【武蔵野音楽大学付属高校】殺人未遂事件の犯人は誰?動機は恋愛トラブルで、彼氏を寝取られた?

殺人

出典:JNN

埼玉県入間市中神の武蔵野音楽大学付属高校で6日、女子生徒が同級生の別の女子生徒から刺され、重傷を負うという事件が発生しました。

今回は、武蔵野音楽大学付属高校での殺人未遂事件の犯人や、女子生徒の名前と顔画像、同期の交際関係のトラブルなどについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

TBSニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

埼玉県入間市の高校で、3年生の女子生徒が同級生を包丁で刺して殺害しようとしたとして、警察に逮捕されました。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、入間市にある武蔵野音楽大学附属高校の3年生の女子生徒(18)で、6日午後1時前、同級生の女子生徒(18)を保健室に呼び出し、左脇腹を包丁で刺し殺害しようとした疑いが持たれています。刺された女子生徒は重傷ですが、命に別状はないということです。

学校によりますと、事件当時は昼休みで、悲鳴を聞いた教員が保健室に駆けつけると、1人が床に倒れ、もう1人が包丁を持って立ち尽くしていたということです。2人は同じクラスで、ともに打楽器を専攻していて、「トラブルは確認されていない」としています。

取り調べに対し女子生徒(18)は、「刺したことに間違いありません」と話していて、警察は動機などを詳しく調べる方針です。

出典:TBSニュース

スポンサーリンク

殺人未遂事件があった「武蔵野音楽大学附属高校」について

こちらが、殺人未遂事件があった「武蔵野音楽大学附属高校」の詳細です。

武蔵野音楽大学附属高校は、埼玉県入間市大字中神728にある私立の高校であり、学校法人武蔵野音楽学園が運営をしております。

西武池袋線仏子駅より徒歩5分という好アクセスな立地条件であり、日本でも数少ない音楽科を設置している学校です。

埼玉県内の高校であれば、以下の5つの高校しか「音楽科」を設置しておりません。

  • 埼玉県立芸術総合高等学校
  • 埼玉県立松伏高等学校
  • 埼玉県立大宮光陵高等学校
  • 武蔵野音楽大学附属高等学校
  • 東邦音楽大学附属東邦第二高等学校

音大の付属高校ということで、偏差値はそこまで高くないのですが、音楽家を目指す人を育成するには十分すぎる環境が整っており、校内コンサートや校外コンサートなども充実しております。

武蔵野音楽大学附属高等学校(音楽科)は、「〈和〉のこころ」を建学の精神とし、「音楽芸術の研鑽」と「人間形成」を教育方針と定めているということで、協調性に富む優れた人格の育成を目指しているそうです。

殺人事件が発生して、武蔵野音楽大学附属高校がある入間キャンパスは、東京ドーム約8個分の広大な敷地の中に、グラウンド、テニスコート、学寮などの各施設があり、それぞれが木々の緑の中に配置されている自然豊かなキャンパスとしても有名です。

自然の中にあるからこそ、芸術的な感性や心豊かな人格が育まれるのだそうです。

スポンサーリンク

武蔵野音楽大学付属高校での殺人未遂事件の犯人は誰?名前や顔画像は?

では、武蔵野音楽大学付属高校での殺人未遂事件の犯人は一体誰だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、武蔵野音楽大学付属高校に通う3年生の女子生徒であるということで、東京都練馬区に在住しているということです。

武蔵野音楽大学付属高校には、男子寮と女子寮があり、女子寮である「むらさき寮」は東京都練馬区の江古田にあるそうです。

殺人未遂事件の犯人の女子生徒が、練馬区に在住しているということで、もしかした同校の女子寮に住んでいたのかもしれません。

18歳ということで、未成年でありますから、この事件の犯人である女子生徒の名前や顔画像などは公開されておらず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。


スポンサーリンク

武蔵野音楽大学付属高校での殺人未遂事件の犯人の動機は?男女関係のトラブルだった!

では、武蔵野音楽大学付属高校での殺人未遂事件の犯人の動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、男女関係のトラブルが確認されたということです。

その後の捜査関係者への取材で、逮捕された女子生徒は取り調べに対して「男女交際でトラブルがあって許せなかった」という趣旨の供述をしていることが分かりました。2人は同じクラスで、同じ楽器を担当していました。

出典:ANN

男女交際でのトラブルということで、考えられるのが彼氏の浮気などでしょう。

犯人の女子生徒と交際をしていた男子生徒が、被害者の女子生徒と浮気をしてしまい、それが寝取られたと勘違いしてしまった結果、刃物でさすという凶行をしてしまったのではないでしょうか?

だとすれば、非常に残念な結果であります。

二人は、同じクラスで同じ楽器を担当するなど親密な関係にあったからこそ、一人の男性をめぐる行為が許せなかったのかもしれません。

スポンサーリンク

武蔵野音楽大学付属高校での殺人未遂事件の犯人には強い殺意が!

犯人の女子生徒は、被害にあった女子生徒を保健室に「話がある」と言って呼び出し、犯行に及んでいるのですが、その後の警察の調べでは「殺そうと思ってやった」と容疑を認める供述をしております。

このことから分かるのが、被害女子生徒に対する強い殺意であります。

同級生に対して、これほどまでに強い殺意を覚えるのは、よっぽど何かあったのだと思われます。

一般的に考えれば、異常な行為ですし、この犯人はこれから何十年も殺人未遂をしたという重い十字架を背負って生きていかなければなりません。

もちろん、人は誰でも過ちを犯しますし、それを反省して次に活かすようにしなければならないのですが、人を殺める行為に繋がることを”過ち”と一括りにしてしまってはいけません。

この犯人の女子生徒には、強い殺意でもって殺害しようとする前に、思いとどまって冷静になる時間はなかったのでしょうか?

スポンサーリンク

Twitter上の反応

この事件に関して、Twitter上では様々な意見が寄せられておりますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

同時期に発生している事件についてはこちらから

 

山下量平のマスクとサングラス無しの顔画像!FC2動画の内容と、200人を撮影した手口がヤバい

コメント

テキストのコピーはできません。