四日市市東富田町で殺人事件!犯人のミャンマー人は誰?現場判明で、名前や顔画像も

殺人

出典:メ〜テレ

17日午前7時25分ごろ、三重県四日市市東富田町、広和塗装の従業員寮で殺人事件が発生し、ミャンマー人が刃物を持って逃走していることが明らかとなりました。

今回は、四日市市で発生した殺人事件の犯人のミャンマー人が誰なのか、名前や顔画像、動機と現在の居場所などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

朝日新聞デジタル他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

17日午前7時25分ごろ、三重県四日市市東富田町の会社従業員寮で、「従業員同士がけんかをして、一方が刺された」と、寮の関係者から110番通報があった。刺されたのは外国籍の男性で、背中などに刺し傷があり、死亡が確認された。県警は殺人事件として調べている。

四日市北署によると、男性を刺したとみられるのはミャンマー国籍の男。事件後に寮から姿を消し、県警が行方を捜している。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

三重県四日市市東富田町で殺人事件があった、従業員寮の現場はどこ?

この殺人事件があった現場でありますが、中日新聞によれば広和塗装の従業員寮であるということです。

17日午前7時25分ごろ、三重県四日市市東富田町、広和塗装の従業員寮で「ミャンマー人同士がケンカをして、1人が刺された」と110番があった。県警によると、室内で男性が背中を刺されて倒れており、死亡が確認された。

出典:中日新聞

広和塗装の従業員寮は、三重県四日市市東富田町28-36にあります。

こちらの従業員寮が殺人現場であるということで、ここから犯人が逃走しているということになります。

スポンサーリンク

三重県四日市市東富田町で殺人事件!犯人のミャンマー人は誰?名前や顔画像も

では、三重県四日市市東富田町で殺人事件、犯人のミャンマー人は一体誰だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、広和塗装の従業員であるということで、刺されて死亡が確認されたのは同僚であったということです。

現在のところ、このミャンマー人男性の名前や顔画像などは公開されておらず、特定するにも至っておりません。

こちらに関しては、詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

また、ミャンマー人であるということですが、近年ではミャンマー人の日本への出稼ぎがブームとなっているそうです。

記事はまず、日本では多くの労働者を必要としていることに加え、給料も良いことにより、近年ミャンマーでは日本へ出稼ぎに行くことがブームとなっていると紹介。しかし、ミャンマーでは労働者を日本に送り出す機関や企業の数は2018年までに124ほどしかなかったが、19年になって100団体も増加していて、違法な手段で日本に赴く技能実習生も多いと指摘した。

出典:livedoorニュース

こうしたことも相まって、ミャンマー人の日本での労働者が多いのだそうです。

スポンサーリンク

Twitter上の反応

この事件に対して、Twitter上では様々な意見が寄せられておりますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

三重県四日市市東富田町で殺人事件!犯人のミャンマー人の現在の居場所は?

では、この犯人は現在、どこに潜伏しているのでしょうか?

まず、現場はJR関西本線の富田駅と、富田浜駅の間に位置しておりますので、電車を使って逃走をした可能性が考えられます。

近鉄名古屋線などが走っている近鉄富田駅の利用も可能ですので、こちらに乗って四日市から鈴鹿方面、もしくは大阪方面へ逃走した可能性も十分にあり得ます。

もしくは、リトルヤンゴンと呼ばれるミャンマー人コミュニティが日本にはあり、それが東京・高田馬場駅にあるとのことですので、そこを目指したということもあり得ます。

それであれば、JR関西本線や近鉄名古屋線などで名古屋駅までいき、東海道新幹線で品川駅に向かって、JR山手線で高田馬場駅というルートを辿ることになります。

刃物を持ったままでの逃走ですので、ここまで大胆な移動経路をとるのかはわかりませんが、何れにしても、近くに潜伏している可能性もありますでの、十分な注意が必要です。

スポンサーリンク

未解決の殺人事件についてはこちらから

 

茨城殺人事件の犯人は過去に防犯カメラに映った不審な人物か?真相や不審な点を解説

コメント