コウモリのスープが新型コロナウイルスの感染源?武漢の市場に売られている食用コウモリとは?

海外NEWS

出典:Twitter

新型のコロナウイルスの感染拡大が懸念される中、2020年1月28日、中国・武漢への渡航歴のない日本国内在住のバスの運転手(奈良県)が、新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表され、大きな波紋が広がっております。

今回は、新型コロナウイルスの感染源として知られるヘビやコウモリの情報、中国の食文化や、コウモリのスープなどについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス、武漢渡航歴の無い国内在住の男性が感染

NHK NEWS WEB他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

厚生労働省によりますと、日本国内で新たに男性2人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、このうち奈良県に住む60代の男性は、中国・湖北省武漢の滞在歴がないことがわかりました。

奈良県の男性はバスの運転手で、今月2回にわたって武漢からのツアー客をバスに乗せていたということです。

男性は今月14日に悪寒やせきなどの症状を訴え、17日に奈良県内の医療機関を受診しましたが、検査で異常がみられずに経過観察となりました。

しかし、22日には関節痛があり、せきの症状も悪化し、25日に奈良県内の医療機関に入院していました。

そして検査の結果28日、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。武漢の滞在歴がない人で感染が確認されたのは初めてです。

また、新たに感染が確認されたもう1人は、武漢に住む40代の男性で、今月26日に愛知県内の医療機関を受診し、肺炎の診断を受けたということです。国内で確認された感染者は6人となります。

出典:NHK NEWS WEB

スポンサーリンク

新型コロナウイルスとは?

そもそも、新型コロナウイルスとは一体どのようなウイルスなのでしょうか?

厚生労働省のホームページによれば、新型のコロナウイルスとは、以下のようなものと指すそうです。

発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染を起こすものは6種類あることが分かっています。そのうち、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスも含まれています。それ以外の4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の1015%(流行期は35%)を占めます。

出典:厚生労働省

コロナウイルスのなかで、人に感染するものは6種類あり、その中でも蔓延している風邪のウイルス4種類と、動物から感染する重症肺炎ウイルス2種類が知られております。

一昔前に流行をした、サーズ(SARS)やマーズ(MERS)などもこのコロナウイルスの一種に該当しますし、人から人への感染だけではなく、コロナウイルスは家畜や野生動物などの、我々の周りに棲息するあらゆる動物に感染します。

2019年12月から2020年1月にかけて猛威振るっている新型コロナウイルスは、WHO(世界保健機関)によれば、「2019-nCoV」と命名されております。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染源は中国の武漢!野生動物を取り扱う「市場」からの感染

新型コロナウイルスが人に感染した事例が確認されたのは、2019年12月のことで、中国の中部にある武漢市という都市でした。

武漢市は湖北省の省都として知られ、長江中流域の中心都市として中国4000年の歴史を支えてきたこでも有名です。

そして、その武漢市にある海産物卸売市場に売られている食用の野生動物らによって、新型コロナウイルスが感染したというのです。

報道によると、同ウイルスに感染して最初に入院したのは、武漢市の海産物卸売市場の従業員や利用客だった。同市場では食用の動物や爬虫類(はちゅうるい)も販売しているが、水産物のコロナウイルス感染は報告されていないことから、市場で売られていたそれ以外の動物から感染したとする説が有力視されている。

出典:CNN

 

武漢市のにある海産物卸売市場は、「武漢華南海鮮卸売市場」という名称で親しまれており、武漢市の中央に位置しております。

武漢華南海鮮卸売市場には、数多くの商品が取り扱われておりますが、その中には日本人では考えられない野生動物や、食用の動物などが数多く存在しており、その動物が感染源となって新型コロナウイルスが拡大した模様です。


スポンサーリンク

武漢華南海鮮卸売市場には何が売られている?

では、武漢華南海鮮卸売市場には具体的にどのような食材が売られているのでしょうか?

こちらが、武漢華南海鮮卸売市場で売られているという食材です(※ショッキングな写真のため、閲覧注意です)

衛生状態は決して良いとは言えない環境に、肉はもちろんのこと、爬虫類やコウモリなどの食用の野生生物などもいるとのことです。

中国には、「四つ足で食べない物は机と椅子だけ、二本足で食べない物は両親だけ、空を飛ぶ物で食べないのは飛行機だけ、水中に居る物で食べないのは潜水艦だけ」という言葉があります。

つまり、中国人はなんでも食べるということになります。

それが災いをして今回、新型コロナウイルスが野生生物からヒトに感染してしまったという訳です。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスはコウモリのスープから感染か?コウモリを食べる理由とは?

世界で初めて、武漢の市場で感染が確認された新型コロナウイルス。

その元凶としてん名高いのが、「コウモリ」であるということです。

武漢コロナウイルスも、もともとはコウモリからきていると考えられていて、コウモリからヘビへ、ヘビから人間へと感染した可能性がある。

中国で感染が拡大している新型肺炎と、2003年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)には2つの共通点がある。どちらもコロナウイルスが原因で、生鮮市場でウイルスが動物から人間へと感染した。

出典:BUSINESS INSIDER

もともと、なんでも食べるという食文化のある中国人でありますが、それはコウモリも例外ではなく、中国国内ではコウモリのスープという極めて気色の悪い食事が当たり前のようにレストランで提供されているそうです。

それがこちらです。

コウモリは、パラオや中国では有名な食材であり、素揚げや焼いたコウモリがそのままの姿でスープに入っているとのことです。

食用のコウモリは、フルーツしか食さないフルーツバットと呼ばれるコウモリで、刺身で食べる人もいるほど人気の高い食材です。

出典:Twitter

味としては、普通のお肉のような字なのだそうですが、まぐろやカツオなど赤身魚の “血合い” 部分に近かい味わいだそうです。

高タンパク低カロリーであるそうですが、あまりにも見た目がグロテスクであることは言うまでもないほか、このように新型コロナウイルスの元凶にもなり兼ねないだけに、食用のコウモリを使用した料理は控えてもらいたいものです。

コウモリのスープは、コウモリに熱を通していますが、刺身で食べる人もいるということで、感染源を生食していることに恐怖を覚えます。

コウモリを食べる理由についてですが、何でも食べる中国人の食文化が影響していることでしょう。

何でも食べるということが逆に、世界をパンデミック(広範囲に及ぶ流行病)の恐怖に陥れてしまうとは、思ってみなかったでしょう。

スポンサーリンク

Twitter上の反応

このコウモリのスープや新型コロナウイルスに関して、Twitter上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

病気に関するニュースがこちら

 

過去にライム病に感染した有名人は誰?日本の芸能人や、症状・感染経路についても

コメント