渡辺雄二の交際相手の母親・平石桃子の顔画像!豊洲のタワマン判明で、虐待の動機が酷すぎる

殺人

出典:FNN

東京都江東区のマンションで9月、内縁関係の女性の長男に暴行を加えて死亡させたとして、IHIの社員である渡辺雄二容疑者が逮捕されました。

今回は、渡辺雄二容疑者の顔画像や交際相手の内縁の妻、平石桃子さんの顔画像、長男である隆太郎君への虐待の動機、勤務先の会社であるIHIについても迫ってみたいと思います。

続報:出身大学や渡辺雄二容疑者の父親についてはこちらから↓

渡辺雄二の父親が他人事なのは壮絶な生い立ちが原因か!出身大学と妻のマンションも判明

スポンサーリンク

事件概要

日経新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

東京都江東区豊洲のマンションで男児(3)を暴行死させたとして会社員の渡辺雄二容疑者(34)が傷害致死の疑いで逮捕された事件で、司法解剖の結果、男児の肺には水が入っていなかったことが4日、捜査関係者への取材でわかった。渡辺容疑者は通報時「風呂に浮いていた」と説明したが、警視庁は溺死を装った疑いがあるとみて調べている。

男児は当時マンションで同居していた女性の長男で、山田隆太郎君。9月28日に心肺停止の状態で病院に搬送され、翌29日に死亡した。

警視庁捜査1課によると、渡辺容疑者は当時、自ら119番し「(隆太郎君が)目を離した隙に風呂の中でうつぶせの状態で浮いていた」と説明。心臓マッサージを試みたとも話している。救急隊がかけつけた際、隆太郎君は裸だったという。

一方、司法解剖の結果、隆太郎君の死因は溺死ではなく内臓損傷による失血死で、腹に強い打撃を受けた疑いがあることが判明した。同課は渡辺容疑者が暴行したとみて捜査。通報時の説明は虚偽の内容だったとみて調べている。

事件当時、女性は海外出張中で、部屋には渡辺容疑者とその実子、隆太郎君の3人がいた。

出典:日経新聞

続報:出身大学や渡辺雄二容疑者の父親についてはこちらから↓

渡辺雄二の父親が他人事なのは壮絶な生い立ちが原因か!出身大学と妻のマンションも判明

渡辺雄二容疑者について

こちらが、逮捕された渡辺雄二容疑者のプロフィールです。

名前:渡辺雄二(わたなべ ゆうじ)

年齢:34歳

職業:会社員

所属:IHI

在住:東京都昭島市郷地町

渡辺雄二容疑者は、9月28日ごろ、江東区豊洲の当時の自宅マンションで、同居していた女性の長男に暴行を加え死なせた疑いで逮捕された人物です。

渡辺雄二容疑者に対しては、「世の中には血が繋がっていない子にも愛情を掛けて、苦労も我慢も出来る男性はいるとは思うが、私の周りにはいないし、ニュースを見る限りでは少ないように思える。」や、「上手く行ってる再婚家族だってあるのに。こう言う事件が取り上げられると、ちゃんと再婚しようと思っているカップルに悪い印象が起きてしまう。」、「めいっぱい核家族化した社会で団塊ジュニア、ゆとり世代が親になってゆく。悲しいがもっと増えていくと思う。」などの意見が寄せられておりました。

続報:出身大学や渡辺雄二容疑者の父親についてはこちらから↓

渡辺雄二の父親が他人事なのは壮絶な生い立ちが原因か!出身大学と妻のマンションも判明

スポンサーリンク

渡辺雄二容疑者の顔画像がこちら

では、渡辺雄二容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のように渡辺雄二容疑者の顔画像が公開されておりました。

出典:JNN

こちらが、渡辺雄二容疑者の顔であります。

無骨な表情でじっと前を見つめている様子が伺えると思いますが、なんと交際相手の連れ子を虐待して死亡させてしまったのです。

続報:出身大学や渡辺雄二容疑者の父親についてはこちらから↓

渡辺雄二の父親が他人事なのは壮絶な生い立ちが原因か!出身大学と妻のマンションも判明

スポンサーリンク

渡辺雄二容疑者の交際相手・平石桃子さんについて

では、渡辺雄二容疑者の交際相手は一体誰だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、平石桃子さんという女性であるとのことです。

