東向貴志容疑者の顔画像とインスタ!動機は日常的な虐待で、交際相手の母親についても

殺人

出典:MBS

交際相手だった女性の長男に暴行を加えて死亡させたとして、東向貴志(とうこう・たかし)容疑者が逮捕されました。

今回は、東向貴志容疑者の顔画像やfacebook、Twitter、InstagramなどのSNSアカウント、動機や交際相手などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

日本経済新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

大阪市平野区で2019年、交際相手の長男(当時1)に暴行を加えて死なせたとして、大阪府警捜査1課は17日、兵庫県伊丹市荻野1、建設作業員、東向貴志容疑者(23)を傷害致死容疑で逮捕した。同課によると、「何もしていない」と容疑を否認している。

逮捕容疑は19年5月3日午後0時50分~同1時10分までの間に、当時の交際相手の女性(24)が住んでいた大阪市平野区内の集合住宅の一室で、女性の長男の中窪理斗君に何らかの暴行を加え、肝臓裂傷による失血で死亡させた疑い。

捜査1課によると、当時、女性は外出中で、室内には東向容疑者、理斗君、女性の長女(3)の3人がいた。女性が帰宅後、布団の上でぐったりしていた理斗君を見つけて119番。救急搬送されたが、翌日未明に死亡が確認された。理斗君は左ほほにあざがあり、左腕とすねの骨が折れていた。

東向容疑者は逮捕前、府警に「理斗が泣き出したので『高い高い』などをしてあやしたが、暴行はしていない」と説明していたという。

出典:日本経済新聞

スポンサーリンク

東向貴志容疑者について

こちらが、逮捕された東向貴志容疑者のプロフィールです。

名前:東向 貴志(とうこう・たかし)

年齢:23歳

職業:建設作業員

在住:兵庫県伊丹市

東向貴志容疑者は、2019年5月3日午後0時50分ころ、当時交際していた女性が住む、大阪市平野区のアパートの一室で、女性の連れ子に何らかの暴行を加え、死亡させたとして逮捕された人物です。

東向貴志容疑者の事件に関しては、「シングルマザーの方は、恋愛よりもまず子供を守る母親だと自覚して欲しい…幼い子がどれだけ怖くて痛かったか思うと虐待事件は辛過ぎる。」などが寄せられておりました。

スポンサーリンク

東向貴志容疑者の顔画像が公開される!インスタやTwitterなどのSNSも

では、東向貴志容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、東向貴志容疑者の顔画像が以下のように公開されておりました。

出典:MBS毎日放送

また、正面からの顔画像があると思われるため、facebookやTwitter、InstagramなどのSNSを中心に調べを進めてみることにしました。

すると、東向貴志容疑者のものと思われるアカウントを発見することに成功しました。

しかしながら、東向貴志容疑者のもと思われるアカウントには、鍵がかかっており、閲覧することができませんでした。

こちらに関しては、正面からの顔画像などが判明し次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

東向貴志容疑者の犯行動機は何?連れ子に対して愛情が湧かなかった可能性が

では、東向貴志容疑者の犯行動機は一体なんだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、東向貴志容疑者は警察の調べに対して「泣いたから高い高いをするなどしてあやしていた。理斗には何もしていない」と容疑を否認する供述をしております。

しかしながら、東向貴志容疑者は、交際相手の連れ子に暴行を加えているという点で、おそらくそれが原因である可能性が高くなります。

幼い子供への虐待や暴力は日本では頻繁に発生しており、先日も交際相手の連れ子に虐待をして死亡させたIHIの従業員が逮捕されるという事件も発生しております。

日本における虐待事件の多くは、連れ子が言うことを聞かないと言うストレスやさらには血が繋がっていないために心から愛せない、今後交際において邪魔になったなどの極めて胸糞悪い理由によって行われております。

妻の連れ子に対して、愛情が湧かないのも1つの理由でありますが、妻からの愛情を巡って連れ子と取り合うと言うことも虐待の理由になるそうで、過去にも義父と連れ子の関係によって、殺人事件が発生しております。

詳しくはこちらから↓

進藤悠介の顔画像を特定か?動機は日頃からの虐待で、義父と連れ子の関係に起因か?

今回の東向貴志容疑者の事件についても、連れ子に対する虐待でありますので、日常的に”邪魔な存在”と見なしており、それは血が繋がっていないからだったのではないかと考えられます。

スポンサーリンク

東向貴志容疑者の交際相手の母親は誰?

では、東向貴志容疑者の交際相手であり、中窪理斗(なかくぼ・りと)くんの母親と言われる人物は一体誰なのでしょうか?

東向貴志容疑者は、2018年4月ごろから中窪理斗くんの母親と交際をしており、その母親は長女と、長男の3人暮らしだったと言います。、

東向貴志容疑者と交際相手の母親が男女関係となっていくにつれ、週末のたびに交際相手の家に泊まりに来ていたということで、東向貴志容疑者はだんだんと家族の中に溶け込んでいったのでしょう。

事件があったとされる長男が暴行を受けたとされる時間帯には、交際相手の母親は外出していたということですが、帰宅した母親が理斗ちゃんの様子がおかしいことに気づいて119番通報をしております。

東向貴志容疑者の交際相手の母親についてですが、現在のところは名前や顔画像などは明らかとなっておりません。

しかしながら、「中窪」という姓を名乗っていた可能性もありますし、母親だけ旧姓を名乗っていたのかもしれません。

スポンサーリンク

Twitter上の反応

この事件に関して、Twitter上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

東向貴志容疑者の日常的に暴力や虐待をしていた!?

亡くなった中窪理斗くんの体には、医師いわく「相当強い力が加わらなければ起こりえない症状」があったということですが、その一方で、手足や顔には骨折やあざのあとが複数あったとのことで、日常的な虐待も視野に捜査が進められるそうです。

こうしたシングルマザーの交際相手による暴行死や虐待死事件というのは、ほぼ100%の確率で日常的な暴力が絡んでおります。

日常的にストレスのはけ口や、自分と血が繋がっていないから愛せないという理由で暴力や虐待を繰り返し、結果的にエスカレートしてしまって殺害に及んでしまうのです。

また、エスカレートしすぎると、1歳の息子にエアガンで撃つという常軌を逸した事件も発生してしまいます。

常慶雅則と常慶藍の顔画像とfacebookが判明!自宅特定で世帯収入の低さが虐待の動機

  • 収入低さ
  • ストレスのはけ口
  • 連れ子だから愛せない

こうした大人の身勝手な理由によって幼い子供が殺害されてしまうのは、あまりにも不憫であります。

子供の頃に愛情を持って育てられなかったり、DVや虐待を受けて育った子供は、その親に認められることが幸せであるということ感じますし、自分が幼い頃受けた苦痛を自分の子供にも与えてしまうという負のスパイラルを生み出してしまうのも現状です。

何れにしても、亡くなった中窪理斗くんには心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

交際相手の連れ子に虐待をして死亡させた事件がこちら

 

渡辺雄二の交際相手の母親・平石桃子の顔画像!豊洲のタワマン判明で、虐待の動機が酷すぎる

コメント