樋口弘晃容疑者の影響で日大ラグビー部の今後はどうなる?出身高校は熊本で、インスタも判明!

事件

出典:FNN

日本大ラグビー部員の樋口弘晃(ひぐち・ひろあき)容疑者が、路上で大麻を所持していたとして、逮捕されました。

今回は、樋口弘晃容疑者の逮捕によって日本大学ラグビー部はどのようになってしまうのか?、さらには、TwitterやインスタアカウントなどのSNS、出身高校などの情報について迫ってみたと思います。

スポンサーリンク

日大ラグビー部・樋口弘晃容疑者が逮捕される

時事通信社ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

路上で大麻を所持していたとして、警視庁原宿署が大麻取締法違反容疑で、日本大ラグビー部員の樋口弘晃容疑者(21)を逮捕していたことが20日、同署への取材で分かった。容疑を認め、「自分で使っていた」と話しているという。

日大ラグビー部は、関東大学リーグ戦1部に所属している。同署は20日午前、東京都稲城市内にある日大ラグビー部の寮を家宅捜索。入手ルートなどを調べる。
逮捕容疑は今月18日、渋谷区の路上で大麻を所持した疑い。警察官の職務質問で発覚したという。
日本大の話 誠に遺憾。事実関係を確認した上で、厳正に対処する。

出典:時事通信社

スポンサーリンク

樋口弘晃容疑者について

こちらが、逮捕された樋口弘晃容疑者のプロフィールです。

出典:日本大学

名前:樋口 弘晃(ひぐち・ひろあき)

年齢:21歳

職業:大学生

所属:日本大学文理学部3年

チーム:日本大学ラグビー部「ハリケーンズ」

ポシジョン:SH(スクラムハーフ)

背番号:21番

在住:東京都稲城市坂浜1382-1

学歴:福教大久留米中学校→熊本県立荒尾・岱志高等学校出身

樋口弘晃容疑者は、日本大学ラグビー部「ハリケーンズ」に所属する同大学文理学部の3年生であり、スクラムハーフというポジションを務めている人物です。

日本大学ラグビー部に所属をしている傍、2019年1月18日、渋谷区の路上で大麻を所持していた疑いで逮捕されております。

福岡県出身であるとのことで、親の勧めがあってラグビーを始めたそうで、現在は、2019年の日本選手権でベスト8に進出した日大のラグビー部の一員として、活動をしていた模様です。

スポンサーリンク

樋口弘晃容疑者の出身高校は熊本県立岱志高等学校

では、樋口弘晃容疑者の出身高校は一体どこだったのでしょうか?

日本大学ラグビー部の公式ホームページにおよると、熊本県立荒尾・岱志高等学校出身であるとの情報が公開されておりました。

熊本県立岱志高等学校は、もともと荒尾高等学校と南関高等学校という二つの学校が再編統合したことによって設立された学校であり、2015年4月に岱志高等学校としてスタートしております。

樋口弘晃容疑者は21歳ということで、入学した当初は6年前でありますから、おそらく荒尾高校という名称だったはずですが、樋口弘晃容疑者自身が3年生の時に、荒尾高等学校と南関高等学校の再編統合した関係で、岱志高等学校という名前に変わったのでしょう。

▼岱志高等学校の教育目標

  1. 夢(志)を描き、夢の実現への挑戦‥‥志を育み、励まし、鍛え、伸ばす
  2. 心の教育の充実‥‥自己肯定の心と命を大切にする心、郷土を愛する心の育成
  3. 確かな学力の育成‥‥基礎・基本の確実な定着。個に応じた指導の充実
  4. 生徒指導の充実‥‥基本的生活習慣の確立及び自律心の育成

もともと、荒尾高校のラグー部は、全国高等学校ラグビーフットボール大会(花園)に7回出場した経験のある、熊本県でも屈指の強豪として知られ、最近ですと2014年に出場をしておりますので、もしかすれば、樋口弘晃容疑者も花園を経験しているかもしれません。

2014年に出場した際には、新潟県代表でラグビー日本代表「笑わない男」でおなじみの稲垣啓太選手の母校・新潟工業に22-33で敗れております。

この試合のベンチメンバーに樋口弘晃容疑者は入っておりませんでしたが、スタンドで応援をしていた可能性は十分に考えられるでしょう。

樋口弘晃容疑者の大麻所持の理由は?入手経路についても

では、樋口弘晃容疑者の大麻所持の理由は一体なんだったのでしょうか?

