「欲望の塊」で自殺した五行株式会社の社員は誰?名前や顔画像、ランボルギーニ問題も

事件

出典:Twitter

 東京MXテレビのバラエティー番組「欲望の塊」において、イタリアの外国高級車「ランボルギーニ」が優勝者に渡されていなかった問題で、番組を担当していた企画会社の40代の男性が、福岡市で自殺をしていたことが明らかとなりました。

今回は、欲望の塊を企画した「五行株式会社」の詳細や、自殺をした40代の男性が誰なのか?名前や顔画像などの情報、「欲望の塊」の実態について迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

毎日新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

東京MXテレビが2019年1~3月に放送したバラエティー番組「欲望の塊」で、番組内でゲームの優勝賞品とされた高級外車が優勝者に渡されなかった問題で、番組担当者の40代男性が福岡市西区で遺体で見つかったことが、関係者への取材で判明した。現場の状況から自殺を図ったとみられる。

関係者によると、男性の遺体は今月24日、西区に止められた車内で見つかった。「ご迷惑をおかけしました」という趣旨の本人のメモらしきものが見つかったという。

「欲望の塊」は外部の番組企画会社からMX側に持ち込まれたもので、MXは21日、同番組を巡り「優勝賞品の出演者への受け渡し、タレントへの出演料及び制作会社への制作費の支払いが番組を企画した会社からなされていないことを確認した」とトラブルを公表し、放送責任を認め謝罪した。MXの調査でスーパーカー「ランボルギーニ」の所有権が番組企画会社に移転されていないことが判明したが、企画会社と連絡が取れなくなったという。

 MXのホームページによると、番組は30人の「イケメンホスト」が優勝賞品である2000万円相当の高級外車の獲得を目指して、さまざまなゲームに挑む内容だった。

出典:毎日新聞

スポンサーリンク

「欲望の塊」ランボルギーニ問題とは?

では、「欲望の塊」のランボルギーニ問題とは一体どのようなものだったのでしょうか?

「欲望の塊」とは、2019年1月9日から2019年3月27日までTOKYO MXで放送されていたバラエティ番組であり、歌舞伎町のホスト30名が、イタリアの高級外車「ランボルギーニ」(2000万円相当)の獲得を目指し、様々な勝負をしていくという番組です。

番組については、こちらからご覧下さい。

そして最終回、見事にランボルギーニを手にする事が出来たのは、「一陸斗@りっくん 」という方であります。

出典:YouTube

しかしながら、番組が終了してから音信不通となってしまったため、自身のYouTubeチャンネルやTwitterアカウントにて、詐欺問題として大々的に拡散し、社会問題に発展したのです。

噂のりっくさんは、番組出演広告宣伝費として146万円を振り込んでおり、ランボルギーニが届かないことに加え、ギャラも未払いであることを告白しているのです。

ちなみに、他の出演者にもギャラは未払いだったそうです。

東京MX側は、今回の問題に対して以下のように釈明をしております。

2019年1月~3月の深夜(毎週火曜27時10分~27時40分)に当社で放送しました番組「欲望の塊」をめぐり、優勝賞品の出演者への受け渡し、タレントへの出演料及び制作会社への制作費の支払いが番組を企画した会社からなされていないことを当社調査において確認いたしました。

本番組は、外部からの企画持ち込み及び制作により放送したもので、当社が制作著作権を保有しない番組でありますが、放送責任は当社にあると考えております。

一連の報道で指摘されている出演料(宣伝費)とされる150万円については、当社は把握しておらず、番組内における表記もありませんでした。
従いまして、当社では代理店の会社登記確認と番組内容について台本と納品された完成品(完パケ)の考査などを実施し、放送に至った経緯にあります。しかしながら、制作過程のチェックや優勝賞品の受け渡しが完了したのかを確認するべきだったと反省しております。

出典:東京MX

しかしながら、企画会社の男性社員が自殺をしたということで、さらに波紋が広がってしまったのです。

スポンサーリンク

「欲望の塊」の企画会社は「五行株式会社」

では、「欲望の塊」の企画会社は一体どこだったのでしょうか?

