【広島県警8000万盗難事件】犯人の名前は脇本譲警部補!死因や借金、不可解な点が多すぎる

事件

出典:中国テレビ

広島県警広島中央署で2017年、特殊詐欺事件の証拠品8572万円が何者かに盗まれた事件で、事件後に死亡した男性警察官である脇本譲(わきもと・ゆずる)警部補(当時)が容疑者死亡のまま、書類送検されていたことが明らかとなりました。

今回は、脇本譲警部補の顔画像や窃盗の理由、死因や借金問題などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

毎日新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

広島県警広島中央署(広島市中区)で2017年5月、詐欺事件の証拠品として金庫に保管されていた現金8572万円の盗難が発覚した事件で、同年9月に死亡した元署員の30代の男性警部補について県警が14日に窃盗などの疑いで書類送検することが明らかになった。捜査関係者への取材で判明した。

 捜査関係者によると、警部補は17年春まで広島中央署生活安全課に所属し、現金を押収した広域詐欺事件の捜査を担当していた。同年5月に現金の盗難が発覚した後、体調を崩して休職していたが、9月中旬に広島市内の自宅で死亡したという。遺書などは残されておらず、病死とみられる。

 県警は内部犯行とみて署員ら500人以上に事情聴取する一方、借金の有無などを捜査。警部補は現金の保管状態など内部事情を知っていた上、17年春以降に多額の借金を返済していたことが判明し、捜査線上に浮上した。県警の調べに警部補は「関わっていない」と一貫して関与を否定したが、県警は借金返済の経緯などの裏付け捜査を進め、事件に関わった疑いが強いと判断した。

 盗難事件は17年5月8日、広島中央署1階にある会計課の金庫から8572万円がなくなっているのに会計課長が気付いて発覚した。金庫は鍵とダイヤルで二重にロックするタイプで、鍵を入れていた会計課長の机の引き出しが壊されていた。最後に現金が確認されたのは3月中旬~4月上旬ごろ。部屋には普段から署員の出入りがあり、盗まれた時期も特定できず、捜査は難航した。

 県警は19年4月、証拠品を適切に保管しなかったなどとして、当時の同署幹部ら7人を戒告の懲戒処分や本部長訓戒などの処分にしていた。

出典:毎日新聞

スポンサーリンク

広島県警・広島中央署で8572万円を盗難事件、犯人の名前は脇本譲

では、広島県警・広島中央署で8572万円を盗難し、死亡した警官の名前は一体何だったのでしょうか?

中国新聞デジタルの発表によれば、その名前は脇本譲警部補であるとのことです。

広島中央署(広島市中区)で2017年に広域詐欺事件の証拠品8572万円が盗まれた事件で、盗難の発覚後に死亡した広島県警の脇本譲警部補=当時(36)=が犯行に関与していた疑いが強まったとして、県警は14日、脇本警部補を容疑者死亡のまま窃盗などの疑いで書類送検した。

出典:中国新聞デジタル

脇本譲警部補について!顔画像も判明?

名前:脇本 譲(わきもと・ゆずる)

年齢:36歳(※享年)

職業:警部補(当時)

脇本譲警部補は、17年3月26日ごろ、金品を盗む目的で広島中央署1階の会計課に侵入し、据え置きの金庫から現金8572万円を盗んだとして書類送検をされた人物で、2017年9月には死亡が確認された人物です。

ちなみに、脇本譲警部補の顔画像に関しては公開されておらず、特定するに至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

追記:脇本譲警部補の顔画像が公開されました

出典:ANN

スポンサーリンク

広島県警・広島中央署で8572万円を盗難し、死亡した脇本譲警部補の死因は何?

広島県警から8572万円を盗難したという脇本譲警部補でありますが、死因は一体何だったのでしょうか?

一般的に考えられるのが、盗難の発覚と不祥事がバレるのを恐れて自殺をしてしまうというものでありますが、中国新聞などが報じた記事によれば、どうやらそのようなことは無いようです。

県警は脇本警部補の当時の自宅などを家宅捜索し、任意で事情聴取を重ねたが、脇本警部補は窃盗への関与を否定。関与を裏付ける具体的な証拠も見つからなかった。同年9月には脇本警部補が家で死亡しているのが見つかった。自殺ではなかったという。

出典:中国新聞デジタル

この最後の一文にもある通り、脇本譲警部補の死因は自殺ではないのです。

では、一体何だったのでしょうか?