大麻とは、大麻草を乾燥させて出来たもので、幻覚作用や記憶への影響、学習能力の低下等をもたらす危険なドラッグの一種です。

しかしながら、吸うと一時的に気持ち良くなったり、高揚感を得られることに加え、タバコのような感覚で気軽に吸えることから、若い人の間や芸能界などを中心に広がりを見せております。

樋口弘晃容疑者の所持理由として単純に、ハイになりたかった、ラグビーの練習のストレスを発散したかったなどの理由が考えられるでしょう。

乾燥大麻の入手経路は、「密売人と連絡を取り合う→接触→売買」というような流れで行われているそうですが、一般人などが密売人を知っているわけもありませんので、樋口弘晃容疑者の場合は、知人や友人からの紹介が有力であると思います。

スポンサーリンク

樋口弘晃容疑者の影響により、日大ラグビー部は無期限活動休止に追い込まれる

この大麻事件によって、日大ラグビー部は無期限の活動停止処分が下されてしまいました。

東京都渋谷区の路上で大麻を所持したとして、警視庁原宿署は20日までに、大麻取締法違反(所持)の疑いで、日大ラグビー部員の樋口弘晃容疑者(21)を逮捕した。原宿署によると、容疑を認め「自分で使っていた」と供述している。日大ラグビー部はこれを受け、無期限で活動を停止し、内部調査に乗り出す方針を固めた。

出典:スポーツ報知

日大ラグビー部は関東大学リーグ戦1部に所属している強豪校で、2019年の年末に開催された日本選手権においては、優勝した早稲田大学に対して、最後まで諦めない姿勢を見せるなど、素晴らしいラグビーを展開していたことでも知られております。

2019-2020シーズンは、旋風を巻き起こしており、昨年2位の大東文化大学にも40-33で勝利するなど、開幕3連勝をして勢いに乗っておりました。

もともと、伝統的にパスを展開してスピーディーなラグビーをするチームであり、今年はそれに加えて今田洋介コーチが加入したことにより、FWのスクラムを強化したことで、セットプレーにも安定感が増したと言います。

日大ラグビー部は、NO.8のテビタ・オト選手やWTBのナサニエル・トゥポウ選手など、強力な外国人留学生を擁しており、FW、BK含めて決定力の高い選手が多いのも特徴です。

そんな、日大ラグビー部でありましたが、今回の不祥事を受けて無期限活動中止となってしまい、公式ホームページにも以下のように謝罪文が掲載されておりました。

出典:日大ラグビー部

スポンサーリンク

樋口弘晃容疑者のインスタアカウントを特定

樋口弘晃容疑者でありますが、インスタをやっているとのことで、そのアカウントを特定することに成功しました。

樋口弘晃容疑者は、「@hirooooo.1173」というアカウントでインスタをやっていたのだそうです。

出典:Instagram

大学生活を中心に投稿されていたようですが、タバコや大麻を吸っているなどの投稿はありませんでした。

一番最近の投稿は、2019年9月の夏合宿の際の投稿であるとのことで、それ以降の投稿はないのですが、もしかすれば、ストーリーズなどを頻繁に更新していたのかもしれません。

現在、こちらのアカウントにはすでに”荒らし”とも思われるコメントが多数寄せられておりました。

スポンサーリンク

日大ラグビー部の今後はどうなる?

無期限活動休止に追い込まれてしまいましたが、日大ラグビー部の今後はどのようになってしまうのでしょうか?

日大といえば、2018年5月にアメフト部で悪質タックルが社会問題となりましたが、その際にも活動休止をしておりました。

この問題の際には、およそ1ヶ月半で練習が再開されたということです。

日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、チーム活動を休止していた日大アメフト部が29日、約1カ月半ぶりに全体練習を再開した

出典:朝日新聞デジタル

もっとも、このアメフト部問題は、パワハラや監督至上主義という部の運営や指導方針、環境などに問題があり、選手たちは何も問題がなかったため、素早く活動が再開されたのだと思います。

しかしながら、日大ラグビー部の場合、選手の不祥事、しかも大麻所持というスポーツマンとは対極にあるような事件であるだけに、無期限というのは解除されないのかもしれません。

2019-20シーズンはものすごい順調であった日大ラグビー部であるだけに、ここで一気に窮地へと追い込まれてしまいました。

何れにしても、選手含め日大の皆様には今一度、法律遵守をしっかしりしてもらい、強いラグビー部が返り咲くことを祈っております。

スポンサーリンク

過去には、日大の広報の方が「日大ブランドは地に落ちない」と発言し、炎上しております

 

日大司会者は広報部だった?危機管理学部の教授の噂や会見での態度についても!日大ブランドは地に落ちないと発言

コメント