伊藤耕司容疑者の顔画像を特定か?経営する塾も判明で、10代女子に首輪をつけた理由が酷い

性犯罪

出典:FNN

奈良市で学習塾を経営する、伊藤耕司(いとう・こうじ)容疑者が、教え子の10代の女性に対して、首輪をつけて監禁したとして逮捕されました。

今回は、伊藤耕司容疑者の顔画像や、経営する塾、犯行動機などについて迫ってみたいと思います。

続報:伊藤耕司容疑者の自宅が判明しました↓

伊藤耕司容疑者の自宅が判明!塾の共同経営者の弟も首輪の共犯?出身大学や経歴についても

スポンサーリンク

事件概要

FNN PRIMEほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

奈良市で学習塾を経営する62歳の男が、少女に犬用の首輪をつけて監禁した疑いで逮捕された。

逮捕監禁の疑いで逮捕されたのは、奈良市の伊藤耕司容疑者(62)。

警察によると、伊藤容疑者は2019年11月、自身が経営する学習塾で、「これつけよか」などと言って、個別指導中の10代の少女の首や両足首に犬用の首輪2つをつけ、監禁した疑いが持たれている。

伊藤容疑者は、この状態で3時間以上、少女を監禁していたとみられ、警察によると、伊藤容疑者は、2つの首輪をリードで結んでいたという。

監禁から3日後に、少女が母親と警察を訪れ、事件が発覚した。

調べに対し、伊藤容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めていて、警察は、動機などをくわしく調べることにしている。

出典:FNN PRIME

続報:伊藤耕司容疑者の自宅が判明しました↓

伊藤耕司容疑者の自宅が判明!塾の共同経営者の弟も首輪の共犯?出身大学や経歴についても

スポンサーリンク

伊藤耕司容疑者について

こちらが、逮捕された伊藤耕司容疑者のプロフィールです。

名前:伊藤 耕司(いとう・こうじ)

年齢:62歳

職業:学習塾経営者

在住:奈良県奈良市藤ノ木台

伊藤耕司容疑者、2019年11月17日の午後1時~4時20分ごろ、自身が経営する塾の教室で、10代の女子生徒に対し、首や両足首に犬用の首輪をつけ、監禁したとして逮捕された人物です。

伊藤容疑者に対しては「日本全国にこういう事件が存在しますね。塾も習い事も少人数制は危険と言うことですね」などの意見が寄せられておりました。

続報:伊藤耕司容疑者の自宅が判明しました↓

伊藤耕司容疑者の自宅が判明!塾の共同経営者の弟も首輪の共犯?出身大学や経歴についても

スポンサーリンク

伊藤耕司容疑者の顔画像を特定か?

では、伊藤耕司容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、伊藤耕司容疑者の顔画像などは現在のところ、公開されておりませんでした。

そこで、経営するという塾のホームページやネットの上の掲示板、SNSなどを中心に調べを進めてみたのですが、伊藤耕司容疑者の顔画像に関する情報は公開されておらず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

追記:伊藤耕司容疑者の顔画像が公開されました

出典:FNN

10年前に独立して、学習塾の経営に乗り出したということですが、保護者などの情報によれば、非常に傲慢な性格であったということです。

続報:伊藤耕司容疑者の自宅が判明しました↓

伊藤耕司容疑者の自宅が判明!塾の共同経営者の弟も首輪の共犯?出身大学や経歴についても

スポンサーリンク

伊藤耕司容疑者が経営する塾が判明

では、伊藤耕司容疑者が経営するという塾は一体どこだったのでしょうか?

産経ニュースなどが報じた情報によれば、「平成進学会藤ノ木台教室」だったということです。

学習塾の教え子である女子生徒に首輪をつけて監禁したとして、奈良県警奈良西署は7日、逮捕監禁の疑いで、奈良市藤ノ木台、学習塾「平成進学会藤ノ木台教室」経営、伊藤耕司容疑者(62)を逮捕した。「すべて私がしたこと」と容疑を認めている。

出典:産経ニュース

そして、「平成進学会藤ノ木台教室」の地図とストリートビューがこちらです。

「平成進学会藤ノ木台教室」は、奈良県奈良市藤ノ木台3丁目3−26にある学習塾で、「地域教育の拠点を目指す」ことをモットーにか掲げ、小学生や中学生の個別指導を行なっているということです。

完全に個人経営の塾であるとのことですから、今の所、ホームページなどは発見されておらず、どういった形態で授業を行っていたか、料金体制などについては明らかとなっておりません。

こちらに関しては、詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

続報:伊藤耕司容疑者の自宅が判明しました↓

伊藤耕司容疑者の自宅が判明!塾の共同経営者の弟も首輪の共犯?出身大学や経歴についても

スポンサーリンク

伊藤耕司容疑者の犯行動機は10代女子生徒に好意があったから?

では、伊藤耕司容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、伊藤耕司容疑者は警察の調べに対して「全て私がしたことに間違いありません」と容疑を認める供述をしているとのことです。

犬用の首輪などをつけ、監禁していたとのことですが、この動機は10代女子生徒を自分のものにしたいという、支配欲求があったのではないかと考えられます。

監禁する場所が、自宅ではなく経営する塾だったという点から考えても、マンツーマン補習の際に女子生徒に対して性的な興奮を覚えてしまい、その欲求を満たすために、首輪をつけたのではないでしょうか?

最初から好意を抱いていた可能性もありますし、その時突発的に湧き上がった感情で、理性を失ってしまった可能性も考えられます。

続報:伊藤耕司容疑者の自宅が判明しました↓

伊藤耕司容疑者の自宅が判明!塾の共同経営者の弟も首輪の共犯?出身大学や経歴についても

スポンサーリンク

Twitter上の反応

この事件を受けて、Twitter上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

続報:伊藤耕司容疑者の自宅が判明しました↓

伊藤耕司容疑者の自宅が判明!塾の共同経営者の弟も首輪の共犯?出身大学や経歴についても

スポンサーリンク

塾という閉鎖的な空間だから起こり得る、性犯罪の危険性

今回の事件では、伊藤耕司容疑者は、被害にあった女子生徒に対して、首輪をつけたり外したりを繰り返しながら、3時間にわたって監禁をしております。

経営する塾でありますから、やりたい放題できるのは当たり前ですし、個別指導という閉鎖的な空間だからこそ、発生してしまったのではないでしょうか?

もしかしたら、別に被害者がおり、その人たちは泣き寝入りなどをしているかもしれません。

そうなれば、余罪があることになります。

現に、NNNの取材などによれば、伊藤耕司容疑者の自宅からは首輪も見つかっているとのことですので、日常的にやっていたのかもしれません。

出典:Twitter

塾の先生と生徒という、絶対的な服従関係にある関係性だからこそ、わいせつな行為などの性犯罪は横行しますし、被害者の人は、怖いという思いから、誰かに言いたくても言い出せないのかもしれません。

何れにしても、教え子に首輪をつけて監禁する事件であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

続報:伊藤耕司容疑者の自宅が判明しました↓

伊藤耕司容疑者の自宅が判明!塾の共同経営者の弟も首輪の共犯?出身大学や経歴についても

スポンサーリンク

過去に発生した塾での性犯罪についてはこちらから

 

有馬一郎容疑者の顔画像が渋谷英語塾の公式HPより判明!著書は350万部も売り上げていた

コメント