一連のランボルギーニ事件では、以下のように企画と制作、放送が分かれてるそうです。

出典: Twitter

そして、今回自殺をしてしまった人物ですが、企画会社の人物だったと言います。

その企画会社についてでありますが、「五行株式会社」という会社だったそうです。

東京MXテレビを糾弾する前に、まずは番組制作の過程について見てみよう。この番組を企画したのは「五行株式会社」というプロダクションで、同社は収録前に参加するホストたちから出演料として1人およそ150万円を集めていたという。いわば参加費を徴収していたわけだ。テレビ制作会社に勤務する人物に話を聞くと、以下のように証言してくれた。

出典:Business Journal

番組のエンドロールにも、「五行株式会社」の名前は出てきます。

出典:YouTube

五行株式会社は、ミュージックビデオやTV番組(地上波、CSなど)、販売用DVDの制作を行っている会社として知られており、過去には以下のような映像作品を手がけていたとのことです。

Television
『REZM:リズム』(MONDO21)
『体当たり下克上!劇団アイドル座』(MONDO21)
『StylishCommander』(MONDO21)
『LIVE ON TV 』(TX)
『LIVE ON TV 原石』(TX)
『美女-ヒロイン』(TX)
『サ バドル!』(TX)
『GiRLS LoVER』(TX)『Boutique indies』(CS MUSIC LINK)
『優香のMUSIC PREMIUM』(UHBほか全16局ネット)
『LIVE ON TV 原石』(TX)
『美女-ヒロイン』(TX)
『サ バドル!』(TX)
『GiRLS LoVER』(TX)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Music Crip
Madbervers「STARLIGHT」
花芯「術」(五行)
花芯「生者の行進」(五行)
花芯「輪廻」(五行)
花芯「黒いゲシュタルト」(五行)
花芯「紅と青の空」(五行)
花芯「情事」(五行)
武田真理子『SEVEN COLORS』(GIRLS’ RECORDS)
小坂由佳『エロプリ★TRANCE〜ゆかちん魔法をかけちゃうゾ〜』(GIRLS’ PARTY)
KASIN「蜷局」(五行)
KASIN「 定め』(五行)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
LiveMovie
MADBERVERS Live「WELCOME to MADSTAR」下北沢 CLUB251
MADBERVERS Live「TOUR CULT DIVER」渋谷チェルシーホテル
SDR-セドロ- TOUR2009 〜FREEDOM〜 ツアーファイナル、下北沢Club251
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3DCG
『ジャングルTV〜タモリの法則〜』(TBS)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Dorama
『激闘!アイドル予備校』(TVK・KBS・GTV・TVN・SBC・BS朝日・RKK・V☆パラダイス)

出典:Lancers

しかしながら、これ以外の情報が全く無かったため、会社としての実態は掴めませんでした。

代表者の名前や、会社の所在地なども分かっておりませんが、そのような会社が企画をした番組を、平然と放送する東京MX側にも問題があると言っても過言ではありません。


スポンサーリンク

「欲望の塊」で自殺をした「五行株式会社」の社員は誰?名前や顔画像は?

では、「欲望の塊」で自殺をしたという「五行株式会社」の社員は一体誰なのでしょうか?

自殺をしたのは、「欲望の塊」を担当する40代の社員であるということで、おそらくはディレクターかプロデューサーなのではないかと考えられております。

ちなみに、番組自体のプロデューサーは寺田章志さんという方のようで、寺田章志さんが五行株式会社の社長に企画を持ちかけていたのだとか。

もしこれが本当であれば、寺田章志さんというプロデューサーが元凶となるでしょう。

寺田章志さんが自殺をしたかどうかは分かりません、自殺をした当該社員の名前や顔画像についても公表されておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

「五行株式会社」で自殺をした社員の動機は?

今回の一連のランボルギーニ騒動。

一見すると、自殺をするまでもないかなとも思われますが、五行株式会社の社員はなぜ自殺をしてしまったのでしょうか?

それは、おそらく気まずくなった、もしくはギャラの未払いやランボルギーニの不譲渡などの問題で、言及されるのを嫌がったからではないでしょうか?

150万円程度の出演料を支払えば、誰でも番組出演できるということですが、これは番組に出られることをエサに、金を巻き上げるというテレビ制作の世界では頻繁にある手法だそうです。

そうして、悪徳商法のような形で巻き上げてトンズラをするのが最初からの狙いであり、それが発覚してしまったため、気まずくなって自殺をしたのではないかと考えられます。

「迷惑をかけた」というメモがあることからも、自殺をした社員に”罪の意識”があったのかもしれません。

スポンサーリンク

Twitter上の反応

この事件に関して、Twitter上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

関連するニュースがこちら

 

ビ・ハイア社長(清水有高)の大山莉加(おおやまりか)へのパワハラはデマの可能性が!年収は2倍で高級ブランド品なども購入

コメント

  1. XT225 より:

    自殺されたのはスポンサー(P-Style)の社長の坪内という方ですよね?
    記事を修正するべきです。
    自殺するほど責任を感じなくても…と思う方が亡くなられて、制作費をピンはねした人間がのうのうと生きてるには如何なものか?と思いますが…。(だからと言って「死ね」と言っているわけではない)