大手重工業メーカーの社員・渡辺雄二容疑者(34)は、2019年9月、江東区豊洲のマンションの一室で、同居していた平石桃子さんの長男・隆太郎君(3)に暴行し、死亡させた疑いが持たれている。

出典:FNN

平石桃子さんでありますが、海外出張中だったということで、キャリアウーマンだったのではないかと言われております。

そして、平石桃子さんのプロフィールがこちらです。

名前:平石桃子(ひらいし ももこ)

年齢:不明

在住:東京都江東区豊洲

職業:海外出張のある職業

息子:山田隆太郎(死亡)

平石桃子さんは渡辺雄二容疑者の交際相手として知られる人物で、亡くなった山田隆太郎くんの母親であるとされております。

おそらくシングルマザーだったと思われ、前に結婚していた男性の苗字が山田だったために、息子は山田隆太郎でありますが、自身は旧姓である平石に戻ったのではないかと考えられます。

渡辺雄二容疑者の交際相手・平石桃子さんの顔画像は?

平石桃子さんの顔画像でありますが、現在のところは公開されておりませんでした。

そこで、Instagramやfacebook、TwitterなどのSNSを中心に調べを進めてみたところ、旧姓で平石桃子さんのものと思われるアカウントを発見することが出来ました。

しかしながら、こちらは信憑性が低いこととプライバシーなどの観点から公開は控えさせて頂きたいと思います。

続報:出身大学や渡辺雄二容疑者の父親についてはこちらから↓

渡辺雄二の父親が他人事なのは壮絶な生い立ちが原因か!出身大学と妻のマンションも判明

スポンサーリンク

渡辺雄二容疑者の犯行動機は義父と連れ子の関係性に起因か

渡辺雄二容疑者の犯行動機は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、渡辺雄二容疑者は「何もしていません」と容疑を否認する供述をしているそうです。

そして、亡くなった山田隆太郎君に対して渡辺容疑者が自ら通報をしており、「目を離した隙に風呂の中でうつぶせの状態で浮いていた」という趣旨の説明をしていたそうです。

亡くなった山田隆太郎君でありますが、遺体には目立った外傷はないものの、死因は外部から強い力が加わったことに基づく内臓損傷による失血死であったとのことですので、何者かによって圧力をかけられたことは間違いありません。

それがいわゆる渡辺雄二容疑者だったのでしょう。

渡辺雄二容疑者と山田隆太郎君でありますが、いわゆる義父と連れ子であるとのことで、これが殺害に大きく起因した可能性があります。

あらゆる犯罪統計で幼児への虐待は義父と連れ子のあいだで起こりやすく、両親ともに実親だった場合に比べ、虐待数で10倍程度、幼い子どもが殺される危険性は数百倍とされています。逆に、実の子どもが虐待死する事件はきわめて稀です。長大な進化の過程で、あらゆる生き物は自分の遺伝子を後世に残すよう「設計」されているからです。――不愉快かもしれませんが、これが「現代の進化論」の標準的な理論です。

出典:yahoo

実の子供が虐待死する確率は低いということで、今回のケースにも当てはまっていることでしょう。

また、2019年9月には埼玉県の集合住宅で母親の連れ子を殺害するという事件も発生しておりますが、この事件で容疑者は母親の連れ子から「本当の父親じゃないのに」と文句を言われ頭にきて殺したという供述をしておりました。

つまり、交際相手の連れ子を殺害するという義父の関係によくあるということです。

続報:出身大学や渡辺雄二容疑者の父親についてはこちらから↓

渡辺雄二の父親が他人事なのは壮絶な生い立ちが原因か!出身大学と妻のマンションも判明

スポンサーリンク

母親の愛情を奪うライバル関係だった可能性が

義父と息子は母親の愛情を巡ってライバル関係になりやすいということが判明しております。

母親が息子を連れて再婚した場合、義父と息子は母親の愛情をめぐってライバル関係になりやすい。母親が献身的に息子の世話をしたり、楽しそうに息子と話したりしているのを見て、義父が嫉妬し、不機嫌になるという話を聞くことも少なくない。

出典:Business Journal

これは母親の連れ子の年齢が大きくなればなるほど増すのだそうです。

シングルマザーの連れ子の場合、その子供はお母さんっ子になるケースが多く、母親の愛情を独り占めしたいと勘違いしてしまった結果、虐待などが繰り返えされていたのかもしれません。

続報:出身大学や渡辺雄二容疑者の父親についてはこちらから↓

渡辺雄二の父親が他人事なのは壮絶な生い立ちが原因か!出身大学と妻のマンションも判明

スポンサーリンク

渡辺雄二容疑者の家族構成について

渡辺雄二容疑者の家族構成はどのようになっているのでしょうか?

