過去にライム病に感染した有名人は誰?日本の芸能人や、症状・感染経路についても

海外NEWS

出典:ハフポスト

ジャスティン・ビーバーさんが、ライム病という病気に罹患したことを告白し、大きな話題となっています。

今回は、過去にライム病を患った有名人や、日本の芸能人、ライム病の原因などについてまとめて行きます。

スポンサーリンク

ジャスティン・ビーバーがライム病を告白

日刊スポーツほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

歌手ジャスティン・ビーバー(25)が8日、ライム病と診断されたことをインスタグラムで発表した。

ライム病はダニ媒体によって感染する感染症で、治療しなければ心臓や神経に感染が広がり、頭痛や発熱、倦怠(けんたい)感、筋肉や関節痛、皮膚の腫れなどを伴うことで知られている。米疾病対策センターによると、米国では年間およそ30万人がライム病と診断されており、歌手アブリル・ラヴィーンも過去に闘病を告白している。投稿の中でビーバーは、自身の容姿についての批判や薬物使用を疑われたことをあげ、「そういう人たちは、僕が最近ライム病と診断されたことを分かっていない。それだけでなく、皮膚や脳の機能、活力や健康全般に影響する慢性疾患による深刻な症状を抱えていたことも」と語っている。

実際にどのような症状に苦しんでいるのかは明らかにしていないが、今月末からユーチューブで病状や闘病についてのドキュメンタリー動画を配信していく予定だとしている。17年夏に世界ツアーを途中でキャンセルして以来音楽活動を行っていないビーバーは、「ここ数年苦しんできたが、適切な治療を受けることでこれまで治療不可能だった病気を治療する助けになる」とコメント。今年は約4年ぶりとなる新アルバムのリリースを控えており、「復帰して、これまでより良くなる」と語り、久々の表舞台への復帰を目指している。

出典:日刊スポーツ

スポンサーリンク

ライム病とは?

では、ジャスティン・ビーバーが患ったという、ライム病は一体どのような病気なのでしょうか?

MSDマニュアルプロフェッショナルのホームページによれば、以下のようなことがあげられると言います。

ライム病は,スピロヘータの一種であるBorrelia burgdorferiを原因菌とするダニ媒介性感染症である。初期症状に遊走性紅斑があり,数週間から数カ月後には神経,心臓,または関節の異常が続発することがある。病初期では主に臨床所見から診断するが,疾患後期に発生する心臓合併症,神経系合併症,およびリウマチ性合併症の診断には血清学的検査が有用となりうる。治療はドキシサイクリンやセフトリアキソンなどの抗菌薬による。

出典:MSDマニュアルプロフェッショナル

ライム病とは簡単にいうと、「ボレリア」という病原体があり、それがマダニを介して人体に感染する感染症のことです。

1976年にコネチカット州のライムという街で発生したことから、「ライム病」という名前がついており、柑橘系のライムとは全く別であります。

主な症状として、倦怠感,疲労,悪寒,発熱,頭痛,項部硬直,筋肉痛,関節痛などのインフルエンザと似たような症状を引き起こすのだそうで、インフルエンザとは違い、慢性的に症状が現れると言います。

ライム病は世界各地に伝播しており、日本でも、ライム病の病原菌を持つマダニの生息が、北海道や東北の北部で確認されたことがあるそうですが、一般家庭のダニでは感染するケースはないと言われております。

スポンサーリンク

過去にライム病に感染した有名人について

ジャスティン・ビーバーさんの他にも、過去にライム病に感染した有名人がおります。

それがこちらです。

  • アヴリル・ラヴィーン
  • リチャード・ギア
  • ソフィー・ワード
  • アシュレイ・オルセン

こちらの人物について、詳しく解説をしていきます。

アヴリル・ラヴィーン

出典:wikipedia

アブリル・ラヴィーンさんは「Sk8er Boi」が日本でも大ヒットした、シンガーソングライターであり、現在は35歳であります。

2014年にライム病と診断されたアブリル・ラヴィーンさんは、長らく音楽活動を休止しております。

インフルエンザのような症状が5ヶ月も続き、その間ずっと寝たきりだったたそうですが、医師からは「精神的なもの」として、ライム病と診断されなかったそうです。

その間なんと、およそ2ヶ月以上もかかったと言われております。

全てが嫌になったアブリルラヴィーンさんは、死すらも覚悟したと公言しておりますが、現在ではライム病を告白しております。

ちなみに、同じライム病を患ったジャスティン・ビーバーさんと、アブリル・ラヴィーンさんは、遠い親戚にあたるのだそうです。

 

リチャード・ギア

出典:映画.com

ライム病は数々の有名人を苦しめてきておりますが、ハリウッド俳優のリチャード・ギアさんもその1人であります。

リチャード・ギアさんは、「HACHI 約束の犬」や、「キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け」などの出演作で知られる俳優さんで、アイランド系の人種でありながら、チベット仏教の信者だといい、大の親日家なのだそうです。

リチャード・ギアさんは、エイズ撲滅運動にも取り組むなど、社会活動などもしております。

そんなリチャード・ギアさんでありますが、犬に付着していたマダニに噛まれてライム病を発症しております。

現在は、その犬とは仲良く暮らしているとのことですが、やはり、どのようなところで感染するかは分からないでしょう。

スポンサーリンク

ソフィー・ワード

出典:Twitter

ソフィー・ワードさんは、あまり聞き慣れない人物かもしれませんが、イギリスの競泳選手であります。

ソフィー・ワードさんは、将来を有望視されておりました。

ライム病の特徴的な症状が出ていたにも関わらず、なかなかライム病とは診断されず、結果的に競技を断念してしまったそうです。

ソフィー・ワードさんは、パンダについていたマダニに噛まれてライム病を発症してしまいました。

スポンサーリンク

アシュレイ・オルセン

出典:Twitter

アシュレイ・オルセンさんといえば、あまり聞き慣れない方もいらっしゃると思いますが、日本でも人気の海外ドラマ「フルハウス」の双子姉妹、ミシェル・タナー役を演じていたことでも知られております。

アシュレイさんをよく知る人物によれば、以下のようなことがあったと言います。

病気が進行してから診断されたため、早期発見による治療を受けることができなかったんです。乗り切るしかありません。仕事に顔を出してもやつれきっていますよ。不機嫌なことも多く、かなり大変な思いをしているようです

出典:シネマトゥデイ

ライム病を患うというのは非常に大変なことなのでしょう。

スポンサーリンク

過去にライム病に感染した日本の芸能人は?

日本の芸能人で、ライム病に感染している人はいるのでしょうか?

国立感染症研究所の発表によれば、日本の感染の事例は、1999年から2018年までの20年間で231例であるとのことです。

年間11人と、非常に少ないことが分かりますが、この中に日本の芸能界で活躍する人はおらず、感染した人はいないそうです。

今後、ライム病に感染してしまうことがあるかもしれませんが、ジャスティン・ビーバーさんによって非常に認知度が高くなりましたので、インフルエンザのような症状が長く続いたと場合は、医師に相談し、ライム病の可能性も探ることも今後必要となってくるでしょう。

スポンサーリンク

ライム病についての要点まとめ

ジャスティン・ビーバーが告白した、ライム病についての要点をまとめると以下のようになります。

●海外では以下のような人物が感染

  • アヴリル・ラヴィーン
  • リチャード・ギア
  • ソフィー・ワード
  • アシュレイ・オルセン

●日本での感染事例はない

●インフルエンザのような症状が長く続く

●医師の診断では、あまり「ライム病」と診断されにくい

日本でも、犬やパンダなどに触る機会がある人は、注意した方がよさそうです。

コメント