高嶋厚(小山市幼稚園バス運転手)の顔画像!事故現場判明で、野口晃弘くんの母親が悪い?

事故

出典:NNN

栃木県小山市の市道で、1歳の男の子が幼稚園の送迎バスに事故で、警察はバスを運転していた小山市に住む高嶋厚(たかしま・あつし)容疑者を現行犯逮捕しました。

今回は、高嶋厚容疑者の顔画像や事故原因、どこの幼稚園の送迎バスなのか、事故現場などについても迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事故概要

NHK NEWS WEBほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

18日午後、栃木県小山市の市道で1歳の男の子が幼稚園の送迎バスにはねられ、死亡しました。

18日午後3時すぎ、小山市横倉新田の市道で近くに住む野口晃弘くん(1)が、幼稚園の送迎バスにはねられました。
晃弘くんは病院に搬送されましたが、頭を強く打っていて、まもなく死亡しました。
警察によりますと、送迎バスには幼稚園児など6人が乗っていましたが、いずれもけがはないということです。
これまでの調べで、送迎バスは幼稚園に通っている晃弘くんの5歳の姉を自宅近くで母親に預けて発進した直後に、バスの近くにいた晃弘くんをはねたとみられるということです。
警察は、バスを運転していた小山市に住む高嶋厚容疑者(65)をその場で逮捕し、過失運転致死の疑いで詳しい状況を調べることにしています。
現場は、JR小山駅から南におよそ5キロ離れた住宅街にある、センターラインや歩道のない道路で、警察の調べに対し高嶋容疑者は「車の周りをよく確認しないで発進してしまった」と話しているということです。

出典:NHK NEWS WEB

 

高嶋厚容疑者について

こちらが、逮捕された高嶋厚容疑者のプロフィールです。

名前:高嶋 厚(たかしま・あつし)

年齢:65歳

職業:バス運転手

在住:栃木県小山市

高嶋厚容疑者は、18日午後3時過ぎ、小山市のバスの停留所で、幼稚園の園児の送迎のためバスが発進した際、近くに住む野口晃弘くん(1歳)をはねて死亡させたとして逮捕された人物です。

高嶋厚容疑者に対しては「1歳の子供がバスの発進時にどの様にしたら轢かれるのか考えれば親の管理責任でしょ。実名晒されて犯罪者扱いって。運転手とバスと運営側がお気の毒です。」などの意見が寄せられておりました。

スポンサーリンク

高嶋厚容疑者の顔画像を特定か?

では、高嶋厚容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、高嶋厚容疑者の顔画像は、現行犯逮捕であるために公開されておりませんでした。

そこで、ネット上などを中心に調べを進めてみたのですが、高嶋厚容疑者の顔画像と思しきものは公開されておらず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

高嶋厚容疑者が事故を起こした現場が判明

では、高嶋厚容疑者が事故を起こした現場は一体どこだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であったということです。

出典:NNN

こちらを調査してみた結果、以下の場所であることが判明しました。

栃木県小山市大字横倉新田にある市道で、道幅が狭く40km/hの速度制限がかけられている場所であります。

問題となったバス停は、小山市コミュニティバスの「県営横倉第一住宅南」というバス停であり、普段は「小松グリーンタウン」と「とりせん小山東店」を結ぶ「おーバス・大谷中央線」の路線バスのバス停であるとのことです。

現場付近にはT字路があり、このT字路から飛び出してしまった結果、下敷きになったのかもしれません。

スポンサーリンク

高嶋厚容疑者の事故原因は何?前方不注意の可能性や、事故の多い時間帯だった?

では、高嶋厚容疑者の事故原因は一体なんだったのでしょうか?

前述した通り、現場付近にはT字路があり、野口晃弘くんはこのT字路から飛び出してしまった可能性が浮上します。

また、警察の調べに対して高嶋厚容疑者は、「車の周りをよく確認しないで発進してしまった」という供述をしておりますから、前方や左右などの周囲の確認不足だった可能性も考えられます。

事故が発生したのは、午後3時すぎということで、ちょうど夕方時で事故が多くなる時間帯としても知られております。

事故の多い時間帯とは?

