比志島浩明容疑者の顔画像がこちら!東京駅に父親の遺骨を遺棄した動機が酷すぎる!

事件

出典:NNN

東京駅の男子トイレに自身の父親の遺骨を捨てたとして、比志島浩明(ひしじま・ひろあき)容疑者が逮捕されました。

今回は、比志島浩明容疑者の顔画像や犯行動機、さらには、遺骨遺棄という罪状についても迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

FNNニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっております。

東京駅の男子トイレに父親の遺骨を捨てた疑いで、53歳の男が警視庁に逮捕された。

遺骨遺棄の疑いで逮捕された、比志島浩明容疑者(53)は、2019年11月、東京メトロ丸ノ内線・東京駅の構内にある男子トイレの個室に、父親の遺骨を納めた骨つぼを捨てた疑いが持たれている。

父親は2019年9月に亡くなり、比志島容疑者が火葬後の遺骨を都内の区役所で受け取った直後、犯行に及んだとみられ、調べに対し、比志島容疑者は、容疑を認めているという。

出典:FNN

スポンサーリンク

比志島浩明容疑者

名前:比志島 浩明(ひしじま・ひろあき)

年齢:53歳

職業:不詳

在住:不明

比志島浩明容疑者は、2019年11月、東京メトロ丸ノ内線の東京駅の男子トイレに父親の遺骨が入った骨つぼを捨てた疑いで逮捕された人物です。

スポンサーリンク

比志島浩明容疑者の顔画像が公開される

では、比志島浩明容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、比志島浩明容疑者の顔画像は以下のように公開されておりました。

出典:ANN

53歳ということで、年相応の顔をしているのではないでしょうか?


スポンサーリンク

比志島浩明容疑者の犯行動機が酷すぎる!

では、比志島浩明容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、「遺骨を持ち帰ることを母親に反対された。埋葬費用もかかり、手続きを考えると遺骨の処理が面倒になり、どこかに捨てようと思った」と容疑を認める供述をしております。

一般的に遺骨を納骨する場合、法要として以下のような費用がかかると言われております。

ご僧侶に出席してもらい遺骨を納めるための「納骨式」という法要を行います。 納骨式のお布施の相場はおよそ3万円~5万円程度で、別途お車代として5,000円~10,000円程度、会食を辞退されたら御膳料として5,000円~10,000円程度を渡します

出典:小さなお葬式

遺骨の取り扱いについては、「墓地、埋葬等に関する法律」によって定められており、勝手に認可されていない場所に遺骨を埋葬することは法律違反となります。

宗教観や故人の考え方により、遺骨の取り扱いは多様化をしているのですが、近年では自然葬などよれば、自然界に遺灰を納骨する場合もありますし、自宅供養といって、自宅に遺骨を安置しておくパターンもあります。

比志島浩明容疑者の場合、遺骨を持ち帰ることを同居する母親に反対されていたのであれば、何かしらの手続きをしなければなりませんが、それをせずに、東京メトロ丸ノ内線の東京駅に流すというのは、あまりにも罰当たりであります。

スポンサーリンク

遺骨遺棄について

刑法第190条には、「死体損壊・遺棄罪」という項目があります。

死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、三年以下の懲役に処する

出典:死体損壊・遺棄罪

遺骨をそのまま遺棄する事は、このように法律によってダメであると定められておりますが、散骨する分には問題ありません。

散骨とは、火葬された遺骨を粉骨してからばら撒くという手法で、日本の法律上罰せられる事はありません。

厳密に言えば、粉々に砕いて散骨するのはグレーゾーンであり、合法でも違法でもない状態にあるのだそうです。

しかしながら、現状では散骨に関して取り扱う機関がなく、許可や申請などは必要ないため、事実上は合法であります。

ですが、故人への冒涜や宗教的な観点から考えて、散骨する人は数少なく、永代供養などをしている場合には、お墓に納骨するのが一般的です。

比志島浩明容疑者が逮捕されないようにし、さらに、費用がかからずに遺骨を処理する方法として、この「散骨」が挙げられるでしょう。

散骨さえしていれば、捕まらなかったのかもしれません。

スポンサーリンク

ネット上の反応

この事件に対して、ネット上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

年齢は53歳。でも歳は取ってても相談する家族もなく何にも知識がなく、その日その日の生活を続けててきたような孤独な人間だったら、肉親の死さえもどうしていいのやら解らなくてもしかしたら、たまたまそこがトイレだっていうだけで、きっと苦しみから逃げ出してしまったんじゃないかと思うんです。

復讐かな〜?端に通常あるであろう責任能力が無い人なのかな?
役所からの引取拒否すれば役所の負担になるが無縁仏にしてくれるし
都内に1度の手続きで済む墓もありますよ〜。今は個人の墓を持てない人は多くいるから、そんな人を受け入れてくれる所は調べたらあるのに

骨壺ごと置き去りか?
なにもトイレに置いておかんでもよかったじゃろうに…。
置き忘れということにしておいても?
最近は埋葬許可証がついておるはずじゃから、すぐに足がついたわけかのう?

事情があるんだよ。
うちだって経済的にお墓守るなんて無理だから、墓じまい考えてる。墓じまいは親世代がやるのか子世代がやるのか

役者から受け取ったらってことは自分で葬儀をあげられるお金がないってことでしょ?だったらお墓だって建てられない。足元を見た商売を見直さないとダメじゃないの?

スポンサーリンク

同時期に発生しているニュースがこちら

 

足立区一ツ家の暴力団事務所の場所が判明!ダンプの運転手、山本節哉容疑者の顔画像も

コメント

テキストのコピーはできません。