渡辺雄二の父親が他人事なのは壮絶な生い立ちが原因か!出身大学と妻のマンションも判明

殺人

出典:FNN

交際相手の連れ子を虐待し、死亡させとして渡辺雄二(わたなべ ゆうじ)容疑者が逮捕されました。

今回は、渡辺雄二容疑者の父親や妻と同居していたマンション、さらには出身大学などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

毎日新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

同居する交際相手の長男に暴行を加え死なせたとして、警視庁捜査1課は3日、東京都昭島市、会社員、渡辺雄二容疑者(34)を傷害致死容疑で逮捕した。逮捕容疑は9月28日ごろ、当時住んでいた江東区豊洲1のマンションで、同居していた女性の長男(当時3歳)に暴行を加え、翌29日に死亡させたとしている。渡辺容疑者は「何もしていない」と容疑を否認している。

同課によると、渡辺容疑者は28日午後1時25分、「入浴中の男児がうつぶせで意識を失った」と119番。死亡した長男は心肺停止の状態で病院に搬送され、29日に死亡した。渡辺容疑者は当初、消防や警察に「風呂に入れている最中に目を離し、1人にしてしまった」などと説明していた。だが、同庁が解剖したところ、死因は腹部を打った内臓損傷による失血死と判明し、同課が捜査していた。

 渡辺容疑者は今春ごろから自身の長男と女性、長男の4人で暮らし始めた。事件当時、女性は海外出張中で不在だった。児童相談所への相談や通報はなかったといい、同課は日常的な暴行の有無について慎重に調べている。

出典:毎日新聞

渡辺雄二容疑者のプロフィール

渡辺雄二容疑者のプロフィールについては、こちらの記事で詳しく報じておりますので、ご覧下さい。

渡辺雄二容疑者は江東区豊洲の当時の自宅マンションで、同居していた女性である平石桃子さんの長男・山田隆太郎くんに暴行を加え死なせた疑いで逮捕された人物です。

IHIという大手重工業メーカーの本社に勤務していた秀才であり、エリートであったにも関わらず、なぜか交際相手である平石桃子さんの息子さんを殺めてしまったのです。

IHIという大手重工業メーカーに関しても、こちらの記事で詳細を報じておりますので、よろしければご覧下さい。

スポンサーリンク

渡辺雄二の出身大学は早慶か?超高学歴の可能性が

IHIという企業ですが、基本的に高学歴でなければ採用されない企業として知られており、優秀な人材が集まる優良企業として有名です。

出身大学の傾向としては、早稲田大学、慶応義塾大学、東京大学、大阪大学、東北大学、京都大学、九州大学、東京工業大学、名古屋大学、北海道大学などがあげられいずれも難関と言われる私立大学や国立大学であるとされております。。

つまり、IHIに入れるのはこれくらいの大学出身でなければならないのです。

私立大学であれば早慶の理工学部など出身の可能性がありますし、国公立であれば旧帝大の理工学部などであることは間違いありません。

渡辺雄二容疑者の出身大学については現在明らかとなっておりませんが、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

渡辺雄二のマンションはキャナルスクウェア豊洲

JNN系列の報道によれば、以下のように虐待をしたマンションの外観が公開されておりました。

出典:JNN

この外観から、虐待現場のマンションは東京都江東区豊洲1丁目2−8にある「キャナルスクウェア豊洲」ということが判明しました。

キャナルスクウェア豊洲は1SLDKで20万前後の家賃であり、人気の豊洲エリアに位置するタワマンとして知られております。

ちなみに、キャナルスクウェア豊洲から勤務先のIHIまでの距離は非常に近く、以下のようになっております。

渡辺容疑者の自宅は、東京都昭島市郷地町であるとのことですが、連れ子と平石桃子さんとの同棲のためにこのマンションを借りたのでしょうか?

IHIに勤務する人物の平均年収はおよそ700〜800万円であると言われておりますから、このキャナルスクウェアを借りることも容易いと思います。

スポンサーリンク

渡辺雄二の父親の対応がヤバい?

