コービー・ブライアントのヘリ操縦が事故原因?同乗者やパイロット、娘についても

海外NEWS

元NBAのスーパースター、コービー・ブライアントさんがヘリコプター事故により、死亡したことが明らかとなりました。

今回は、コービー・ブラアントさんの死亡事故の原因や、ヘリコプター事故の現場、同乗していた娘さんや、結婚した妻と家族などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

コービー・ブライアントが死去

時事通信社ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

【ロサンゼルス時事】米西部ロサンゼルス近郊で26日午前10時(日本時間27日午前3時)ごろ、ヘリコプターが墜落し、米プロバスケットボール協会(NBA)レーカーズの元スーパースター選手、コービー・ブライアント氏(41)が同乗していた8人と共に死亡した。地元当局が明らかにした。
米メディアによると、ブライアント氏の13歳の娘や、娘のバスケットボールのチームメートらが搭乗していた。

事故現場はロサンゼルス北西のカラバサス市で、機体は炎上した。当時は濃い霧がかかっていた。事故機はシコルスキー製の「S―76」だという。運輸安全委員会(NTSB)が事故原因の調査に乗り出した。
ブライアント氏は1996年にデビュー。ロサンゼルス・レーカーズの主力選手として活躍した。2016年に引退するまでレーカーズ一筋で、チームを5回のリーグ制覇に導いた。オールスターにも18回出場。五輪でも米国代表として二つの金メダルを獲得した。名前の「KOBE」は父親が好きだった神戸牛にちなんで名付けられたことで知られる。

トランプ米大統領は死去の報を受け「恐ろしいニュースだ」とツイッターに書き込んだ。

出典:時事通信社

スポンサーリンク

コービー・ブライアントについて

出典:ABC

本名:Kobe Bean Bryant

愛称:Black mamba

日本語表記:コービー・ブライアント

生年月日:1978年8月23日

年齢:41歳(※享年)

身長:198cm

体重:96.2kg

出身:ペンシルベニア州フィラデルフィア

ポジション:SG(シューティング ガード)

所属チーム:ロサンゼルス・レイカーズ

コービー・ブライアントさんは、NBAの名門チーム「ロサンゼルス・レイカーズ」に20年に渡り所属していた元選手で、NBAのレジェンドであり、スーパースターとしても知られる人物です。

コービー・ブライアントさんのプレーは非常に確実であり、得点力が高いことからも、狙った獲物は99.9%の確率で仕留めると言われ、世界で最も危険な猛毒蛇の一種「Black Mamba(ブラックマンバ)」の愛称で親しまれております。

所属するレイカーズ一筋20年だったコービー・ブラインアントさんですが、NBAでは、3連覇を達成するなど数多くの伝説を残しているため、レイカーズは2017年にブライアントさんの功績をたたえて、現役時代につけていた背番号「8」と「24」を永久欠番としております。

また、アメリカナショナルチームのメンバーとしても活躍しており、2008年の北京大会と2012年のロンドン大会でいずれも金メダルを獲得しております。

名前にある「KOBE」でありますが、コービー・ブラインアントさんの父親が神戸牛が好きだった頃に由来します。

コービー・ブラインアントさんの父親が「Kobe Steak House(神戸ステーキハウス)」に妻と行った際、「KOBE(神戸)」の名前の由来をステーキ店の店主に聞き、コービーさんの両親が名前を気に入って付けたのだそです。

NKEから自身のシグネチャーモデル「ZOOM KOBE」というバスケットシューズをリリースしていたり、アメリカで最も人気のあるスポーツ選手2010に選出されるなど、知名度が高かったコービー・ブライアントさんでありますが、2017年に引退を表明しております。

スポンサーリンク

コービー・ブライアントの事故原因は何?同乗者やパイロットは誰?

では、コービー・ブライアントさんの事故原因は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、ヘリコプターによる事故であるとのことです。

コービー・ブライアントさんは、長年にわたり地震でヘリコプターを操縦して旅をするなどしており、自家用ヘリも所有しております。

事故当時、コービー・ブライアントさんがヘリコプターを操縦していたかどうかですが、アメリカの現地メディアなどによれば、操縦士を含む5人全員が死亡したとのことです。

また、アメリカに在住する人物のツイートによれば、4人のお子さん全員が乗っており、操縦していたのはコービーさんなのではないかとの情報も。

Former NBA super star and 5-time NBA champion Kobe Bryant and his 4 kids are killed, after the helicopter they were traveling crashed in #Calabasas , Los Angeles.

こちらのツイートはすぐに消されてしまったようで、アメリカ当局も情報を確定させるには早いという判断だった模様です。

もしこれが本当であれば、コービーさん自身がヘリを操縦していたことになるでしょう。(※真偽は不明です。)

同乗者の情報ですが、ジョン・アルトベリという野球監督も同乗していたそうで、彼の妻のケリ、娘のアリッサさんも同乗していたとか。

事故原因に関してでありますが、事故当時は激しい濃霧だったということで、こちらが当時の様子であります。

コービーさんが操縦をしていたのであれば、操縦ミスも考えられますし、濃霧によって視界が遮られてしまし、森の木々や障害物にぶつかってしまったために、事故を引き起こしてしまったということも考えられるでしょう。


スポンサーリンク

コービー・ブライアントの事故を引きおこした機体について

事故を起こした機体は、シコルスキー・エアクラフト社が開発した双発ターボシャフトエンジンの中型ヘリコプターである「S-76」という機体です。

出典:Twitter

定員は12名であり、自家用ヘリとしてだけでなく、警察や社用機、報道関係者なども利用することがある機体です。

日本でも、警察の航空隊や海上保安庁などが「S-76」の派生機体を使用しているのとのことです。

スポンサーリンク

コービー・ブライアントの妻と娘、家族について

コービー・ブライアントさんは、2001年4月18日にヴァネッサ・コーネジョ・ウブリエタ・ライン(ヴェネッサさん)と結婚をしております。

コービー・ブライアントさんと妻・ヴェネッサさん

出典:Twitter

そして、2003年1月19日に長女のナタリアさん、2006年5月1日には次女のジアナさん、現役引退後の2016年12月21日には三女であるビアンカさん、2019年6月20日には四女のココちゃんも誕生しております。

妻・ヴェネッサさんと四女・ココちゃん

四女のココちゃんに関しては、生まれたばかりだったということですが、父親との思い出がほとんどないまま、父親とは別れることとなってしまいました。

出典:Instagram

コービー・ブライアントさんと家族の写真

出典:Twitter

コービー・ブライアントさんと亡くなったジアナさん

そして、現地メディアの公式の発表によれば、コービー・ブライアントさんと共に亡くなってしまったのは、次女のジアナさんであるとのことです。

出典:Twitter

コービー・ブライアントさんの家族は突然の訃報に驚きを隠せないことと思います。

コービー・ブライアントさんは家族への思いが強く、右腕や手首には妻や子供達の名前のタトゥーを入れているとのことです。

スポンサーリンク

Twitter上の反応

この突然の訃報に関して、Twitter上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

TwitterのTL(タイムライン)にも多くの追悼のメッセージが寄せられておりました。

コービーブライアントさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

Rest in pease to Legend of NBA player KOBE.

We never forget you and live forever in us.

スポンサーリンク

海外のすポーツ選手の事故についてはこちらから

 

ロイ・ハラデイが飛行機事故で死亡!wiki風プロフや画像ハラデイの意味や由来についても!

コメント