「松江認定こども園(あさひ園)」園児の豆まき死亡事故の原因は?保育士は未然に防げた可能性が

事件

出典:松江認定こども園

松江市東朝日町の「松江認定こども園(あさひ園)」で3日、節分の行事中に園児がが豆を喉に詰まらせて死亡していたことが明らかとなりました。

今回は、「松江認定こども園(あさひ園)」の豆まきでの死亡事故の原因や、誤飲は未然に防げた可能性などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

「松江認定こども園」で園児が豆を喉に詰まらせ、死亡

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

松江市東朝日町の「松江認定こども園」で3日、節分の豆まき行事の際に園児(4)が豆をのどに詰まらせ、窒息死していたことがわかった。島根県警が事故原因を調べている。

市子育て政策課によると、3日午前、豆まき中に園児1人が突然苦しみだし、職員が119番通報した。運ばれた病院で死亡が確認され、死因は大豆が気道に詰まったことによる窒息だった。市は8日に園に調査に入るとともに、市内109の保育施設(認可外を含む)に対し、誤嚥(ごえん)に気をつけることなど国のガイドラインに則した注意喚起をしたという。

園の堀越幸徳園長(58)は取材に「このような事故を起こし、心より深くおわび申し上げる。警察が捜査しているので詳しい内容は差し控える」と話した。

消費者庁によると、2010年12月~17年12月末、豆やナッツ類を原因とする14歳以下の子どもの誤嚥事故が医療機関から27件報告され、うち25件を3歳以下が占めたという。

気道が狭く、かむ力やのみ込む力が十分でない子どもが豆やナッツ類を食べると、気管支炎や肺炎を起こしたり窒息したりする恐れがあるとして、同庁は3歳ごろまでは食べさせないよう注意を呼びかけている。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

松江認定こども園について

こちらが、松江認定こども園の詳細です。

昭和31年に開設してから60年を迎え、松江市内の中でも歴史ある保育所です。施設は平成15年春に全面改築し、平成27年春には改修工事を行い、乳幼児の健全育成にふさわしい環境も整い、二世代入所児童も多くなりました。保護者の皆様と連携を密にしながら、家庭における子育てをサポートする場として、児童を明るく、温かく受け入れ、0歳児から就学前まで一貫性のある保育を行っています。

出典:松江認定保育園

「松江認定保育園(あさひ園)」は、島根県松江市東朝日町232にある保育所として知られ、0歳〜5歳児までを預かっていることで知られております。

「公益財団法人鉄道弘済会」が運営をしており、1956年12月1日に開業した歴史ある由緒正しい保育所としても有名です。

スポンサーリンク

松江認定こども園の口コミや評価は?

松江認定こども園の口コミや評価に関しては、ネット上に掲載されておりませんでした。

しかしながら、お茶の稽古や食育など、幅広い教育に力を入れているということです、公正・中立な立場にある専門機関による第三者評価も非常に高い園であることが伺えます。

▼松江認定こども園 第三者評価の受審結果

  • 理念・保育方針(保育目標)が明文化され、職員が一丸となって養育の一体保育に向 けて取り組まれている。
  • 保育運営においては、事業本部(支部)との連携や役割・機能が明確にされ、中・長 期の経営指標である事業計画書(保育サービス関連及び財務諸表・監査関連含む)策定 による施設運営が行われている。

スポンサーリンク

松江認定こども園の園児の豆まき死亡事故!原因は何だったのか?

では、松江認定こども園での園児の豆まき死亡事故。

その原因とは一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、節分の行事として園児が職員と一緒に豆まきを行っていた際に、4歳の男の子が誤って大豆を喉に詰まらせてしまったということです。

つまり、誤嚥(異物を誤って飲むこと)が原因だったと思われるのですが、その際に保育園に勤務する保育士らは何をしていたのでしょうか?

スポンサーリンク

松江認定こども園の園児の豆まき死亡事故!保育士は適切な仕事をしていた?

認定こども園においては、国が定める基準により算定した数の職員を確保し、適宜配置する必要があります。

4〜5歳児に対しては、おおむね30人に1人の保育者が必ず必要で、その保育者とは、幼稚園の教員の免許状を有する者もしくは、保育士であることが必要です。

松江認定こども園の保育士の状況を見てみると、2019年5月の時点で保育士は19人おり、主任・主幹が2人、栄養士が1人、調理師が2人、看護師が1人という構成になっております。

そして、保育所に該当するという「2号」・「3号」に認定されている児童の入所者数は、4歳児で20人となっておりますから、少なくとも1人が必ず見ていたことになるでしょう。

4歳児といっても、誤飲の可能性が低いわけではありませんし、誤って口に運んで喉に詰まらせてしまうこともあると思いますので、その辺を注意深く見なければなりませんし、徹底した注意喚起が必要だったと思います。

適切な管理のもとに豆まきの行事が行われていたかどうかは、分りませんが、事故が起きてしまった以上は、遺族の方は園の運営方針や保育士の当時の仕事ぶりに対して疑問を抱くことでしょう。

スポンサーリンク

豆まきは、本物の大豆である必要があったのか?未然に防げた可能性が

この事故に対して、ネット上からは様々な意見が飛び交っておりますが、その中でも多かったのが、豆まきは本物の大豆である必要があったのかということです。

保育園などでは季節ごとの行事やイベントをしっかりとしなければならず、節分の豆まきに関しても例外ではありません。

しかしながら、本来、豆まきで使用する本物の大豆というのは、粒が小さく、今回のように誤飲の事故に繋がってしまいますから、豆まきの豆は別のもので代用するケースが多いそうです。

このように誤飲防止のために、大きなアルミホイルなどを代用しているケースも多く、これであれば手作りで出来ますし、食料廃棄などのリスクもありませんから、経済的です。

こうしたアルミホイルや新聞紙で代用するなどといった対策をしていれば、今回のような誤飲事故は発生しなかったのではないでしょうか?

何れにしても、亡くなった園児には心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

保育園の事故に関するニュースがこちら

 

メラミンスポンジでやけどを負った園児の母親はモンペ?ネイルで炎上した理由が酷い

コメント

テキストのコピーはできません。