斉藤学容疑者の顔画像がSNSから判明か?「サニーライフ板橋」で暴行をした動機が酷い

事件

出典:NHK NEWS WEB

東京都板橋区にある老人ホームで、70歳の入所者に暴行を加えたとして、斉藤学(さいとう・まなぶぶ)容疑者が逮捕されました。

今回は、斉藤学容疑者の顔画像や、犯行動機、さらには勤務先の「サニーライフ板橋」などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

毎日新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

高齢者介護施設の入居者に暴行を加えてけがをさせたとして、警視庁志村署は8日、施設の元職員で東京都板橋区、無職、斉藤学容疑者(27)を傷害容疑で逮捕したと発表した。

逮捕容疑は2019年10月7日午後7時半ごろ、板橋区西台3の介護付き有料老人ホーム「サニーライフ板橋」で、入居者の70代女性に対し、複数回にわたって椅子に押し倒すなどの暴行を加えて腰の骨を折るなど全治3カ月のけがをさせたとしている。「力ずくで押し倒したことは間違いない」と容疑を認めている。

 同署によると、直後から女性が腰の痛みを訴え、家族が病院に連れて行って骨折が発覚。家族が同月27日に110番した。施設の防犯カメラには、斉藤容疑者が談話コーナーで椅子から立ち上がろうとする女性を押し倒す様子が映っていた。

 同施設の運営会社によると、斉藤容疑者は16年9月から19年10月31日まで同社で勤務し、施設では入居者の生活援助などを担当していた。同社の担当者は「捜査活動に全面的に協力する。再発防止を徹底する」とコメントした。

出典:毎日新聞

スポンサーリンク

斉藤学容疑者について

こちらが、逮捕された斉藤学容疑者のプロフィールです。

名前:斉藤 学(さいとう・まなぶ)

年齢:27歳

職業:無職

在住:東京都板橋区成増

斉藤学容疑は、昨年10月7日19時半頃、勤務先の老人ホームにおいて、70歳の入所者に対して、椅子を押し倒しすなどの暴行を加えたとして逮捕された人物です。

スポンサーリンク

斉藤学容疑者の顔画像がSNSから判明か?

では、斉藤学容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、斉藤学容疑者の顔画像などは公開されておりませんでした。

そこで、Instagramやfacebook、TwitterなどのSNSを中心に、斉藤学容疑者の顔画像に関して、調べを進めてみたのですが、斉藤学容疑者のものと思われるアカウントは発見することができず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては、詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

追記:斉藤学容疑者の顔画像が公開されました。

出典:ANN

スポンサーリンク

斉藤学容疑者の犯行動機はイライラしていたから?

では、斉藤学容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

斉藤学容疑者は警察の調べに対して、「力ずくで押し倒したことに間違いないが、足はかけていない」と、容疑を一部否認しているとのことです。

ヘルパーとして、事件が発生した老人ホームに勤務していたという斉藤学容疑者でありますが、介護資格を持っていなかったのだそうで、生活援助業務を担当していたそうです。

室内の防犯カメラから、斉藤学容疑者の犯行がバレてしまったということですから、まず、間違いなく斎藤容疑者の仕業と見て間違いないと思われます。

おそらく、自分の思い通りにならなかったという点で、イライラしていたから犯行に及んだのだと思われますし、それ以外の理由で暴行をやったのだとすれば、ただのサイコパスということになるでしょう。

スポンサーリンク

斉藤学容疑者の勤務先の老人ホームは「サニーライフ板橋」

報道機関によって、斉藤学容疑者の勤務先が、「サニーライフ板橋」であることが判明しました。

「サニーライフ板橋」は、京都板橋区西台3-31-12にある、介護付有料老人ホームであり、平成29年12月に設立した、極めて新しい施設としても知られております。

運営は「株式会社川島コーポレーション」という会社が行なっており、60歳以上の人から入居することが可能です。

介護職員の体制として、入居者数に3名に対して1人をつけているとのことで、サニーライフ板橋は、定員145名でありますから、介護職員はおよそ48人名前後いることでしょう。

スポンサーリンク

なぜ別の職員は、斉藤学容疑者の暴行に気がつかなかったのか?

この暴行事件でありますが、斉藤学容疑者が暴行をした際には、別の職員と入所者ら数人がいたそうですが、暴行に気がつかなかったということです。

被害者は、腰の骨を折るなどの重傷であるとのことですが、それほどまでの怪我を負っているにも関わらず、なぜ他の職員は気がつかなかったのでしょう。

おそらく考えられるとすれば、斉藤学容疑者が高圧的な態度にビビってしまい、言い出せなかったということです。

暴行の事実を承知の上で、周りの人間は怖くなってそのことを言い出せなかったのかもしれません。

それか、本当に秘密裏に行われていたかの、どちらかだと思われますが、椅子を押し倒すという行為で気がつかないことは考えられませんから、やはり、斉藤学容疑者に恐怖心を抱いていたのでしょう。

スポンサーリンク

過去に発生した、介護職員による暴行事件がこちら

 

細池志郎の顔画像を特定か?クティール六角橋で暴行した動機が酷すぎる

コメント