林あゆみ(岐阜市正木)の顔画像がSNSから判明か?動機は育児ノイローゼで、元旦那についても

事件

出典:Twitter

9日朝、岐阜市でアパート2階のベランダから4歳の長男を投げ落とした殺人未遂の疑いで、32歳の母親である林あゆみ容疑者が逮捕されました。

今回は、林あゆみ容疑者の顔画像や犯行動機、育児ノイローゼなどの可能性、団体職員という職業についても迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

共同通信他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

岐阜北署は9日、アパート2階にある自室のベランダから長男(4)を投げ落としたとして、殺人未遂の疑いで、母親の団体職員林あゆみ容疑者(32)=岐阜市正木=を逮捕した。

岐阜北署によると、長男は額を打撲したり、唇を切ったりして軽傷。林容疑者は「子育てや家事で疲れてしまった」と供述、容疑を認めているという。

逮捕容疑は9日午前7時ごろ、自室のベランダから4.5メートル下のアスファルトの駐車場に長男を投げ落とした疑い。

出典:共同通信

 

林あゆみ容疑者について

こちらが、逮捕された林あゆみ容疑者のプロフィールです。

名前:林 あゆみ

年齢:32歳

職業:団体職員

在住:岐阜県岐阜市正木

林あゆみ容疑者は、2020年3月9日午前7時ごろ、自宅アパート2階のベランダから4歳の長男を投げ落とした殺人未遂の疑いで逮捕された人物です。

ちなみに、林あゆみ容疑者に対しては「よっぽど追い詰められてたんでしょうね。母親は完璧ではありません。誰しもが虐待と隣り合わせです」などの意見が寄せられておりました。

スポンサーリンク

林あゆみ容疑者の顔画像がSNSから判明か?Instagram、facebook、Twitterアカウントは?

では、林あゆみ容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、林あゆみ容疑者の顔画像などは公開されておりませんでした。

そこで、Instagramやfacebook、Twitterなどの各種SNSを中心に調べを進めてみることにしました。

ですが、林あゆみ容疑者のものと思われるアカウントは発見することが出来ず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては、詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

林あゆみ容疑者の犯行動機は何?育児ノイローゼの可能性も

では、林あゆみ容疑者の犯行動機は一体なんだったのしょうか?

報道機関の発表によれば、林あゆみ容疑者は警察の調べに対して「子育てや育児に疲れていた」という趣旨の供述をしていることが明らかとなっております。

林あゆみ容疑者の犯行に関してでありますが、育児ノイローゼだった可能性が浮上します。

育児ノイローゼとは、育児にかかわるストレスの影響で、精神的に不安定になってしまう状態のことを指す言葉で、様々な要因でなると言われております。

産後うつから育児ノイローゼに発展する場合も多く、一般的にマタニティブルーなどの様に女性のホルモンバランスの崩れが原因であるとのことです。

後述しますが、シングルマザーだったという可能性があり、誰にも育児の相談をできなかったことで、1人で追い詰めてしまい、結果的にうつ状態に近い形で長男を突き落としたのではないかとも考えられるでしょう。

スポンサーリンク

林あゆみ容疑者はシングルマザーだった!結婚した元・旦那や父親は誰?

東海テレビなどが報じた記事によれば、林あゆみ容疑者はシングルマザーだった可能性が浮上します。

警察によりますと、林容疑者は長男とアパートで2人で暮らしていて、調べに対し容疑を認めた上で「子育てや家事で疲れていた」という趣旨の供述をしています。

出典:東海テレビ

2人暮らしだったそうで、そのことが育児のストレスをため込む原因にもなったのでしょう。

「子はかすがい」ということわざもある通り、夫婦にとって子供というのはいい意味で風通しを良くする潤滑剤のような役割を果たしますが、ことシングルマザーや片親にとっては、ストレスの原因ともなり得るのです。

では、結婚した元・旦那や、長男の父親は誰なのでしょうか?