事故が非常に多い時間帯として挙げられるのが夕方の時間帯です。

そのため、早めのライト点灯を促すトワイライト運動というのがあります。

トワイライト運動は自動車のライトを日没時より早めに点灯し、歩行者や自転車利用者、さらには他のドライバーの注意を喚起して、一日のうちで最も周囲が見えにくいと言われ、また、交通事故も多く発生している「夕暮れ時」の交通事故を防止しようとする運動のことを指します。

主には日が短くなってくる季節に適応されるといい、10月では午後5時~ 11月・12月では午後4時~からの点灯を推奨しており、その時間の事故防止を避けようと取り組んでいるのです。

もっとも、今回の事故は午後3時という時間なのですが、この時間であったとしても薄暗くなってくることは間違いありませんし、高嶋厚容疑者が65歳という高齢ドライバーであることを考えると、早めに点灯しなければならないのは、言うまでもありません。


スポンサーリンク

高嶋厚容疑者の勤務していた幼稚園はどこ?

では、高嶋厚容疑者が送り迎えを担当していたと言うバスは、どこの幼稚園だったのでしょうか?

非常に特徴的なバスの形をしていると思われます。

出典:ANN

 

高嶋厚容疑者の勤務していた幼稚園していた幼稚園に関しては、現在のところ分かっておりませんので、分かり次第、追記します。

追記:高嶋厚容疑者の幼稚園が「楠エンゼル幼稚園」と判明しました

FNNなどが報じたニュースによれば、「楠エンゼル幼稚園」であることが判明しております。

出典:FNN

楠エンゼル幼稚園と現場の位置関係は以下のようになります。

楠エンゼル幼稚園は、栃木県小山市犬塚3丁目14-2にある幼稚園で、感謝、反省、奉仕、努力の4つの心を育む教育をしているとのことです。

また、通園バスについては以下のような情報も。

通園バス5台(SL型マイクロバス4台と通常型マイクロバス1台・冷暖房完備・全席子供用シート) による送迎は、それぞれのバスコース2つに分かれ全体で1時間30分で終わり、 保育時間が十分とられております。

出典:楠エンゼル幼稚園

スポンサーリンク

Twitter上の反応

この事件に関して、Twitter上では様々な意見が寄せられておりますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

亡くなった1歳児の野口晃弘くんの母親が悪い?ネット上では批判殺到

この事故に関して、バスの運転手であった高嶋厚容疑者に批判がされる一方、亡くなった1歳児の野口晃弘くんの母親にも批判が寄せられております。

というのも、現場は野口晃弘くんの自宅の目の前であるそうで、幼稚園に通う6歳のお姉さん迎えに出た母親を追いかけて停留所に向かったところ、事故にあったそうです。

つまり、母親と一緒に野口晃弘くんは出ておらず、家に残っていたところ、追いかけて出てきて事故にあったのです。

これだけの情報を見ると、野口晃弘くんの母親の監督不行き届きではないかという意見が浮上するのも無理はありません。

現に、「母親が目を離したのが悪い。巻き込まれた運転手さんは本当に気の毒(原文ママ)」などの意見も、ネット上からは寄せられておりました。

目を離したのか、それともたまたま今日だけ晃弘くんを置いてきたのか。

家から出て行った母親を追いかけた直後、事故に巻き込まれてしまっては、自宅の目の前ですし、遺族の方はいたたまれないでしょう。

一概に母親が悪いとは言えませんが、1歳児を1人で家に置いて来たのだとすると、そこに保護者としての怠慢や過信などがあったのかもしれません。

何れにしても、亡くなった野口晃弘くんには、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

幼い子供が交通事故に巻き込まれてしまう事故についてはこちらから

 

八王子で保育園児に突っ込んだ犯人はワールドビジョンの軽トラ!運転手の名前や顔画像も判明?

コメント