そんな、渡辺雄二容疑者でありますが、父親がインタビューに応じておりました。

渡辺容疑者の父親は、「(一番最後に会ったのは?)ことしの2月。小学校1年生ぐらいから会っていなかった」、「(子どものころの印象は?)活発は活発だったよね」、「(亡くなられた子どもとお母さんに対しては?)すまないとは思う」、「(親としてどういう気持ち?)本当にね、なんてやつだって思う」などと語った。

出典:FNN

なんと、小学校1年生から会っていないのだそうです。

自身も親でありますから、そのことに関して「なんてやつだって思う」と発言をしておりますが、どこか他人行儀でありますし、20年以上も会ってないことからくるのかもしれませんが、対応としては酷いのかなと思います。

また、ネット上にはこういった意見も。


スポンサーリンク

渡辺雄二の生い立ちが壮絶だった?

小学校1年生から会ってないということですが、これを加味すると渡辺雄二容疑者は幼い頃に親が離婚をしており、そこで両親は別居をし、母親に育てられたのかもしれません。

つまり、実の両親からの愛情を受けずに育ったということです。

そうしたことから、父親からの愛情を知らなかった訳ですので、亡くなった平石桃子さんの息子さんである・山田隆太郎くんへの接し方もぎこちないものになっていたのかもしれません。

虐待や暴力をする人はその人の生い立ちに起因する場合がありますので、渡辺容疑者もそうだったのかもしれません。

スポンサーリンク

渡辺雄二の交際相手・平石桃子さんの悲痛の叫び

渡辺雄二の交際相手であり、亡くなった山田隆太郎くんの母親であるのは平石桃子さんという方なのだそうです。

そして、その平石桃子さんでありますが、報道機関に対して手紙を書いており、そこで以下のように悲痛の叫びを綴っております。

「家の中でも、外を歩いても、全てが息子との思い出とつながり、ただただ、失ったもののあまりの大きさと深い悲しみに打ちひしがれ、胸が張り裂ける思いです」

「私が出張に行かなければ、保育園に預け続けていれば、息子と2人で暮らしていれば」

「ああしていれば、こうしていれば。何かひとつでも変えていれば、今も息子は私の腕の中に居てくれたのではないか、と後悔ばかりの日々です」

「もっともっと、一緒にいたかった。こんな母親のもとに生まれたばかりに、あんなにも可愛くて元気で人懐っこい息子の命がなくなってしまったこと。本当に本当に息子に申し訳なく思います」

出典:FNN

この文章を読むと身につまされるというか、胸が苦しくなってしまいます。

母親としては渡辺容疑者を信頼して預けたにも関わらず、それを裏切られてさらに愛する息子が亡くなってしまったということで、やはり、ショックを受け自責の念が生まれることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

幼い子供に虐待をし死亡させた犯人に共通する”ゆう”の字

今回、虐待して死亡させたとして逮捕されたのは渡辺二容疑者です。

そして、日本では連れ子に虐待して死亡させたり、自分の子供を育児放棄して死亡させるなどの悲惨な事件が多発しておりますが、その犯人の名前には共通して”ゆう”という字が入っているのです。

▼船戸

東京・目黒区で、5歳の女の子が死亡し、父親がケガをさせたとして逮捕・起訴された事件で、警視庁は衰弱した女の子を放置し死亡させたなどとして両親を逮捕した。

保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは、無職の船戸優里容疑者と夫の雄大容疑者

出典:NNN

▼栗原一郎

この事件は今月24日、千葉県野田市で自称会社員の栗原勇一郎容疑者(41)が長女で小学4年生の心愛さん(10)の髪をひっぱり、冷水のシャワーをかけるなどの暴行を加えけがをさせたとして、傷害の疑いで逮捕されたものです。

出典:TBS

▼進藤

18日、さいたま市の集合住宅で小学4年生の進藤遼佑くんが殺害されているのが見つかった事件で、警察は、死体遺棄の疑いで遼佑くんの父親で32歳の進藤悠介容疑者の逮捕状を取った。

出典:NNN

  • 船戸
  • 栗原一郎
  • 進藤
  • 渡辺

この犯人たちは全員子供を虐待して死亡させた人物であり、全てに共通して”ゆう”という文字が入っております。

たまたまなのでしょうが、”ゆう”という文字が入っていると虐待をしてしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

Twitter上の反応

この虐待事件について、Twitter上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

 

コメント