林あゆみ容疑者は32歳ということで、4年前に出産をしているのですが、現在のところ、林あゆみ容疑者の結婚した元旦那や父親に関しては特定できておりませんので、分かり次第、追記します。

スポンサーリンク

林あゆみ容疑者の職業の団体職員とは?

林あゆみ容疑者でありますが、団体職員というあまり聴き慣れない職業に従事しております。

団体職員ですが、これは営利団体と公務員を除いた組織で働いている人のことを指す言葉で、 独立行政法人、国立大学法人、公立大学法人、第三セクター、財団法人、社団法人、社会福祉法人、医療法人、学校法人、宗教法人、農協、漁協、生協、NPO法人、などで働く人のことを指しております。

民間企業とは違い、「営利を第一に追求しない」ことが特徴であるこれらの法人であり、その法人に職員として働いていたのが、林あゆみ容疑者なのです。

スポンサーリンク

ネット上の反応

この事件に対して、ネット上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

全員が全員、助けてって声に出せないからこういう事件が起きるんだろうなぁ。
1人で悩まないでって言うけど、結局のところ相談しても中々難しい。
だからってやって良いことではないんですけどね。

こういうことをされても、子供の母への愛は無条件で深いから、愛されたくって痛い思いを麻痺させてまでママ、ママって近づいていくんだろうなぁ。

そしてこれから母がどうしようもなくて、引き離されて施設に行っても、母を想う気持ちは消えなくて苦しむんだろうなぁ。憎んでも愛憎になって、子供の心を傷つける。経験者だからこそ、この救いようのないサイクルを思って、魂がシクシク痛みます。

一人で子育てするのは辛くて大変だっただろうね。子育てする親ならよくわかる。でもね、やけになって行動を起こす前に一つ深呼吸して思いとどまらないと。頭冷やすのに逮捕された事や通報してくれた隣の住民に感謝すべきだね。息子さんが無事で良かったね。

男の子の精神的なフォローをしっかりやって欲しい。
考えてみて。母親から殺されかけた一生のトラウマ。ずーと心に傷が残る。

可哀想だが親から少し離した方がよいかも。
そうすれば母親も落ち着いたら心に余裕が出来、子供と向き合いしっかり子育てが出来るだろうと思いたい。
普段からヒステリックな人だったのか?
いまの環境を作ったのは自分。
子供に一切責任はない。逆に被害者だ。

この家庭は公的機関が見守りが必要。虐待が続くようなら対応を。

背景はわからないが、またしても許されない事件が起こってしまった。どうも、日本というのは、建前ばかりが優先され、現実の対応が追いついていってないような気がする。母親を支援する体制があったとしても、現実に機能していたのか。ともあれ、男の子の命がまずは無事でよかった。

シングルマザーで、このコロナショックの到来。関係ないとは言えないと思います。
今後、まだまだこのようなトラブルが起こってしまう気がします。
なるようになる、どうにかなる、そんな時代ではない気がします。
借金やショッピングカードの利用はやめましょう。
今は借金しても返せません。返せてもすごく自分が大変になります。

一般市民は、油断して生活してしまうといっきに足元をすくわれます。

スポンサーリンク

まとめ

シングルマザーによる、事件を取り上げていきました。

何よりもまず、4歳児が無事であったことが何よりでありますが、この記憶が恐怖体験として植え付けられてしまい、トラウマとなってしまえば、今後の成長に大きな支障をきたすことでしょう。

林あゆみ容疑者はやったことは最低の行為でありますが、誰にも相談できずに悩みこみ、そのストレスが爆発してしまった結果であったすれば、非常に気の毒な結果となってしまいました。

子育てというのは、それなりにストレスがかかるものですが、それ以上に幸せや癒しなども得られる特別なものです。

何れにしても、岐阜県で発生した事件であるだけに、一層の波紋が広りそうな一件です。

スポンサーリンク

育児ノイローゼに関するニュースがこちら

 

佐藤かおり容疑者の顔画像を特定か?福島県郡山市の現場判明で、虐待動機は育児ノイローゼ?

コメント