2019年の春頃から平石桃子さんとその連れ子で、亡くなった山田隆太郎と同居を始めたのだそうで、未就学の自分の長男を含め4人暮らしだったと言います。

これを整理するとこのようになります。

  • 渡辺雄二容疑者
  • 平石桃子さん(渡辺雄二容疑者と2019年春から同棲)
  • 山田隆太郎くん(死亡/平石さんの連れ子)
  • 渡辺雄二容疑者の長男(未就学)

平石桃子さんと住み始めたのが春頃でありますから、およそ8ヶ月程度でその連れ子である山田隆太郎くんを殺害してしまったことになります。

続報:出身大学や渡辺雄二容疑者の父親についてはこちらから↓

渡辺雄二の父親が他人事なのは壮絶な生い立ちが原因か!出身大学と妻のマンションも判明

スポンサーリンク

渡辺雄二容疑者の勤務先のIHIと現場となった豊洲のタワマンについて

株式会社IHIは、東京都江東区豊洲に本社を置く、重工業を主体とする日本の製造会社であります。

▼IHIの会社概要

IHIは総合重工業メーカーとして、資源・エネルギー、社会インフラ、産業機械、航空・宇宙の4つの事業分野を中心に新たな価値を提供しています。
1853年創設の日本初の近代的造船所「石川島造船所」を起源とするIHIは、造船で培った技術をもとに陸上機械、橋梁、プラント、航空エンジンなどに事業を拡大し、日本の近代化に大きな役割を果たしました。現在のIHIは、石川島造船所の流れをくむ石川島重工業が1960年に播磨造船所と合併して「石川島播磨重工業(Ishikawajima-harima Heavy Industries)」となった後、2007年にグローバルブランドの強化を促進するため,社名を「IHI」に変更して誕生しました。
IHIは「技術をもって社会の発展に貢献する」という経営理念のもと、今後もものづくり技術を中核とするエンジニアリング力で世界的なエネルギー需要の増加、都市化と産業化、移動・輸送の効率化などの社会課題の解決に貢献していきます。

出典:IHI

IHIは重工業界では大手であり、ここに入社できるのはエリートであることに変わりありません。

さらに、IHIは豊洲に本社がありますが、豊洲のマンションで虐待が行われたということで、渡辺容疑者は本社勤務だったのかもしれません。

渡辺雄二容疑者が借りていたタワマンはキャナルスクウェア豊洲

JNN系列の報道によれば、以下のように虐待をしたマンションの外観が公開されておりました。

出典:JNN

この外観から、虐待現場のマンションは東京都江東区豊洲1丁目2−8にある「キャナルスクウェア豊洲」ということが判明しました。

キャナルスクウェア豊洲は1SLDKで20万前後の家賃であり、人気の豊洲エリアに位置するタワマンとして知られております。

ちなみに、キャナルスクウェア豊洲から勤務先のIHIまでの距離は非常に近く、以下のようになっております。

渡辺容疑者の自宅は、東京都昭島市郷地町であるとのことですが、連れ子と平石桃子さんとの同棲のためにこのマンションを借りたのでしょうか?

IHIに勤務する人物の平均年収はおよそ700〜800万円であると言われておりますから、このキャナルスクウェを借りることも容易いと思います。

続報:出身大学や渡辺雄二容疑者の父親についてはこちらから↓

渡辺雄二の父親が他人事なのは壮絶な生い立ちが原因か!出身大学と妻のマンションも判明

スポンサーリンク

Twitter上の反応

この事件に対して、Tiwtter上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

続報:出身大学や渡辺雄二容疑者の父親についてはこちらから↓

渡辺雄二の父親が他人事なのは壮絶な生い立ちが原因か!出身大学と妻のマンションも判明

スポンサーリンク

渡辺雄二容疑者の事件に類似するニュースがこちら

 

東向貴志容疑者の顔画像とインスタ!動機は日常的な虐待で、交際相手の母親についても

 

進藤悠介と母親の馴れ初めはSNS!息子とは母親の愛情を奪い合うライバル関係だった?

コメント