高橋脩の拳銃の入手ルートは盛岡一高の同級生・吉田潤一か?玉澤徳一郎の自宅住所も判明

事件

出典:JNN

農林水産大臣などを務めた玉沢徳一郎元衆議院議員が盛岡市内で足を撃たれた事件で、警察は拳銃を持って自首してきた同級生の高橋脩(たかはし ひさし)容疑者が逮捕されました。

今回は、高橋脩容疑者の顔画像や犯行動機、自宅住所や盛岡一高という噂、「玉澤徳一郎に告ぐ」というホームページの存在などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

日刊スポーツ他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

元衆院議員で、農相や防衛庁長官を歴任した玉沢徳一郎氏(81)が10日、岩手県盛岡市の自宅前で、男に拳銃で撃たれたことが分かった。親族によると、足を撃たれたが、命に別条はないという。

県警は銃刀法違反(加重所持)の疑いで、回転式拳銃1丁と実弾を持ち岩手県警盛岡東署に出頭した岩手県奥州市の農業、高橋脩容疑者(82)を現行犯逮捕した。関係者によると、2人の間には金銭をめぐるトラブルがあったといい、同容疑者は「選挙の恨みで撃った。金銭トラブルがあった」と供述しているという。

容疑者と同姓同名で、高校時代の同級生という男は16年6月、自身のツイッターに「『玉沢 徳一郎』に告ぐ」という告発サイトを開設したと記し、金の貸し借りをめぐる経緯を記している。72年に、1000万円を選挙資金として貸し付けたが返済されていないと主張。玉沢氏を提訴したが、時効のため請求は棄却された経緯が記されている。

玉沢氏は岩手県出身。早大雄弁会出身で、76年衆院選で初当選。村山内閣で防衛庁長官、小渕内閣で農相を務め、9回当選した。自身が支部長を務めた自民党支部の領収書をコピーして偽造したとして、元秘書が07年に政治資金規正法違反などで有罪判決を受けたこともある。

出典:日刊スポーツ

スポンサーリンク

高橋脩容疑者について

こちらが、逮捕された高橋脩容疑者のプロフィールです。

名前:高橋脩(たかはし・ひさし)

年齢:82歳

職業:農業

在住:岩手県奥州市

高橋脩容疑者は、10日午前11時すぎ、盛岡市中ノ橋通で、元農林水産相の玉沢徳一郎さんが実弾入りの拳銃で打たれた事件で、警察に自首をしてきた人物です。

高橋脩容疑者に関しては「銃撃されて怪我までしているのに、警察に通報しない所を見ると、玉沢にも腹の痛い所があるのだろう。あまり同情できない背景がありそうなことは推察できる。」や、「いくら同級生でも、拳銃で撃たれたら、通報しますよね、普通。通報しなかったところをみると、人様に知られたくない後ろめたい何が玉沢元大臣あったのではないかと思います。」、「政治家は嘘を付くから、撃たれた方にも問題ありじゃねーの?」などの意見が寄せられておりました。

スポンサーリンク

高橋脩容疑者の顔画像とTwitterがこちら

では、高橋脩容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、高橋脩容疑者の顔画像は以下のように公開されておりました。

出典:時事通信社

こちらは、時事通信社などが公開している顔画像でありますが、この顔画像に関してはTwitterからの引用であるということです。

そこでTwitterなどを調べてみた結果、以下のアカウントでTwitterを運用していることが明らかとなりました。

出典:Twitter

高橋脩容疑者は、@osam12123というアカウントでTwitterを運用しておりますが、このアカウントの顔画像を時事通信社が引用したということになるでしょう。

ちなみに、このアカウントで呟かれているのは以下のツイートのみです。

スポンサーリンク

高橋脩容疑者の犯行動機は借金の返済などの金銭トラブル

では、高橋脩容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、高橋脩容疑者は警察の調べに対して「数発撃った。昔からの友人。金銭トラブルがあった」と容疑を認める供述をしているということです。

高橋脩容疑者は後述しますが、被害者の玉澤徳一郎さんと盛岡一高という高校で同級生であったといううことで、さらに高橋脩容疑者のホームページなどを見れば玉澤徳一郎さんは高橋容疑者から1000万円を借りたまま、返していないということのようです。

高橋容疑者は以前、玉澤徳一郎さんの事務所や後援会で選挙活動を手伝っていましたが、選挙資金をめぐってトラブルとなっていたのです。

つまり、この借金トラブルが原因で殺害をしようと決意したのではないかと推測されます。

スポンサーリンク

高橋脩容疑者の「玉澤徳一郎に告ぐ」のホームページが怖すぎる

高橋脩容疑者は自身のホームページ「玉澤徳一郎に告ぐ」で、借金トラブルがあったことをほのめかしておりました。

こちらが、そのホームページであります。

玉澤徳一郎に告ぐ

このホームページを要約すると以下のようになります。

  • 昭和47年に高橋容疑者が玉澤徳一郎さんに1000万円を貸した(借用書なし)
  • 平成26年に賃金請求の時効が成立したため、返済の義務はない
  • 昭和44年の選挙の際にも600万円ほどの資金を貸す
  • 平成13年に返済の催促をすると「誰の金かわからない」と言われた
  • その後一切返済をされず、判決で時効が認められる

