東村山市秋津町で強盗の犯人の名前や顔画像は?パチンコ景品交換所に恨みがあった可能性が

事件

出典:NNN

23日午前1時15分ごろ、東京都東村山市秋津町の民家に男2人が押し入り、住民の男性とその妻(を縛り、保管していた現金約460万円を奪い逃走するという事件が発生しました。

今回は、秋津町の強盗の犯人やその動機、現場などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

23日午前1時40分ごろ、東京都東村山市秋津町の男性から「近くに住んでいる母親が、『テープでぐるぐる巻きにされ、自力でほどいてきた』と話している」と110番通報があった。警視庁東村山署によると、男性の父親(84)と母親(83)が2人で住む同市秋津町の民家に2人組の男が押し入り、現金約460万円を強奪。父親らを粘着テープなどで縛って逃げたとみられる。父親らは腕などに軽傷を負い、同署が強盗致傷事件として捜査している。

同署によると、父親はパチンコ景品交換所の運営会社を経営。23日午前1時15分ごろ、父親らが民家1階の寝室で就寝の準備をしていたところ、男2人が寝室のベランダ窓のガラスを破って解錠し室内に侵入。カッターナイフのようなものを突きつけ、「金を出せ」などと脅してきたという。

現金は寝室のベッドの下と居間に保管しており、母親が男らに告げた。男らは現金を奪った後、父親らの手足を粘着テープやビニールひものようなもので縛って逃げた。1人は20代くらいで身長約170センチ、茶髪に白いマスクを着用。もう1人も白いマスクをつけていたという。

現場は、西武所沢駅から南に約1・5キロの閑静な住宅街。

出典:産経ニュース

スポンサーリンク

東村山市秋津町で強盗が発生した現場はどこ?

では、東村山市で強盗が発生したという現場は一体どこだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、東京都東村山市秋津町であるとのことで、西武所沢駅から南におよそ1.5kmの閑静な住宅街なのだそうです。

現在のところ、東村山市秋津町の現場については明らかとなっておりませんが、報道機関の映像を見る限りでは、普通の住宅であるといった印象を受けました。

こちらに関しては、詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

東村山市秋津町で強盗の犯人は誰?名前や顔画像も判明?

では、東村山市秋津町で発生した強盗の犯人は一体誰だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、男2人が寝室の窓ガラスを割り、解錠して押し入り、夫婦にカッターナイフのような刃物を突きつけ、「金を出せ」と脅迫したということで、男2人ははいずれも白のマスクを着用しており、うち1人は20代くらいで身長1m70cm程度で茶髪であったということです。

強盗犯に関しては、名前や顔画像などは公開されておりませんが、付近の防犯カメラの映像などから判明し、逮捕されることがあると思いますので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

東村山市秋津町で強盗犯の動機はパチンコに恨みがある人物?

この東村山市秋津町で強盗の被害にあったという夫婦ですが、夫の方がパチンコ景品交換所の運営会社を経営しているということです。

パチンコとは出玉を換金することによって、お金を得るという遊びなのですが、出玉が直接お金になるわけではなく、出玉は金貨が埋め込まれた特殊景品と呼ばれるものに変換されます。

出典:株式会社LIG

これを換金する場所がパチンコ景品交換所と呼ばれる場所でありますが、建前ではパチンコ店と換金所は無関係であるということです。

三店方式の項でも説明しましたが、建前としてパチンコ屋と換金所は無関係です。

なので、換金所の場所を店員さんに聞いても、まず教えてくれないでしょう。

少し前まではほのめかす程度はしてくれたものの、最近は指導が厳しくなっているようで、ヒントすらもらえないケースが多くなっています。

つまり、自分で探すしかないのです。

出典:ゼロから始める! パチンコ・パチスロ初心者講座

しかしながら、この犯人らは何らか形で夫婦がパチンコ景品交換所を経営しているという情報を得ており、そのために押し入ったのではないでしょうか?

パチンコで上手くいかず、そのことによって理不尽に景品交換所に恨みを抱き、お金を強奪しようと企てた可能性もあります。

また、パチンコとは全く関係なく、ただ単にこの家がお金を持っているということを何らかの形で事前に知り得たのかもしれません。

スポンサーリンク

Twitterやネット上の反応

この事件に関して、Twitterやネット上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

特殊詐欺とかじゃ回りくどいし人件費が掛かるから
此れからはこういった犯罪が確実に増えると思う!
TVでポツンと一軒家とか遣ってるけどヤバくね?
犯人にとったら格好な餌だと思うんだけど!

何か不思議というか、色々と違和感。
人見知りの犯行っぽい。

80歳の人が縛ったものを外してって、そんなにきつく締めてなかった??
カッターナイフらしいし、殺すつもりもなさそう。

物事聞いて近隣の息子が家に来たと、そんなに分かるものでしょうか。

現金もあるのを知っているかのように。

ため込んでいたのか、おろしたのか判らないけど
このご時世、そんな大金を自宅に置いておくことが間違い。
言いふらさなくても、知られていないようで
周囲の人は知ってるもんだと思う。
とはいえ、東村山市なら住宅街だろうから
あちこちにカメラはありそうだけど。
命が奪われていないようで、そこは良かった。

逮捕されたら、20年臭い飯を食うくらいにしないと犯罪は減らない!

スポンサーリンク

 

最初からお金があることを知っていた人物による犯行の可能性

今回の事件では、最初からお金がこの家にあることを知っていた人物による犯行の可能性が、非常に高いと思われます。

東村山市秋津町には数多くの民家があるのに対し、なぜかこの犯人の男性2人は、特定の家に狙いを定めているからです。

もちろん、たまたま入った家にお金があったというパターンも考えられますが、そこまでリスキーなことをわざわざするとは思えませんので、犯人はお金がるということを最初から何らかの形で知っていたのでしょう。

何れにしても、東村山市秋津町で発生した強盗事件でありますので、一層の波紋が広がりそうな一件です。

追記:アポ電により資産状況を確認されていたことが明らかとなりました

JNNなどのニュースによれば、アポ電によって資産状況を確認されていたとのことです。

東京・東村山市の80代の夫婦の自宅に2人組の男が押し入り、およそ460万円が奪われた事件で、1週間ほど前、夫婦の自宅に資産状況などをたずねる「アポ電」があったことが新たにわかりました。

出典:JNN

スポンサーリンク

日本で同時期に発生しているニュースがこちら

 

井口健一容疑者の顔画像を特定か?小倉北区の現場判明で、工藤会とも関係が?

コメント