武次翔太の顔画像を特定か?妻・吾委子と養女・明日香の複雑な家庭環境、動機についても

殺人

出典:NHK NEWS WEB

2014年に福島市内で同居していた男性を殺害したとして、福島県警は4日、殺人容疑で山形市青田の建設作業員武次翔太(たけつぐ しょうた)容疑者と、妻の吾委子(あいこ)容疑者、養子の明日香容疑者が逮捕されました。

今回は、武次翔太容疑者と吾委子容疑者、明日香容疑者の顔画像や犯行動機、現場などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

ANN他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

4人は一緒に福島に移り住み、除染作業で生計を立てていたとみられています。

武次翔太容疑者(32)は2014年、福島市の住宅で当時同居していた渡辺大輔さん(当時28)を暴行して殺害した疑いが持たれています。また、武次容疑者の妻の吾委子容疑者(35)と養子の明日香容疑者(32)は重篤な状態だった渡辺さんを放置して死亡させたとして逮捕されました。取り調べに対し、武次容疑者は殺意については否認しています。知人関係にあった4人は一緒に福島に移り住み、除染作業で生計を立てていたとみられています。

出典:ANN

スポンサーリンク

武次翔太について

こちらが、逮捕された武次翔太容疑者のプロフィールです。

名前:武次翔太(たけつぐ しょうた)

年齢:32歳

職業:建設作業員

在住:山形市青田

武次翔太容疑者は、2014年1月上旬ごろ、福島市松川町水原の借家で、千葉県市原市の職業不詳渡辺大輔さんに暴行して殺害した疑いで逮捕された人物です。

武次翔太容疑者は「殺意を否認しようが殺人には違いない。きちんと判決を出してほしい。」や、「こんな異常な状態で複数人が5年も過ごせるって精神状況的に相互依存や共通の秘密的な密約がないと難しいと思うけど」、「毎日のように人の命を奪う事件があるよな。加害者、被害者にならないよう生きていきたいものだ。」などの意見が寄せられておりました。

スポンサーリンク

武次翔太の顔画像を特定か?

では、武次翔太容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、武次翔太容疑者の顔画像などは公開されておりませんでした。

そこで、Instagramやfacebook、TwitterなどのSNSを中心に、武次翔太容疑者のアカウントを調査してみたのですが、武次翔太容疑者ものと思われるアカウントは発見することはできず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

武次翔太の犯行動機は男女関係のトラブルか?

では、武次翔太容疑者の犯行動機は一体なんだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、武次翔太容疑者は「自分の暴力によって被害者が死んだことは認める」と容疑を認める一方で、殺意については否定をしております。

亡くなった渡邉さんはじめ、武次翔太容疑者やの妻の吾委子容疑者、養子の明日香容疑者は福島市の住宅で当時同居していたおり、福島県の原発の除染作業などをして生計を立てていたのだそうです。

除染作業員は職種にもよると思いますが、手取りで40万円前後はお給料としてもらえるのだそうで、出稼ぎに行く人も多いと言われております。

そして、男女比は2対2だったのですが、亡くなった渡邉さんのみ部外者であり、残りの3人は夫婦と養女という関係であります。

こうしたことを踏まえると、渡邉さんは男女関係のトラブルに巻き込まれたのかもしれません。

スポンサーリンク

武次翔太の複雑な家庭環境と人物の相関関係

まず、武次翔太容疑者と一緒に逮捕された2人の容疑者について整理していきたいと思います。

  • 武次翔太
  • 武次吾委子(武次翔太の妻)
  • 武次明日香(武次夫婦の養女)
  • 渡邊大輔さん(武次翔太により殺害された人物)

武次吾委子について

こちらが、逮捕された武次 吾委子容疑者のプロフィールです。

名前:武次 吾委子(たけつぐ あいこ)

年齢:35歳

職業:介護施設職員

在住:福島市曽根田町

武次吾委子容疑者は、重篤な状態にあった渡邉さんを重篤な状態と知りながら、放置して死なせたとして逮捕された人物です。

武次明日香について

こちらが、逮捕された武次明日香容疑者のプロフィールです。

名前:武次 明日香(たけつぐ あすか)

年齢:32歳

職業:風俗店従業員

在住:山形県山形市

武次明日香容疑者は、渡邊さんが重篤な状態に陥っているのを認識しながら放置した保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された人物です。

32歳で続柄が武次翔太容疑者の養女ということで、非常にこの関係性が引っかかると思います。

ややこしい関係なのですが、養子縁組に年齢の制限などはありませんので、法律的な観点から見れば何も問題ではありません。

しかしながら、32歳と35歳の夫婦の養女が32歳ということで、この年齢差が気持ち悪いと感じざるを得ません。

スポンサーリンク

亡くなった渡邊大輔さんについて

渡邊大輔さんは、相関関係から見れば分かると思いますが、この逮捕された3人の中からみても、完全に赤の他人であります。

本籍が千葉県市原市であるということですので、除染作業をするため福島県の現場の自宅に行ったのでしょう。

こちらが、当時4人で住んでいたという現場であります。

出典:FNN

この現場の自宅一緒に暮らしていたということですが、どのような形で同居をしたのかは明らかとなっておりません。

この4人の関係性をしっかりと透明化することによって事件が見えてくるのかもしれません。

スポンサーリンク

ネット上の反応

この事件に関して、ネット上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

過失ならまだしも、故意に暴力を行使した結果での死亡の場合は、
殺意の有る無しで量刑をかえるの止めてほしい。もっと被害者の人権に配慮すべき。

国道13号線が殺人事件に使用されたとは、山形県民と福島県民にとっては衝撃的なニュースですわ。

 

 

本当におかしな世の中だ!
あちらこちらで毎日殺人事件ばかり聞かない日は無い殺人犯した人は問答無用で死刑でも良いと思う、うんざりすぎる位謝罪してるとか聞き飽きた。

いつも思うけど、殺意を否認したから何?って思う。
結果は同じ

同居していた男性を殺害して5年も一緒に部屋にいたのか?

結果が全て。
死んちゃったんだから、殺したんだよ。
殺さなかったら死ななかったからね

暴行だけで亡くなるとは限らんやろ
どんな手口でやったんかは気になるわ

 

スポンサーリンク

この事件の考察

除染作業員によるトラブルの末の事件であるとのことですが、除染作業員の方のニュースは良いニュースを聞きません。

しかしながら、誰かがやらなければならないという除染作業をやってくれているということで、我々は感謝しなければなりません。

そうはいっても、このように誰かが誰かを殺めるという事件が発生してしまうのは心苦しく、今後このようなことが二度と発生しないような世の中になってほしいと思います。

白骨化されるまで遺体が発見されなかったということで、故人のことを思うと無念でならいでしょう。

何れにしても、亡くなった渡邊大輔さんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

同時期に発生している殺人のニュースがこちら

 

渡辺雄二の交際相手の母親・平石桃子の顔画像!豊洲のタワマン判明で、虐待の動機が酷すぎる

 

コメント