米子医療生協でデマを流した職員は富田優史と特定!悪質なメルカリの転売ヤーだった

事件

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、トイレットペーパーが品薄になるなどデマ情報をSNSなどで拡散したとして、米子医療生協の職員が関与していることが明らかとなりました。

今回は、米子医療生協でデマを流した人物が誰なのか?犯人が富田優史さんという情報や、その根拠、転売ヤーが理由であるなどについて迫ってみたいと思います。

続報:富田優史さんの個人情報が流出や、現在全く反省していないことが明らかとなりました↓

富田優史(デマ犯人)の現在は、全く反省をしていなかった!過去の事例から逮捕される可能性も

スポンサーリンク

米子医療生協がデマを謝罪

スポーツ報知他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

米子医療生活協同組合は3日、同組合の職員が「トイレットペーパーが品薄になる」というデマの投稿者の1人だったとして公式サイトで謝罪した。

サイトでは理事長名義で「職員の不祥事のご報告とお詫び」を掲載。「このたび、『新型コロナウィルスにかかわりトイレットペーパーが品薄になる』旨の事実とは異なる誤った情報のSNSへの投稿者の1人が、当組合の事業所に勤務する職員であることが判明しました」「当組合の職員の極めて不適切な行為により多くの皆様方にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。当該職員には当組合の規定に照らして厳正な対応を検討いたします」としている。

先月27日頃からツイッターなどで「中国のトイレットペーパー工場が止まったらしい。入手困難になる」などのデマが拡散。トイレットペーパーやティッシュペーパーを買いだめする客が相次ぎ、安倍首相が同29日の会見で「トイレットペーパーはほぼ国内生産。十分な供給量と在庫が確保されている」と冷静な対応を呼び掛ける事態に発展した。現在もドラッグストア、スーパーマーケットなどで品薄状態が続いている。

出典:スポーツ報知

続報:富田優史さんの個人情報が流出や、現在全く反省していないことが明らかとなりました↓

富田優史(デマ犯人)の現在は、全く反省をしていなかった!過去の事例から逮捕される可能性も

スポンサーリンク

デマを流した職員のいる米子医療生協について

こちらが、米子医療生協の詳細です。

公式ホームページによれば、医療生協とは「安心してかかれる病院がほしい」「自分も健康でいたい」そんな地域の願いをかなえるために出資金を持ち寄って医療機関、介護施設を運営する、住民が主人公の生協法人であるとのことです。

要するに、組合員によって出資された出資金で米子市の診療所やクリニックなどの医療施設を建設したり、運営したりしているという組織になります。

今回の不祥事に関しては、公式ホームページなどで謝罪文を掲載しておりました。

 

出典:米子医療生協

続報:富田優史さんの個人情報が流出や、現在全く反省していないことが明らかとなりました↓

富田優史(デマ犯人)の現在は、全く反省をしていなかった!過去の事例から逮捕される可能性も

スポンサーリンク

米子医療生協でデマを流した職員は富田優史と特定

では、米子医療生協でデマを流したという職員は一体誰だったのでしょうか?

米子医療生協のホームページなどを見ると、「誤った情報のSNSへの投稿者の1人が」という文言を掲載しております。

つまり、たくさんデマ情報を拡散する人がいる中の1人が、この職員に該当するということになるのです。

そして、ネット上で囁かれているのが、富田優史(とみた・ゆうじ)さんという人物です。

この、富田優史さんでありますが、自身のFacebookなどに「コロナで品薄になる品予測を根拠付きでお伝えします。」との投稿をしているのです。

出典:Facebook

これは明らかなデマなのですが、なぜこの富田優史さんが、今回の米子医療生協のデマの犯人であるかというと、Facebookのプロフィール欄に、「医療生協職員」やTwitterの投稿に「米子市」ということが書いているからです。

▼医療生協の職員である証拠

▼位置情報が鳥取県米子市

上記のTwitterは、富田優史さんのものであり、Facebookと同じような文言を投稿しておりますが、ツイートの位置情報が鳥取県米子市であることから、まず間違いなく富田優史さんがトイレットペーパーのデマ情報を流した犯人であるとみて間違いないでしょう。

続報:富田優史さんの個人情報が流出や、現在全く反省していないことが明らかとなりました↓

富田優史(デマ犯人)の現在は、全く反省をしていなかった!過去の事例から逮捕される可能性も

スポンサーリンク

米子医療生協でデマを流した犯人!富田優史のデマの理由は転売目的?

そんな富田優史さんでありますが、デマを流した理由は転売目的だったのではないかということです。

富田優史さんは、フリーの介護士として働く傍、メルカリなどで転売を行っており、Amebloで「喜楽屋通信」というものと営んでおりました。

出典:Ameblo

この、喜楽屋通信などを運営していた富田優史さんですが、メルカリの転売屋だったということを暴露されておりました。

つまり、転売目的でデマを流し、先に買い占めておいて品薄になった状態で、メルカリで高額商品を売りつけるという手法をとっていたことになります。

これが事実であれば、マスクなども高額転売していた可能性も十分に考えられますよね?

続報:富田優史さんの個人情報が流出や、現在全く反省していないことが明らかとなりました↓

富田優史(デマ犯人)の現在は、全く反省をしていなかった!過去の事例から逮捕される可能性も

スポンサーリンク

Twitter上の反応

この米子医療生協のデマに関して、Twitter上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

続報:富田優史さんの個人情報が流出や、現在全く反省していないことが明らかとなりました↓

富田優史(デマ犯人)の現在は、全く反省をしていなかった!過去の事例から逮捕される可能性も

スポンサーリンク

トイレットペーパーのデマ拡散!責任の所在はどこにある?

このトイレットペーパーのデマ拡散に伴って、もちろん悪いのは最初に投稿した富田さんであるとは思いますが、それを拡散せたり、その情報に踊らされたりして、実際に買い占めを行った人物にも責任はあると思います。

情報ソースをしっかりと確かめたり、確認するなどのネットリテラシーがない人物が、このようなデマ情報に踊らされるわけですから、米子医療生協でデマを流した犯人の富田優史さんは、そうした情報弱者をうまく利用しているとも考えられます。

新型コロナウイルス対策で大切なのは、マスクや手洗いうがいなどの物理的な予防方法の他に、このように情報を精査して信ぴょう性のある情報を手に入れたり、調査するというリサーチ力も大切なのではないでしょうか?

続報:富田優史さんの個人情報が流出や、現在全く反省していないことが明らかとなりました↓

富田優史(デマ犯人)の現在は、全く反省をしていなかった!過去の事例から逮捕される可能性も

スポンサーリンク

新型コロナウイルスに関するニュースがこちら

 

サザンクロス大分でコロナに感染したキャバ嬢は誰?キャスト一覧から名前や顔画像も判明?

コメント