蒲郡市のコロナばらまくぞ男、実名が伴充雅と特定か?自宅が消毒され、フィリピンパブでの動画も

事件

出典:文春デジタル

愛知県蒲郡市で新型コロナウイルスへ感染しながらも、4日夜に蒲郡市内の飲食店に立ち寄っていた50代男性。

「ウイルスばらまくぞ」と発言をしたり、「俺は陽性だ」などと発言をして波紋が広がっておりますが、この男性の実名が「伴 充雅」という名前で特定されたとの情報も公開されております。

今回は、蒲郡市のコロナウイルス感染者の実名や、伴充雅という噂の真相、飲食店での様子やその動画などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

コロナウイルスばらまいてやる 蒲郡市

共同通信ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

新型コロナウイルスに感染したと通知を受けた愛知県蒲郡市の50代の男性が、訪問先の飲食店で「ウイルスをばらまいてやる」と話していたことが7日までに、関係者への取材で分かった。

県豊川保健所や市などによると、男性はタクシーを使うなどし、4日夜に市内の飲食店2店を訪問。うち1店舗の店員が男性の発言を聞き、保健所に通報した。保健所職員が接触者に連絡するとともに、店舗内などを消毒したほか、県警蒲郡署員が防護服を着て出動するなど対応に追われた。

男性と同居する両親が発熱や呼吸困難を訴えて2日に入院、3日に感染が確認されていた。男性は4日に遺伝子検査で陽性と判明、自宅待機を指導されていた。現在、医療機関に入院しているが、目立った症状はないという。

出典:共同通信

 

スポンサーリンク

蒲郡市のコロナウイルス感染者に対し、批判の声が殺到

蒲郡市のコロナウイルス感染者でありますが、「ウイルスばらまいてやる」というニュアンスの言葉を話していることが明らかとなりました。

蒲郡市の50代の男性は4日、検査で陽性と確認された後、受け入れ先の医療機関が見つかるまで自宅待機するよう要請されていましたが、それを無視して一人で市内の飲食店を訪れていました。

その後の警察への取材で、男性は自宅を出る前、家族に「ウイルスをばらまいてやる」などと話していたことが新たにわかりました。

出典:東海テレビ

常軌を逸しているとしか思えませんが、この行為に対して、ネット上では批判が続出しているのも事実です。

やはり、コロナウイルスに敏感になっている人々にとって、このような身勝手な行為というのは怒りを買いますし、もし自分の周りにこのような人がいたとすれば、迷惑極まりないために、批判が殺到するのも無理はありません。

 

スポンサーリンク

蒲郡市のコロナばらまくぞ男、実名が伴充雅と特定?

では、そもそも蒲郡市の「コロナばらまくぞ男」は、一体誰だったのでしょうか?

Twitterやネット掲示板(5ちゃんねる)などには、すでに蒲郡市の「コロナばらまくぞ男」の実名が特定されている模様です。

そして、この伴充雅さんという方なのですが、前科があるということです。

▼恐喝

1月18日蒲郡署は恐喝の疑いで、市内三谷町の無職伴充雅(54歳)と工場従業員の長男直樹(31歳)を逮捕した。
逮捕容疑は、11月12日に市内の男性派遣社員(30歳)の家を訪問し「おまえの椅子をずる音がうるさい、殺すぞ、引越し代を払え」などと脅迫して現金3,000円を脅しとったため。
男性派遣社員と両容疑者は同じ建物内の隣に住んでいて容疑は認めている。

出典:東日新聞

▼ひき逃げ

蒲郡署は4日までに、自動車運転過失傷害と道交法違反の容疑で同市三谷町の会社員、伴充雅容疑者(49)を逮捕、送検した。

出典:蒲郡通信

爆サイ.comや、5ちゃんねるなどのネット掲示板でも、伴充雅さんがこの蒲郡市のコロナばらまき男ではないかということを示唆する投稿が数多くされておりますので、伴充雅さんが今回の犯人なのかもしれません。

ですが、実際のところ信ぴょう性が高いとも言えず、伴充雅さんと断定する情報ではありませんので、あくまで噂程度であることをご了承ください。

しかしながら、伴充雅さんの自宅が消毒されているという情報もあり、もしこれが事実であれば、信ぴょう性はグンと高くなること思います。

 

スポンサーリンク

蒲郡市のコロナばらまくぞ男・伴充雅が訪れたフィリピンパブは「You&Me」

報道機関の発表によれば、飲食店の店名などは明らかにされておりませんが、Twitter上には防護服を着た職員の姿が映し出された写真が拡散されており、その写真からフィリピンパブに立ち寄った可能性が浮上しました。

この写真から、蒲郡市のコロナウイルス感染者はフィリピンパブ「カラオケ喫茶You&Me」に立ち寄った?可能性が浮上したのです。

現場は愛知県蒲郡市元町9-2 1階にある「カラオケ喫茶 YOU&ME」というカラオケスナックであり、フィリピンパブであるそうです。

その隣の居酒屋、「丸愛酒場」などにも行っていたという情報も寄せられております。

愛知県警の防護服を着ている人が写っている姿と、フィリピンパブ「カラオケ喫茶 YOU&ME」の外観が一致していることから、特定されてしまったのです。

スポンサーリンク

蒲郡市のコロナばらまくぞ男、フィリピンパブでの犯行現場が動画から判明

蒲郡市のコロナばらまくぞ男でありますが、週刊文春の取材によって、犯行現場が明らかとなりました。

そして、その様子がYouTube上で公開されております。

この50代の男性に対して、お店の人は以下のように話しております。

「その男性が『コロナウイルスをばらまく』と言い残し、自宅から飲みに出たとの情報が共通の知人からまわってきたんです。慌てて店のスタッフに確認させると、本人が『俺は陽性だ』と認めたので、すぐに退店させるとともに、保健所と警察に通報しました」

出典:週刊文春

いきなりウイルスをばらまく、という風に発言するのは不安を煽るだけでありますし、決して心地の良いものでありません。

これに対して、高須クリニックの高須克哉院長も「大馬鹿者! 要請では駄目だ。自宅待機を強制できんのか 命令できんのか! 理解できんのか。病人や老人にとって、このおっさんは歩く凶器なんだよ。わかれよ」とTwitterで怒りをあらわにしているほか、多くの著名人らも、TV番組で意見を述べております。

蒲郡市のコロナばらまくぞ男、フィリピンパブでの言動の理由は酒癖の悪さが原因

この蒲郡市のコロナばらまくぞ男でありますが、日頃から酒癖が悪く、お店側は防犯カメラなどを設置するなどして、対策をしていたそうです。

そのため、今回のような動画が撮影出来たわけです。

お酒が入ると、気が大きくなる性格だったようで、何か気に入らないと、大きな声を張り上げるなど荒々しい態度になる、コロナばらまき男。

今回の「ウイルスばらまくぞ」という発言も、もしかすれば酒癖の悪さから来ていたのかもしれません。

何れにしても、陽性なのに飲みに行き、「コロナウイルスばらまくぞ」と発言をした人物であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

新型コロナで炎上したニュースがこちら

 

富田優史(デマ犯人)の現在は、全く反省をしていなかった?過去の事例から逮捕される可能性も

コメント