もし、1000万円という当時の金額からすればものすごい大金でありますが、その貸し借りをやっていたのだとすれば、玉澤徳一郎さんにも非が有るように思えます。

そうはいっても実弾入りの拳銃で襲うということはやってはいけないことです。

このホームページはものすごい長い文章が書かれてありますので、気合いを入れて読む必要がありますが、もしも興味ある方は覗いてみてください。

すごい恐怖を感じるかもしれません。

スポンサーリンク

高橋脩容疑者と玉澤徳一郎は盛岡一高の柔道部

高橋脩容疑者と玉澤徳一郎さんは高校の同級生であるということですが、一体どこの高校だったのでしょうか?

玉澤徳一郎さんは、岩手県下閉伊郡田老町(現在の宮古市)出身で、岩手県立盛岡第一高等学校を卒業後、早稲田大学第二政治経済学部政治学科に入学しており、衆議院や防衛省長官、農林水産大臣などを歴任した人物であります。

つまり、高校の同級生ということで玉澤徳一郎さんと高橋脩容疑者は盛岡一高校の同級生であるということになるでしょう。

岩手県民なら誰しもが知っていると思われますが、盛岡第一高校は、盛岡市にある県立の共学の進学校で、県下ナンバー1に位置するトップレベルの高校であります。

石川啄木や金田一京助などを輩出した由緒正しい学校であり、創立136年を数える伝統校です。

そして、高橋脩容疑者は自身のホームページ「玉澤徳一郎に告ぐ」では盛岡一高校で柔道部だったということを綴っておりますから、2人は柔道部であったのでしょう。

高橋脩容疑者と玉澤徳一郎さん、そして別のご友人の3人は高校時代、ドラム缶のイカダで北上川の急流を盛岡から石巻まで6日間かけて下ったという旧知の仲なのだそうです。

ちなみに、盛岡から石巻までは157kmもあり、到底川下りをするような距離ではないことは確かです。

スポンサーリンク

高橋脩容疑者の自宅住所は奥州市!襲撃された現場も判明!

では、高橋脩容疑者の自宅住所は奥州市であるとのことですが、玉澤徳一郎さんが襲撃された一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、岩手県盛岡市中ノ橋通1丁目であるということで、こちらがその外観です。

出典:朝日新聞デジタル

こちらを調査してみた結果、以下のような場所であることが判明しました。

玉澤徳一郎さんが襲撃された自宅住所は

閑静な住宅街というよりは、オフィスや飲食店などが立ち並ぶ場所であり、古くから家を立てていないとここに一軒家を構えることは難しいとされている場所です。

スポンサーリンク

高橋脩容疑者の拳銃の入手ルートは吉田潤一か?

高橋脩容疑者に関してですが、入手ルートは「古くからの友人」ということをコメントしているようです。

そして、高橋脩容疑者と玉澤徳一郎さんの古くからの友人で、イカダの川下りをした人物に吉田潤一さんという方がいらっしゃいます。

この3人は盛岡一高の高校時代に「死ぬも生きるも一緒」と誓い合った仲なのだそうで、もしこの契りが続いているのだとすれば、吉田潤一さんから拳銃を入手したのではないかと考えられます。

そうなれば吉田さんは反社会勢力と繋がりある人物ということになります。

一般の堅気の人物が拳銃を入手することはまず不可能でありますので、そうした反社会勢力との繋がりがないと難しいと思われます。

スポンサーリンク

ネット上の反応

この事件に関して、Twitter上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

玉沢氏は国士的な言動で名も高かったが、選挙はいつもギリギリの戦いだった。
小沢氏との争いで比較的早く引退に追い込まれたという印象だ。

玉沢氏の、自宅がニュースで映ってたけど、元官僚とは思えないほどの、、ボロボロでしたよ。
それに、ビックリした。普通に、官僚上がったら、あそこまでのボロ自宅に、住まなくてもいいはずなので、、何か常に金欠なワケがあるんでしょう。

いくら同級生でも、拳銃で撃たれたら、通報しますよね、普通。
通報しなかったところをみると、人様に知られたくない後ろめたい何が玉沢元大臣あったのではないかと思います

金の貸し借り云々よりも何故銃を持っているのかが問題だと思うけど。
あと借用書等があれば裁判すればいいだけじゃないのかと思うのだが。
あとは自民党支部や本部を通して対応してもらうとか。

まぁ、黒い金の貸し借り(闇金など)なら本人以外には言えないだろうけど。

加害者のやった事は良くない事と、重々承知だが、やられた玉沢氏の不義理から来るものと分かったら、正直、どっちもどっちって感じがする。
しかし、記事に出てる金額で1000万!これは、殺意の1つも沸くわな。

旧式の拳銃って…田舎ではある事なのか?
撃たれた側も曰く付きの人ではあるが。普通〜に怖いです。

本当に信じて貸して 返ってこなくて
加害者言うてるように人生狂ってしまったのかもなぁ

足を怪我というところを見ると 殺そうとは思ってないもんなぁ

コメント