松浦克孝容疑者の顔画像!『ほけんの窓口課長』が、16歳JKを買春・援助交際した理由が酷すぎる

性犯罪

出典:FNN

2019年5月、「ほけんの窓口グループ」の担当課長である松浦克孝(まつうら・かつたか)容疑者が、当時16歳だった女子高生に現金を渡し、みだらな行為をしたとして、援助交際の疑いで逮捕されました。

今回は、松浦克孝容疑者の顔画像や犯行動機、勤務先の「ほけんの窓口グループ」などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

日テレニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

当時16歳の少女に現金4万円あまりを渡してみだらな行為をしたとして大手保険代理店社員の男が逮捕された。

児童買春の疑いで、逮捕されたのは大手保険代理店「ほけんの窓口グループ」の担当課長・松浦克孝容疑者。警視庁によると松浦容疑者は去年5月、荒川区のホテルで当時16歳の高校2年生の少女に現金4万2000円を渡し、みだらな行為をした疑いがもたれている。

SNS上に援助交際を呼びかける書き込みをしていた少女に、松浦容疑者が連絡をとり、知り合ったということで、調べに対し「援助交際はしたが16歳とは知らなかった」と容疑を否認しているという。

出典:NNN

スポンサーリンク

松浦克孝容疑者について

こちらが、逮捕された松浦克孝容疑者のプロフィールです。

名前:松浦 克孝(まつうら・かつたか)

年齢:54歳

職業:課長

所属:ほけんの窓口グループ

在住:東京都新宿区

松浦克孝容疑者は、2019年5月、当時16歳だった女子高生に現金4万2,000円を渡すなどし、みだらな行為をしたとして逮捕された人物です。

松浦克孝容疑者に関しては、「何のSNSを使ったのか、また表沙汰になり逮捕に至った経緯を知りたい。そういった記事の内容の方が抑止力になると思う」などの意見が寄せらておりました。

スポンサーリンク

松浦克孝容疑者の顔画像が公開される

では、松浦克孝容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、松浦克孝容疑者の顔画像が以下のように公開されておりました。

出典:NNN

松浦克孝容疑者は54歳で、大手保険代理店である「ほけんの窓口グループ」で課長をしているということですが、みだらな行為をしてしまい、逮捕されたということで、その悲壮感が顔画像に現れていることでしょう。

スポンサーリンク

松浦克孝容疑者の犯行動機は、性的欲求を満たすためか?

松浦克孝容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して松浦容疑者は「女の子が16歳とは知りませんでした」と容疑を否認する供述をしております。

実際、異性の相手が成人をしている場合、買春行為自体は違法であるにも関わらず、法律上、裁く法律ないということで、罪には問われません。

つまり、16歳でなければ罪に問われることはないのですが、今回、相手の女性は16歳であるということで、逮捕されてしまいました。

この動機についてでありますが、おそらく性的欲求を満たすためにSNSを使用して「援助交際」の募集をしたものと思われます。

スポンサーリンク

松浦克孝容疑者が勤務する「ほけんの窓口グループ」について

松浦克孝容疑者は「ほけんの窓口グループ」という会社に勤務しているそうですが、一体どのような会社なのでしょうか?

ほけんの窓口グループ株式会社は、東京都千代田区丸の内に本社を置く、来店型の保険代理店を運営する企業で、母体は伊藤忠商事が務めております。

ほけんの窓口グループでは、プロと一緒に顧客にあって保険を選定することができるとのことで、初心者の方でも安心して、相談が出来るということです。

全国47都道府県に、店舗を構えており、現在の店舗数は、直営店・パートナー店・提携銀行店含めると、715店舗にも及ぶそうです。

また、企業理念を見ると、顧客に寄り添うサービスを届けるのがモットーであるということが言われております。

▼「ほけんの窓口グループ」企業理念

私たち ほけんの窓口グループは100%お客さまを主役・主人公として、社会インフラである保険を通してお客さまに「安心と安全」そして「笑顔と幸せ」をお届けすることを使命とし、お客さまの「満足」と「ありがとう」を仕事の喜びとしております。

出典:ほけんの窓口グループ

スポンサーリンク

松浦克孝容疑者はどのような罪に問われるのか?

では、松浦克孝容疑者はどのような罪に問われるのでしょうか?

松浦容疑者が問われる罪は、未成年に対する淫行でありますので、地方自治体が定める、淫行条例で罰則されると思います。

そもそも、売春防止法では以下のように、売春に関して定められております。

<売春防止法>
(定義)
第二条 この法律で「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。
(売春の禁止)
第三条 何人も、売春をし、又はその相手方となつてはならない。

出典:売春防止法

ですが、記載はこれのみであり、売春防止法では売春行為は違法だと明記されているのにも関わらず、売春行為に対する刑罰は何も記載されていないのです。

そのため、現状の法律上では売春は違法だとされているのですが、逮捕はされないという不思議な現象が起きています。

もちろん、未成年に対しての買春は問答無用で罰せられますが、成人であれば、斡旋などをしない限り、罪に問われることはありません。

売春行為に対する刑罰は何もないのですが、松浦克孝容疑者は対象の相手が未成年であるため、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに自動の保護等に関する法律」に違反したということになり、5年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処される可能性があります。

スポンサーリンク

Twitter上の反応

この事件に関して、 Twitter上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

何れにしても、「ほけんの窓口グループ」という大手の保険代理店の課長による、買春事件であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

買春や援助交際に関する事件がこちら

 

杉田宏(生野聴覚支援学校校長)の顔画像がこちら!買春の動機と手口がヤバい

コメント