考えられる点は以下のようなものがあるでしょう。

  • 病死
  • 他殺
  • 自殺の隠蔽
  • 事故死
  • 共犯者に消された

自殺ではないということで、一般的に考えらえるのが事故死や病死ではないでしょうか?

しかし、病死や事故死ならあまりにもタイミングがよすぎるため、他殺や自殺したことを隠蔽している可能性も考えられます。

「警察内部の不祥事」ということで、脇本譲警部補が亡くなって得する人物がいたと思いますし、共犯者が発覚を恐れて消したということも考えられます。

詳しい死因は言及うされておりませんが、毎日新聞などによれば体調を崩してしまったことによる病死なのではということが言われております。

▶︎2017年5月、広島県警で現金の盗難が発覚

▶︎2017年5月、脇本譲警部補が体調を崩して休職

▶︎2017年9月中旬、脇本譲警部補が死亡

この流れを見てみても、いくら病死とはいえ、その病死すらも仕組まれたものだったのではないかとすら思えてきます。

スポンサーリンク

脇本譲警部補には多額の借金が!同僚から数千万円もの借金を抱えており、ギャンブル漬けの生活?

中国新聞デジタルなどの情報によれば、脇本譲警部補には多額の借金があったということです。

捜査関係者によると、脇本警部補は同年3月まで同署に勤務し、詐欺事件の捜査に関わりがあったほか、押収された多額の現金の存在も知っていた。同僚たちに数千万円の借金をしていたほか、同年3月下旬以降、競馬や借金返済に多額の現金を使い込んでいたことが判明し、早い段階で捜査線上に浮上した。

出典:中国新聞デジタル

同僚から数千万円もの借金をすることが本当に可能なのでしょうか?

競馬やギャンブル漬けの毎日であったとしても、同僚から借金をするということは考えにくい状況です。

もしこれが事実であれば、現金8572万円の盗難の動機は、同僚への借金返済のためにやったということになるでしょう。

しかし、同僚というくらいですから、借金をしていた同じ警部補であった可能性も考えられます。

警部補の推定年収の幅は580万円~940万円でありますし、複数人から借金をしていたとしても、数千万円もの借金をすることは不可能に近いと思います。

せめて、数百万円程度でありますし、この点も、非常に不可解であります。

スポンサーリンク

脇本譲警部補が盗んだという現金は、いまだに見つかっていない

脇本譲警部補は現金・8572万円を盗難したそうですが、その現金はいまだに見つかっておりません。

この金額は、職員やOBが補填する形で、補われるということですが、盗んだのが脇本譲警部補だというのであれば、なぜ、現金は発見されないのでしょうか?

現金・8572万円というと、相当な金額でありますし、マネーロンダリングなどをしない限りは、すぐに足がついてしまいます。

銀行振込では明らかにバレてしまいますし、かといって自宅保管であったとしても、家宅捜索をされた発覚してしまうでしょう。

脇本譲警部補の死と、借金、そして現金盗難に発見されていない事実だけを見ると、広島県警は何かを隠しているとしか思えません。

スポンサーリンク

脇本譲警部補は濡れ衣を着せられた?広島県警の陰謀によって抹殺された可能性が

脇本譲警部補は生前、窃盗の事情聴取を受けた際に、一貫して「やっていない」と容疑を否認し続けて入ります。

どんな犯罪者でも否定から入ると言われておりますし、もし仮に脇本譲警部補が窃盗をしていたとしても、否定することは間違いありません。

しかしながら、脇本譲警部補が窃盗をしたという証拠は状況証拠しかなく、さらには関与を裏付ける具体的な証拠も発見されておりません。

さらに、盗んだはずの現金がないということで、脇本譲警部補の犯行ではない可能性もあるのです。

誰か別の第三者が窃盗を犯し、借金を抱えているという脇本譲警部補にその罪をなすりつけ、殺害して「容疑者死亡のまま書類送検」という、なんとも歯切れの悪い形でうやむやにしようとしたのではないでしょうか?

それであれば、脇本譲警部補は広島県警の陰謀によって抹殺された可能性が出てくるのです。

スポンサーリンク

Twitter上の反応

この不可解な事件について、Twitter上では様々な事件が飛び交っておりますので、ご紹介します。

何れにしても、亡くなった脇本譲警部補には、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

不可解な殺人事件で、未解決のものがこちら

 

茨城殺人事件の犯人は過去に防犯カメラに映った不審な人物か?真相や不審な点を解説

コメント