岩田健太郎(医師)はデマ?クルーズ船批判動画をあげるも、Twitterでは政府による印象操作が

国内NEWS

出典:Twitter

新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号の船内に、災害派遣医療チームの一員として向かった、岩田健太郎医師がYouTubeで船内環境を批判する動画を公開をし、物議を醸しております。

今回は、岩田健太郎医師のYouTube批判動画の内容や、デマと真っ先に出るTwitterの印象操作の真相などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

岩田健太郎医師がYouTube動画でクルーズ船を批判

神戸新聞NEXT他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

新型コロナウイルスによる肺炎の集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」内に、災害派遣医療チーム(DMAT)の一員として18日に入った神戸大病院感染症内科の岩田健太郎教授が、「感染対策がほとんどなされておらず、心の底から怖いと思った」などと訴える動画をインターネットで配信している。岩田教授は対策の徹底を厚生労働省に進言したが、その日のうちに船外に出されたとしている。

岩田教授は、アフリカのエボラ出血熱や中国の重症急性呼吸器症候群(SARS)などにも対処してきた経験を持つ。動画によると、船内からの助けを求める声を受けて18日、DMATとして乗船。「ウイルスの有無による区域分けという鉄則さえできておらず、熱がある人が歩いて自室から医務室に行くなどということが行われている」と船内の様子を語った。

「医療従事者の身を守るというのは大前提なのに、私自身が感染していてもおかしくない」と感じたという。その上で「どんなに手袋などがあっても、安全でない場所を区別できていないと何の役にも立たない」と訴えた。不用意に患者とすれ違うこともあったという岩田教授は、「自分自身を隔離し、診療も休んで家族とも会わずにいないと危ないのでは」という認識も示した。

また、船内に常駐している感染対策の専門家が1人もいないと指摘。「中で対処している医療従事者が自分の病院に戻った際に、院内感染が広がってしまいかねない」と警鐘を鳴らした。

出典:神戸新聞NEXT

スポンサーリンク

岩田健太郎医師のYouTube動画とは?

岩田健太郎医師のYouTube動画は、2020年2月18日に公開されたもので、こちらがその動画です。

こちらを要約すると、以下のようになります。

  • この仕事を20年間やってエボラやSARSにも携わって来たが過去一番の恐怖を覚えた
  • 感染症に感染しない方法をプロである私は知ってるがクルーズ船内では私が感染してもおかしくない
  • 船内はグリーンゾーン、レッドゾーンの棲み分けも無く全領域汚染されている
  • 他の感染症専門家が一日で出てきたらしいがこの環境なら怖くて出てくるのは当たり前
  • 厚労省の官僚が全て仕切っており私のような専門家の助言に全く聞く耳を持たず追い出されてしまう
  • 船内には感染症専門家が一人も居ない
  • クルーズ船の乗員から直接SOSを受けいろんな筋を辿って協力することに
  • 現場は想像以上に物凄く酷かった アフリカ以下の防御体制 確実に検疫官や職員の感染を生んでしまう 
  • 今まで見たなかでも相当酷い
  • ここまで酷い理由は検疫の方針を厚労省の何も知らない素人が決めているから
  • 「このままだと職員の感染も生んで相当にヤバい状態」と提言すると「なんでお前にそんなこと 
  • 言われなくちゃならない?」と厚労省の職員に物凄く嫌な顔された。何度も提言すると1日で追い出
  • されてしまった
  • この人以外にも他の専門家はいるけど聞く耳持ってもらえないからみんな諦めてる模様

出典:痛いニュース

つまり、ものすごい悲惨な状態であり、船内はカオスだったそうです。

クルーズ船、ダイヤモンドプリンセス号の船内は、ウイルスがどこにあるのか分からない状態だったといい、ウイルスがいるかもしれないゾーン(レッドゾーン)と、安全なゾーン(グリーンゾーン)を区別してウイルスから身を守るのという鉄則すらもままならないのだとか。

これらが、ダイヤモンドプリンセス号の船内環境が劣悪であるという理由なのです。

ちなみに、ダイヤモンドプリンセス号のレッドゾーンは、このようなっていたといい、スーツ姿の人がいるなど、非常に軽装であることも伺えます。

出典:Twitter

スポンサーリンク

日本政府は無能?新型コロナウイルスに対する対応がクズすぎる

新型コロナウイルスに対して、日本政府の対応は「人混みを避けてください」という誰でも思いつくようなことを発しております。

出典:FNN

クルーズ船などの感染拡大や、日本で広がり続けるコロナウイルスの感染に対して、政府は無能であるというコメントが相次いで寄せられております。

日本政府の対応の悪さに、無能であるというコメントが相次いで寄せられております。

日本政府が無能なのでしょうか?それとも、無能な人材をトップにしてしまった国民が無能なのでしょうか?

何れにしても、水際対策がガバガバであり、ダイヤモンドプリンセスなどの対応も含めると、無能であると言えることは間違いありません。

スポンサーリンク

岩田健太郎医師がデマ?Twitterでは印象操作が

Twitterの検索窓に「岩田健太郎」という文字を入れると、真っ先に「デマ」という単語が出てきます。

出典:Twitter

こちらは、サジェストワードというもので、検索ニーズに合わせて変化するものです。

ここに「デマ」という単語が出てくるのは、Twitter社の印象操作、もしくは厚生労働省や日本政府を擁護する人々が、デマということを必死に検索したり、呟いたりしているのでしょう。

岩田健太郎医師は、感染症界では権威のある人物で、世界的にみてもトップクラスの医師であるそうです。

その医師が、厚生省の怠慢な対応を暴いてしまっては、デマと言われても仕方ありません。

ちなみに、橋本岳厚生労働副大臣は、自身のTwitterで岩田健太郎医師の動画について逆ギレしていた模様です。

スポンサーリンク

岩田健太郎医師は消される?TV出演も激減し、裏の力が働いている可能性が

岩田健太郎医師が最後にTV番組に出演をしたのは、2020年2月12日のお昼の情報番組「ミヤネ屋」です。

そして、コロナウイルスに対する厚労省の対応や日本政府の対応について疑問を投げかけていた岩田健太郎医師が、これ以降TV出演をしていなのだとか。

もちろん、スケジュール上の都合などもあると思いますが、TV番組の出演がきっかけで厚労省の対応の悪さが露呈してしまっては、批判が集中するのは間違いありませんから、それを未然に防ぎ、避けるためにも、岩田健太郎医師を出演させないようにTV局側に圧力をかけた可能性もあります。

ちなみに、「ミヤネ屋」に出演した際の視聴者の意見は、岩田健太郎医師に対して好印象のものが多く、非常に分かりやすいという意見がほとんでした。

視聴者からの圧倒的な指示がある岩田健太郎医師が、厚労省の対応を指摘すれば、一気に国への批判が高まりますので、今後、岩田健太郎医師は消されてしまうかもしれません。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスに関するニュースがこちら

 

日本生命三田ビル、コロナ感染者が確認されビルが封鎖?現地の様子からデマの可能性も

 

新型コロナに感染した東京都内のタクシー運転手は誰?名前や顔画像、感染経路についても

 

クルーズ船の現在の様子は?コロナウイルス感染の時系列まとめと、食事の様子も

 

ルイ・ヴィトンの公式インスタが「コロナウイルス」で炎上!広瀬すず、岩田剛典に対して差別発言が

 

検査拒否をした2人の実名を特定?住所は静岡在住の親子連れで、動画撮影をした理由も

 

『東京オリンピック中止』AKIRAでの予言内容とは?延期の記事がデマの可能性についても

コメント