高倉和樹容疑者の顔画像を特定か?0歳児へ高温の液体をかけた動機は、日常的な虐待だった

殺人

出典:NHK NEWS WEB

2018年10月、ひたちなか市で当時生後8か月の次女の顔にやけどをさせたとして、28歳の高倉和樹(たかくら・かずき)容疑者が逮捕されました。

今回は、高倉和樹容疑者の顔画像や、犯行動機、死亡との関連性や、日常的な暴力の有無についても迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

共同通信他、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

茨城県警は4日、2018年10月に生後8カ月の次女の顔にやけどを負わせたとして傷害容疑で、同県ひたちなか市はしかべ2、会社員、高倉和樹容疑者(28)を逮捕した。県警によると、容疑を否認。次女は約1カ月半後に頭部骨折などの大けがを負って死亡しており、関連を捜査している。

逮捕容疑は18年10月5日午後4時40分ごろから午後10時20分ごろまでの間に、当時住んでいた市内の自宅アパートで、高温の液体のようなもので次女の顔面に全治約10日間のやけどを負わせた疑い。

県警によると、10月6日に母親が市内の病院に連れて行き、診察を受けそのまま帰宅。11月17日に高倉容疑者から119番があり、次女は意識不明の状態で水戸市内の病院に搬送された。頭部に骨折があったことなどから病院が県警と児童相談所に連絡。次女は5日後に死亡した。栄養状態に問題はなかった。

次女には姉(3)がいて、一家は4人暮らしだった。県中央児相は取材に対し、「11月17日に病院から通告を受けて初めて把握した家庭で、これ以前に関わりはなかった」としている。

出典:共同通信

スポンサーリンク

高倉和樹容疑者について

こちらが、逮捕された高倉和樹容疑者のプロフィールです。

名前:高倉 和樹(たかくら・かずき)

年齢:28歳

職業:会社員

在住:茨城県ひたちなか市

高倉和樹容疑者は、2018年10月、茨城県ひたちなか市内の自宅アパートで、当時生後8か月の次女に熱い液体のようなかけ、火傷をさせたとして、傷害の疑いで逮捕された人物です。

高倉和樹容疑者には、「我が子を虐待死させた親が、普通の殺人より短い刑期で出てくるのがどうにも納得いかない。」などの意見が寄せられておりました。

スポンサーリンク

高倉和樹容疑者の顔画像を特定か?

では、高倉和樹容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、高倉和樹容疑者の顔画像は公開されておりませんでした。

そこで、Instagramやfacebook、TwitterなどのSNSを中心に調べを進めてみたのですが、高倉和樹容疑者のものと思われるアカウントを発見する事は出来ておらず、特定するにも至っておりません。

こちらに関しては、詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

高倉和樹容疑者の犯行動機は何?日常的な虐待の可能性についても

では、高倉和樹容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、高倉和樹容疑者は警察の調べに対して容疑を否認をしているとのことです。

次女はやけどをした翌月の2018年11月に頭の骨を折るなどして病院に救急搬送されたのことですが、これが事実なのであれば、日常的な虐待があったとも言い切れるでしょう。

つまり、次女に高温の液体をかけたのも、日常的な虐待があったのだと思います。

高倉和樹容疑者の犯行動機は日常的な虐待によることでしょう。

スポンサーリンク

高倉和樹容疑者の家族構成!結婚した妻や子供についても

高倉和樹容疑者は4人家族であるそうです。

結婚した嫁、そして亡くなった次女の他に次女の姉(3歳)もいたということです。

ひたちなか市内の自宅アパートで4人暮らしであったということですが、高倉和樹容疑者の妻は虐待があった時、一体何をしていたのでしょうか?

高倉和樹容疑者が怖くて声を上げられなかったのかもしれません。

また、見て見ぬ振りをしていた可能性もありますし、全く知らなかったという可能性も否定できません。

スポンサーリンク

ネット上の反応

この事件に関して、ネット上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

親が悪いのは当然ですし断罪して欲しい

一方で、親が虐待に至った理由を知りたい

センセーショナルに虐待を報じることはマスコミにとっては大事なことでしょうけどね。

なぜそうなったか。次の虐待を防ぐために何が必要か。

数字の取れる報道ばかりでは無い。社会のための報道を期待したい

事件後会社で働いていたの?、冷酷な親父、普通には考えられない、愛情が無い人間、何か人間として足らないかも?

え?連れ子じゃなく実子に?
信じられんなあ。子どもなんて成人しても(今ちょっと入院してるだけで)、心配で心配で何も楽しめない・・・・
それが親なんだけどなあ

結愛ちゃんのときも心愛ちゃんのときも殺人にならなかった、そんなのは間違ってる。
こんな残酷なことが殺人罪にならないなら、無抵抗の子どもを親が事故に見せかけて殺すなんて容易いことになってしまうよ。
厳罰化を心からお願いします。

母親は子供を守るために悪い父親殴れ。勿論父親の死亡させるためはいけないが痛みを知ればいいのに。母親はどうか喧嘩強くなってほしい。証拠の為に動画か写真も必要なるかもね。

どうやって育てばこんな酷いことをできる人間になるのか。赤ちゃんの顔に火傷だなんて。
万が一自分の不注意でこどもに火傷を負わせたらと、想像しても生きていけないくらい胸が痛いのに。

スポンサーリンク

厳罰化だけでは解決しない?

この手の虐待事件というのは、厳罰化だけでは解決しない気がします。

もちろん、犯罪の抑止力にはなると思いますが、厳罰化されたからといって虐待を止めようと思う人も少ないと思いますし、根本の解決にはならないでしょう。

では、何が必要なのか?

それは、子育てに対する支援やサポートを強化したり、周囲へ相談できる環境を整備することです。

財源確保が難しいと言われる子育て事業でありますが、捻出すればいくらでも出せます。

問題は、周囲へ相談できる環境を整備することです。

子育てはどうしても閉鎖的な環境になってしまいますから、つい家庭内だけで解決をしてしまおうとしがちでありますが、それだけでは解決はしません。

しっかりと周囲へ相談できる環境を整備することが、虐待事件を解決へと導くことになるでしょう。

スポンサーリンク

過去に発生した虐待事件についてはこちらから

 

岩瀬隆喜容疑者の顔画像がfacebookから判明か?連れ子に虐待した動機が酷すぎる

コメント