆鱗に触れるものがあったのだと思われますし、強い怨恨が関係している可能性は十分に考えられるでしょう。

同じ工場に勤務している同僚から刺されてしまうということで、被害者のマルコスさんも恐怖を感じたに違いありません。

マルコスさんを知る人物の話によれば、「楽しい人。こんにちは、おはよう、元気といつも心配してくれる。」などの意見もあることから、人間関係でのトラブルはなかったようにも感じられます。

何れにしても、亡くなったデ・ソウザ・マルコスさんには、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

同時期に発生している未解決の殺人事件についてはこちら

 

諏訪部則子さんを殺害した犯人は知人男性?自宅住所も判明で、名前や顔画像についても

コメント